日光温泉のおすすめ人気旅館・ホテル&観光スポットとグルメ情報やお土産も

pixta 30435646 M 728x486 - 日光温泉のおすすめ人気旅館・ホテル&観光スポットとグルメ情報やお土産も

日光温泉は、名実ともに高い人気と知名度を誇っている風光明媚な観光地。誰もが一度は耳にしたことのある日光東照宮をはじめ、魅力的な名所旧跡がエリア一帯に広く点在しています。今回は日光温泉の人気の秘密を探りながら、定番と穴場の見どころをご紹介します。

目次

日光観光の拠点となる日光温泉

日光温泉

一口に「日光」と言っても、その定義はさまざま。日光市、世界遺産「日光の寺社」、奥日光など、日光がその名に着くエリアはいくつもあります。今回お伝えする日光温泉は、東武日光駅と日光駅の周辺に広がっている温泉郷。同じ日光でも、中禅寺温泉・光徳温泉・奥日光湯元温泉とは、区別されたエリアになっています。

日光温泉の魅力は、交通の要衝となる鉄道の駅から簡単にアクセスできること。また、世界遺産「日光の寺社」めぐりの拠点としても利用できる温泉地で、日光のなかでもひときわ観光客でにぎわうエリアとなっています。

日光温泉が人気の4つの理由!

日光温泉が人気の理由!その1:巡回バスで移動がスムーズ

日光の名を全国区にしているものと言えば、間違いなく、世界遺産に登録されている「日光の寺社」でしょう。日光温泉のエリアにおいて、交通の起点となる場所は東武日光駅と日光駅の2ヶ所。2つの駅は、歩いても5分ほどで行き来ができる距離にあります。世界遺産を訪れるなら、巡回バス用の「世界遺産めぐり手形」を利用するのがお得。

料金は大人500円(子供半額)で、1日何度でもバスに乗車することができます。もちろん、宿泊する宿や他の観光スポットへの移動にも使えます。

日光へのアクセスに関する記事も調べたい方には

日光温泉が人気の理由!その2:肌に優しい泉質の温泉

温泉3

温泉旅館やホテルが数多く建ち並んでいるのも、日光温泉の特徴。高級旅館から素泊まりが可能な宿まで、予算やプランに合ういろいろなタイプの宿泊施設がそろっています。清流のほとりに佇む静かな宿、日光の自然に包まれた宿、日光東照宮へのアクセスに恵まれた宿など、宿のロケーションや雰囲気もさまざま。

また、宿によっては、日光温泉のお湯を客室の露天風呂で満喫することもできます。日光温泉の泉質は、基本的にアルカリ性単純温泉。単純温泉は自律神経不安定症、不眠症、うつ状態に効果効能があり、女性にとっては嬉しい、低刺激で肌に優しいお湯に浸かれます。

日光温泉の泉質に関する記事はこちら

日光温泉が人気の理由!その3:日光名物が味わえる

日光にある温泉郷のなかでも、特に多くの観光客でにぎわう日光温泉。それだけに、エリア内には観光スポットや宿泊施設に交じって、多くのフードスポットもそろっています。

日光観光でぜひ味わっておきたいのは、名物の湯葉料理。日光は名水の地としても有名なところで、そうした名水を使ってできる湯葉は格別な味わいです。湯葉ほどの知名度はないものの、和スイーツも日光観光で欠かすことのできない名物グルメ。草だんごや羊羹など、甘党にはたまらない和菓子が食べられる甘味処もあちこちにあります。

もっと見ておきたい日光の名物はこちら

日光温泉が人気の理由!その4:年中行事が目白押し

日光キャンドルページェント

日光温泉は1年を通して、バラエティに富んだ催し物が開かれているエリア。お正月は歳旦祭、2月は節分、5月は端午の節句、7月は七夕祭り、10月は百物揃千人武者行列、11月は紅葉のライトアップ、そして12月は年越しなど、日光ならではの季節の風物詩が楽しめるのです。

