遠間和広 | 温泉ソムリエ家元 遠間和広 | 温泉ソムリエ家元

昭和40年・妙高高原町(現妙高市)赤倉温泉生まれ。 平成元年に東京経済大学経営学部卒業後、経営コンサルタント会社「株式会社船井総合研究所」に5年間勤務。その後実家の「遠間旅館」を営みながら、平成14年11月赤倉温泉にて温泉ソムリエの制度を発足。17年11月、初代「にいがた観光カリスマ」認定を受ける。創設した「温泉ソムリエ」の認定者が、平成28年3月24日に1万名を突破。温泉ソムリエの「家元」として、温泉の魅力や正しい入浴法を広めている。温泉ソムリエ協会家元、赤倉温泉観光協会会長、妙高市観光協会副会長。