栃木県の人気おすすめ日帰り温泉ランキングTOP10!カップルでも混浴は楽しめる

4cea7b9ce136273e54ede09f5028d005 m 728x485 - 栃木県の人気おすすめ日帰り温泉ランキングTOP10!カップルでも混浴は楽しめる

栃木県の代表的な温泉地には、栃木県日光市の「鬼怒川温泉」や栃木県那須塩原市の「那須湯本温泉」などがあります。鬼怒川温泉周辺は観光地としても有名ですね。

栃木県は、都心から日帰りで気軽に行ける距離にあるので、週末旅行やドライブデートの目的地としてもおすすめです。ここでは、そんな栃木県で人気の日帰り温泉を厳選してご紹介していきます。

栃木県の魅力

関東地方の北に位置する栃木県には、新幹線を利用して東京からたった50分ほどでアクセスできます。そのため週末楽しめる観光地として多くの人に親しまれてきました。

日光市には「日光東照宮」や「東武ワールドスクエア」があるほか、那須市には牧場や「那須オルゴール美術館」、「那須ハイランドパーク」、「那須サファリパーク」などがあり、みどころが盛りだくさん。那須の牧場で味わえる搾りたてのソフトクリームは絶品です。

栃木県のおすすめ観光スポットはこちら

栃木県の日帰り温泉の特徴

関東でも有数の温泉街が複数ある栃木県では、さまざまな泉質の温泉が楽しめます。

たとえば、「塩原温泉郷」には、主に「塩化物泉」と呼ばれる体の芯から温めてくれる作用のある源泉があります。また塩化物泉にふくまれる塩分は、肌の表面に薄い膜をつくり発汗を抑えるる作用があるため、保湿効果も期待できます

栃木で最も多いのが、「鬼怒川温泉」などでつかることのできる「単純温泉」です。この単純温泉は、皮膚や体への刺激が少ないため肌に優しい温泉とされ、大人から子供まで幅広い年齢層が気軽に利用できることで知られています。

このほか、栃木には「硫黄泉」もあります。

単純温泉について

泉質名 単純温泉(掲示用泉質)
浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
飲用適応症 なし

単純温泉についてもっと詳しく

塩化物泉について

泉質名 塩化物泉(掲示用泉質)
浴用適応症 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
飲用適応症 萎縮性胃炎、便秘

塩化物泉についてもっと詳しく

硫黄泉について

泉質名 硫黄泉(掲示用泉質)
浴用適応症 アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬・慢性湿疹・表皮化膿症(硫化水素型 については末梢循環障害を加える)
飲用適応症 糖尿病・高コレステロール血症

硫黄泉についてもっと詳しく

栃木県の日帰り温泉ランキングTOP10

川治温泉 栃木県

ここからは、栃木県でおすすめの日帰り温泉をランキング形式で発表していきます。

栃木県の日帰り温泉ランキング第1位「大丸温泉旅館」

「大丸温泉旅館」は、栃木県那須郡にある温泉施設です。標高1000m以上という高い場所にあるため、浴槽から望む眺望はまさに絶景!

那須御用邸から引湯している「単純温泉」は、肌を保湿しうるおいをあたえてくれる「メタケイ酸」という成分をたくさん含んでいて「美肌の湯」といわれています。

また、こちらの温泉は「飲泉(温泉を飲むこと)」が可能。館内には飲泉所が設けてあります。飲むことで、胃腸の病気への効果効能が期待できるそうです。

内湯、露天風呂がバリエーション豊富に備えられているほか、2つの混浴浴槽と貸切風呂があります。混浴風呂に、いやらしい雰囲気は一切なく、カップルや家族連れが多いので女性でも入りやすい雰囲気です。ご家族やカップルで一緒に温泉に入りながら、絶景を眺め、楽しく露天風呂を満喫できます。