冬は雪化粧をまとうこともある日光温泉ですが、12月から翌2月にかけては、ぜひ見ておきたい年中行事が盛りだくさん。輪王寺の歳旦祭は元日から7日間開かれ、厳かな雰囲気の日光を垣間見ることができます。

日光温泉のおすすめ温泉旅館3選

日光温泉のおすすめ温泉旅館TOP1 日光 星の宿

日光 星の宿は、観光名所の神橋から歩いて2~3分のところにある温泉旅館。草木が生い茂る高台に建ってるため、敷地内には静かな空気が満ちあふれています。日光 星の宿の自慢は、檜をふんだんに使った大浴場の内湯と露天風呂。

どちらの温泉からも緑豊かな自然を見ることができ、冬になると、鹿の親子がひょっこり姿を現わすことも。和の雰囲気が味わえる客室も魅力的で、4部屋ある特別室では、色濃い樹木を眺めながら贅沢なひと時が過ごせます。

日光 星の宿の施設情報

施設名 日光 星の宿
住所 日光市上鉢石町1115
電話番号 0288-54-1105
URL http://www.hoshinoyado.com/

日光温泉のおすすめ温泉旅館TOP2 日光千姫物語

開放感を味わいたい人には、日光千姫物語がおすすめ。館内での最大の見どころは、圧巻の眺めが広がるコーヒーラウンジの「花衣」でしょう。大きい窓は一面がガラス張りで、他の宿ではなかなか目にできない絶景が望めます。充実した施設の大浴場も、ぜひ時間をかけて楽しんでおきたいスポット。

男湯と女湯に分かれた大浴場には、それぞれに内湯と露天風呂が完備されています。男湯にある他の施設は、サウナ・ミストサウナ・ジェットバスなど。女湯には、温泉ミストサウナ・ジェットバス・シルキーバスまで用意されています。日光温泉の魅力を肌で感じたいなら、日光千姫温泉で決まりですね。

日光千姫物語の施設情報

施設名 日光千姫物語
住所 栃木県日光市安川町6-48
電話番号 0288-54-1010
URL http://www.senhime.co.jp/

日光温泉のおすすめ温泉旅館TOP3 小槌の宿 鶴亀大吉

小槌の宿 鶴亀大吉は、露天風呂付きの客室で話題を呼んでいる温泉旅館。4タイプの客室があり、「長生きの間」には扇型、「金運の間」には小槌型、「幸福の間」には四つ葉のクローバー型、「出世の間」には瓢箪型と、それぞれ違った形の露天風呂がそろっています。

しかも、どの露天風呂からも見られる日光の風景は一見の価値あり。贅沢な気分が味わえること間違いなしです。露天風呂にくわえ、ユニークな名前が付いた客室のデザインも秀逸。江戸風情から和モダンまで、独特の世界観を演出している空間が待っています。

小槌の宿 鶴亀大吉の施設情報

施設名 小槌の宿 鶴亀大吉
住所 栃木県日光市安川町2-53
電話番号 0288-54-1550
URL http:http://www.nikko-turukame.jp/

日光温泉のおすすめ温泉をもっと見る

日光温泉のおすすめ観光スポット3選

日光温泉のおすすめ観光スポットTOP1 日光東照宮


日光最大の見どころなら、日光東照宮で異論はないでしょう。絢爛豪華な陽明門、左甚五郎の名作「眠り猫」、愛嬌たっぷりの三猿、壮観な五重の塔など、世界遺産に登録されている貴重な歴史的建造物や文化財は、海外から来る観光客からも注目を浴びています。

でも、せっかく日光東照宮を拝観するなら、東照宮美術館や東照宮宝物館も合わせて見学しておきたいところ。特に、東照宮美術館には一級品の芸術作品が展示されていて、本格的なアート体験が楽しめます。

日光東照宮の施設情報

施設名 日光東照宮
住所 栃木県日光市山内2301
電話番号 0288-54-0560
URL http://www.toshogu.jp/

日光温泉のおすすめ観光スポットTOP2 松屋敷

参拝客でにぎわう寺社仏閣は、日光観光のハイライトですよね。一方、日光温泉のエリアには、隠れた名スポット呼ばれる松屋敷もあります。松屋敷の魅力は美しい日本庭園ですが、私有地であるため、長い間立ち入りが制限されていました。その松屋敷で庭園の一般公開が始まったのは、2016年4月のこと。

広さ約1万坪の庭園には150本以上の赤松が植えられていて、休憩ができる四阿のような建物もあります。なお、松屋敷の公開は4月~11月の期間限定で、原則として月の最後の土日のみ。日光の知られざる名庭には、ぜひ目に焼き付けておきたい絶景が広がっています。

松屋敷の施設情報

施設名 松屋敷
住所 栃木県日光市萩垣面2396-1
電話番号 0288-25-6066
URL http://matsuyashiki.com/index.html

日光温泉のおすすめ観光スポットTOP3 日光木彫りの里工芸センター

体験型の観光スポットを探している人は、日光木彫りの里工芸センターへ行ってみましょう。日光に古くから伝わる日光彫をテーマとした観光施設で、目玉は何と言っても人気の体験コーナー。スタッフの指導を受けながら、お盆や手鏡などにオリジナルの模様を彫り込んでいきます。

もちろん、出来上がった工芸品はオンリーワンのアイテム。参加にあたって予約は不要で、9:00~15:30の間なら飛び込みで申し込みができます。参加費用は材料代で、丸盆は1,380円、角盆は1,800円、手鏡(小)は920円です。

日光木彫りの里工芸センターの施設情報

施設名 日光木彫りの里工芸センター
住所 栃木県日光市所野2848
電話番号 0288-53-0070
URL http://www.n-kibori.jp/index.php

日光温泉周辺には観光スポットが目白押し

日光温泉のおすすめグルメスポット3選

日光温泉のおすすめグルメスポットTOP1 日光ゆば遊膳

日光名物を存分に堪能できるのは、日光ゆば遊膳。湯葉をメインにした料理が豊富にそろった食事処で、繊細な味わいの湯葉を、いろいろな風味と食感で味わうことができます。オーダーできる御膳料理は、遊膳(3,300円・税込)・花膳(2,800円・税込)・巡膳(2,300円・税込)の3種類。

おすすめはもっとも品数が多い遊膳で、湯葉のおさしみ・湯葉のしゃぶしゃぶ・湯葉しゅうまい・湯葉豆腐・湯葉の揚げ出しなど、贅沢な湯葉三昧になっています。日光ゆば遊膳は、ヘルシー志向の女性のみならず、ファミリー層にも人気があるお店。子供用のお子様ランチ(1,000円・税込)もあります。

日光ゆば遊膳の施設情報

施設名 日光ゆば遊膳
住所 栃木県日光市安川町1-22
電話番号 0288-53-0353
URL http://www.nikko-yubayuzen.com/index.html

日光温泉のおすすめグルメスポットTOP2 明治の館

日光温泉にあるフードスポットなら、やはり明治の館を外すわけにはいきません。初めてこのレストランへ行く人は、まずハイカラな洋館の建物を見て驚くはず。明治時代にアメリカ人が建てた邸宅で、寺社仏閣の多い日光とは思えない垢ぬけた新鮮な雰囲気が漂っています

。気になるメニューは、ハヤシライス・ビーフシチュー・オムライスといった洋食がメイン。一方で、日光舞茸のバター炒めといった、日光ならではの料理も提供されています。明治の館では、西洋の貴族になった気分で食事がいただけるでしょう。

明治の館の施設情報

施設名 明治の館
住所 栃木県日光市山内2339−1
電話番号 0288-53-3751
URL http://www.meiji-yakata.com/meiji/

日光温泉のおすすめグルメスポットTOP3 LANCATLGUE CAFE NIKKO

LANCATLGUE CAFE NIKKO(ランカトルグ カフェ ニッコー)は、気軽に立ち寄れるカフェスタイルのレストラン。店内はセンスあふれるインテリアで、アンティーク調のレトロな家具が置いてあります。軽食での一押しは、日光の味覚がつまった「くみ上げ湯葉のとろゆばごはん」(1,200円・税込み)。他には、キッシュプレート・黒カレー・サンドウィッチなどもオーダーできます。食事と合わせ、スイーツもじっくりと味わっておきたいメニュー。湯葉プリン・ガトーショコラ・抹茶と小豆のケーキなどがあり、ティータイムにはコーヒー付きのケーキセットが注文できます。