大丸温泉旅館の施設情報

施設名 大丸温泉旅館
住所 栃木県那須郡那須町湯本269
電話番号 0287-76-3050
URL http://www.omaru.co.jp/

単純温泉について

泉質名 単純温泉(掲示用泉質)
浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
飲用適応症 なし

単純温泉についてもっと詳しく

栃木県・那須温泉について

栃木県の日帰り温泉ランキング第2位「東や」

塩原温泉郷の温泉旅館「東や」は、「塩原バレーライン」という観光スポットにあります。

こちらの宿は、カップルで楽しめる混浴の露天風呂があるということで有名。それ以外にも、野趣あふれる雰囲気の良い露天風呂があります。加水や循環などをしていない、源泉かけ流しのお湯が楽しめます。

「東や」の温泉は、透明でとろりとした手触りのお湯。肌がすべすべになる、「美人の湯」として知られています。

自然たっぷりな環境で森林浴をしながら温かい露天風呂に入れば、日頃の疲れやストレスが吹き飛び、心も体も癒されることでしょう。露天風呂には、時々タヌキも現れるそうです。運が良ければ見えるかもしれません。

東やの施設情報

施設名 東や
住所 栃木県那須塩原市塩原1548-1
電話番号 0287-32-3636
URL http://www.azuma-ya.net/

炭酸水素塩泉について

泉質名 炭酸水素塩泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
浴用適応症 きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症
飲用適応症 胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、糖尿病、痛風

炭酸水素塩泉についてもっと詳しく

栃木県の日帰り温泉ランキング第3位「大出館(おおいでかん)」

栃木県那須塩原市にある「大出館」は、一見するとまるでブラックコーヒーのような、真っ黒のお湯が楽しめることで知られています。こういった黒い温泉は、全国的にとても珍しいそうです。

「墨の湯」とも呼ばれるこのお湯には、鉄分が多く含まれており、貧血気味の女性には特におすすめだといわれています。飲泉ができる源泉かけ流しの温泉なので、貧血気味の方はぜひ飲んでみてください。

墨の湯は混浴の露天風呂。デートの思い出に、黒く染まったタオルをお土産として持ち帰るカップルもいるそうです。ちなみに男性に気を付けてほしいのが、この混浴は、14:00〜15:00と19:00〜20:30の1日2回、女性専用に切り替わること。入る前に時間を確認しておきましょう。

さらに、この「大出館」には天候によってお湯の色が変わる「五色の湯」もあります。このお湯は、晴れるとエメラルドグリーンや乳白色となり、雨だと灰色になるのだとか。効能だけでなく目で楽しめる温泉がふたつもある温泉宿なんですね。

家族だけで楽しめる無料の家族風呂もあります。家族風呂の前にかけられている札が「入浴中」となっていなければ、いつでも利用できますよ。

大出館の施設情報

施設名 大出館
住所 栃木県那須塩原市湯本塩原102
電話番号 0287-32-2438
URL https://www.ooidekan.com/spa.html

硫黄泉について(墨の湯・五色の湯ともに硫黄泉)

泉質名 硫黄泉(含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉)
浴用適応症 アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬・慢性湿疹・表皮化膿症(硫化水素型 については末梢循環障害を加える)
飲用適応症 糖尿病・高コレステロール血症

硫黄泉についてもっと詳しく

栃木県の日帰り温泉ランキング第4位「八丁の湯」

栃木県日光市にある「奥鬼怒温泉郷 八丁の湯」は、車では行けない秘湯です。「女夫淵無料駐車場」から、徒歩でしかアクセスできません。

この秘湯では、地中から自然湧出する単純温泉を、源泉100%かけ流しで楽しむことができます。無色透明の湯は柔らかく、肌への刺激も少ないので、肌の弱いお子さんなども安心して入れます。

浴槽の周りは豊かな自然に囲まれており、温泉に入りながら夏の新緑や秋の紅葉など、周囲の大自然を堪能することもできます。

また混浴である「滝見の湯」は正面に滝を望む露天風呂で、大変迫力があります。滝が落ちる光景を見ていると、まるで疲れた心と体から何か悪いものがそぎ落とされていくような感覚になります。

このほかにも女性専用の露天風呂や趣のある内湯などもあります。日帰りの利用料が500円とリーズブルなのも嬉しいポイント。日帰りで思う存分温泉を満喫しましょう。ちなみに宿泊すると美味しい料理も堪能できます。

八丁の湯の施設情報

施設名 鬼怒川温泉 八丁の湯
住所 栃木県日光市川俣876
電話番号 0288-96-0306
URL https://www.8tyo-no-yu.co.jp/

単純温泉について

泉質名 単純温泉(掲示用泉質)
浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
飲用適応症 なし

単純温泉についてもっと詳しく

栃木県の日帰り温泉ランキング第5位「明賀屋本館(みょうがやほんかん)」

鹿股川のほとりにある「明賀屋本館」は、江戸時代から数百年も続く塩原温泉の老舗旅館です。こちらでは、源泉かけ流しのお湯を、大自然に囲まれながら楽しむことができます。

また「塩化物泉」「単純温泉」の二種類の浴槽が完備されており、違った泉質を味わえるのも魅力です。

明賀屋本館の施設情報

施設名 塩原温泉 明賀屋本館
住所 栃木県那須塩原市塩原353
電話番号 0287-32-2831
URL http://www.myogaya.com/

単純温泉について

泉質名 単純温泉(掲示用泉質)
浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
飲用適応症 なし

単純温泉についてもっと詳しく

塩化物泉について

泉質名 塩化物泉(掲示用泉質)
浴用適応症 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
飲用適応症 萎縮性胃炎、便秘

塩化物泉についてもっと詳しく

栃木県の日帰り温泉ランキング第6位「ピラミッド元氣温泉」

栃木県那須塩原市の「ピラミッド元氣温泉」は、館内に劇場を設ける温泉エンターテインメント施設です。

ピラミッドで集めた宇宙エネルギーと、1.2kmの地下からくみ上げる源泉かけ流しの温泉で、生命力強化ができる「次世代型温泉」と銘打つこの施設では、ほかとは一風違う宿泊体験ができることでしょう。入口にはスフィンクスやピラミッドがあり、とてもインパクトのある外観になっています。

温泉の泉質はアルカリ性「単純温泉」。お肌がつるつるになる女性にはうれしい温泉ですね。

内湯にくわえ、日本庭園の風情のある露天風呂や洞窟風呂などなどバリエーション豊かな浴場があり、すべて源泉かけ流しのお湯が楽しめます。入浴料も平日は大人600円(土日は650円)とそこまで高くもありません。施設内の公園には足湯もあります。

ピラミッド元氣温泉の施設情報

施設名 ピラミッド元氣温泉
住所 栃木県那須塩原市ニワトコ493-4
電話番号 0287-35-4141
URL http://pyramid-onsen.com/

単純温泉について

泉質名 単純温泉(掲示用泉質)
浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
飲用適応症 なし

単純温泉についてもっと詳しく

栃木県の日帰り温泉ランキング第7位「川治温泉 薬師の湯」

栃木県那須塩原市の「川治温泉 薬師の湯」は、地元の人達の為の共同浴場として長年愛され続けてきた入浴施設。川治温泉の温泉施設で男湯・女湯・混浴の3つの岩風呂のほかに、貸切風呂や低温サウナもあります。

男鹿川沿いにあるため清流のせせらぎを楽しみながら入浴を楽しむことができますよ。また二階には無料の広い休憩室があり温泉に入った後の体を休めて、ゆっくりくつろぐことができます。

とくに男鹿川を目の前に望む混浴露天風呂は開放感抜群で、カップルにも人気が高く、ゆったりと温泉と景色を堪能できます。ほとんど人がいないときは、2人だけの世界にひたれそうですね。

こちらのお湯は、主に神経痛、関節痛、慢性消化器病に効果があるほか、「美肌の湯」としても人気があります。

日帰りでの入浴料は大人510円(日光市民は300円)です。また朝は7時から空いているので、気軽にいつでも温泉を楽しむことができます。水曜日が休館日。混浴の露天風呂は土日祝日のみオープンです。