LANCATLGUE CAFE NIKKOの施設情報

施設名 LANCATLGUE CAFE NIKKO
住所 栃木県日光市安川町4-1
電話番号 0288-53-1193
URL http://www.lancatlgue.com/

もっと見ておきたい日光の名物ランチはこちら

日光温泉のおすすめお土産3選

日光温泉のおすすめお土産TOP1 鬼平の羊羹本舗の水羊羹

日光名物をお土産で買いたいなら和菓子がおすすめ。特に人気があるのは、鬼平の羊羹本舗が販売している水羊羹でしょう。しっとりとした食感の水羊羹は、不思議とお茶にもコーヒーにもよく合う絶妙な甘さ。

みずみずしい軽いテイストが人気の秘密です。お土産に購入できる他の商品は、カットされた一口羊羹や本練羊羹。しっかりとした口当たりが好みの人には本練羊羹がぴったりで、塩・練・栗の3種類がそろっています。また、大納言小豆と求肥を使った玉すだれの滝もチェックしておきたい商品。羊羹とは一味違った甘さと食感が楽しめます。

鬼平の羊羹本舗の施設情報

施設名 鬼平の羊羹本舗
住所 栃木県日光市中鉢石町898
電話番号 0288-54-0104/td>
URL

日光温泉のおすすめお土産TOP2 さかえやの日光揚げ湯葉まんじゅう

日光らしさが感じられるお土産なら、さかえやの日光揚げ湯葉まんじゅうを置いて他にはないでしょう。さかえやは、日光温泉で50年以上も暖簾を守り続けている人気の老舗和菓子店。売れ筋第1位のお土産は日光揚げ湯葉まんじゅうで、このお店が考え出した完全オリジナルの和スイーツです。

湯葉・豆乳・あんこが素材のシンプルなおまんじゅうですが、衣はサクッとした最高の歯ごたえ。塩を軽くふって食べると、優しい甘さがよりいっそう引き立ちます。

さかえやの施設情報

施設名 さかえや
住所 栃木県日光市松原町10-1
電話番号 0288-54-1528
URL http://www.sakae-ya.com/

日光温泉のおすすめお土産TOP3 日光カステラ本舗の金箔入りカステラ

プチ贅沢なお土産として人気があるのは、金箔入りカステラ。日光カステラ本舗の主力商品で、金箔は日光東照宮の陽明門をイメージしているとか。原材料も贅沢なものばかりで、濃厚な旨味の竹鶏たまご・独特な甘みのアカシア蜂蜜・国産のもち米からできる米飴などが、惜しげもなく使われています。

一方、同じく人気の抹茶カステラは、日光の杉並木からインスピレーションを受けた逸品。日光カステラ本舗の商品には、さり気ない形で日光の景勝が取り込まれています。

日光カステラ本舗 本店の施設情報

施設名 日光カステラ本舗 本店
住所 栃木県日光市本町1-8
電話番号 0288-53-6171
URL http://honten.nikko-castella.jp/index.html

もっと見ておきたい日光のおすすめお土産特集はこちら

日光を観光するならスタートは日光温泉から!

日光東照宮は、日光でもっとも魅力的な観光スポットですよね。でも、中禅寺湖や男体山、はたまた華厳の滝に代表される名瀑など、日光には広い範囲に渡って見るべき名所がいくつも散らばっています。

どの名所へ行くべきか迷ってしまいますが、やはり日光観光のスタートは日光温泉のエリアからでしょう。世界遺産の「日光の寺社」にくわえ、隠れた名所や味わい深いグルメスポットが数多くそろっています。見てよし、食べてよし、泊まってよしと、日光温泉では1日充実した時間を過ごすことができるでしょう。

日光温泉周辺の観光情報はこちら