薬師の湯の施設情報

施設名 川治温泉 薬師の湯
住所 栃木県日光市川治温泉川治278-2
電話番号 0288-78-0229
URL

単純温泉について

泉質名 単純温泉(掲示用泉質)
浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
飲用適応症 なし

単純温泉についてもっと詳しく

栃木県・川治温泉の魅力

栃木県の日帰り温泉ランキング第8位「御宿こまゆみの里」

栃木県日光市にある「御宿こまゆみの里」は、奥鬼怒の自然を楽しみながら温泉につかれる温泉宿です。この温泉の名物は、露天風呂に設置された大丸太風呂。直径1m丸太をくり抜いてつくられた浴槽は圧巻です。

広々とした混浴温泉もあるので、開放的に入浴したい方はそちらへの入浴がおすすめ。女性1人での混浴が不安な人には、女性専用のお風呂もあります。

御宿こまゆみの里の施設情報

施設名 御宿こまゆみの里
住所 栃木県日光市川俣646-1
電話番号 0288-96-0321
URL https://komayuminosato.info/index.html

栃木県の日帰り温泉ランキング第9位「鬼怒川仁王尊プラザ」

栃木県日光市にある「鬼怒川仁王尊プラザ」は、「東武ワールドスクエア」まで徒歩約5分と日光での観光のついでに立ち寄るのにとてもおすすめの日帰り温泉です。泉質は「単純温泉」です。体の芯から温まり、とても心地よいです。

鬼怒川を一望できる源泉かけ流しの「舞台の湯」では、鬼怒川ライン下りの遊覧船も真近に見られるのが特徴。また温泉マニアに人気の「屋形船露天風呂」は、鬼怒川ライン下りで実際に使用されていた遊覧船をそのまま浴槽にしたという変わり種の露天風呂もあります。

館内には釣り堀もあり、家族で釣りを楽しむこともできます。卓球台もあるので、温泉終わりにカップルや家族で卓球を楽しむのもいいですね。

鬼怒川仁王尊プラザの施設情報

施設名 鬼怒川仁王尊プラザ
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原371-1
電話番号 0288-76-2721
URL https://www.niousonplaza.com/

単純温泉について

泉質名 単純温泉(掲示用泉質)
浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
飲用適応症 なし

単純温泉についてもっと詳しく

栃木県の日帰り温泉ランキング第10位「日光沢温泉」

栃木県日光市にある「日光沢温泉」は、360度奥鬼怒山に囲まれた場所にぽつりとある秘湯です。決して気軽には行けない場所にありながらも、野趣あふれる浴槽で「硫黄泉」「塩化物泉」のお湯が楽しめることから、多くの温泉好きが訪れます。

混浴温泉を日帰りで利用する場合、入浴時間は午前9時から午後3時と限定されているので注意しましょう。またこちらの施設では宿泊もできます。

日光沢温泉の施設情報

施設名 日光沢温泉
住所 栃木県日光市川俣874
電話番号 0288-96-0316
URL http://www.nikkozawa.com/

硫黄泉について

泉質名 硫黄泉(掲示用泉質)
浴用適応症 アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬・慢性湿疹・表皮化膿症(硫化水素型 については末梢循環障害を加える)
飲用適応症 糖尿病・高コレステロール血症

硫黄泉についてもっと詳しく

塩化物泉について

泉質名 塩化物泉(掲示用泉質)
浴用適応症 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
飲用適応症 萎縮性胃炎、便秘

塩化物泉についてもっと詳しく

栃木の温泉と自然を満喫!

栃木県には日帰りでも十分楽しめる入浴施設が多くあります。今回ご紹介した温泉施設以外にもカップルや家族で楽しめる混浴や、大自然の中にある温泉、秘湯と呼ばれる温泉など、特徴がある温泉が多く、そのバリエーション非常に豊かです。栃木観光の際は、日帰り温泉に立ち寄って旅の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

栃木の魅力をもっと詳しく

栃木県のおすすめ温泉スポット情報

栃木県のおすすめ観光スポットはこちら

栃木県のお土産情報