帯広の人気おすすめ日帰り温泉ランキングTOP10!カップルの混浴は楽しめる?

温泉 女性

北海道の道央観光の拠点となる「帯広市」は、超ロングセラー「マルセイバターサンド」をはじめ、おいしいお菓子が集まる“スイーツ王国”とも呼ばれ、いまや甘味党の女子たちから熱視線が注がれているエリアです。

そんな帯広に点在する、日帰りでも楽しめる入浴施設を、カップルで楽しめる貸切風呂とあわせてご紹介します。スイーツの食べ歩きや観光の合間に、名湯をお楽しみください。

帯広の温泉の特徴

帯広市

古来よりアイヌ人が「薬の湯」として用い、明治の開拓時代に広く知られるよになった帯広の温泉。大正時代に本格的に温泉の採掘され、温泉地として発展していきます。主な泉質は全国でも珍しい「モール泉」です。

疲労回復や冷え性などに効果効能があるほか「美肌の湯」として女性たちに人気。山岳地帯ではなく、平地の中心から湧き出たことも非常に珍しい、希少な温泉です

モール泉の詳しい解説はこちら!

帯広の人気おすすめ日帰り温泉ランキングTOP10

それでは「帯広市」でおすすめの日帰り温泉をご紹介します。帯広観光の参考にしてください。

第1位:地元からも親しまれている名泉「天然温泉 アサヒ湯」

帯広の温泉といえば「アサヒ湯」と、地元から必ず名前が挙がる名泉。土のような強い香り、とろりとしたやわらかい肌ざわりの黒褐色のお湯に惹かれ、遠方から入りに来るファンも大勢いるほど。

泉質は「モール泉」で、神経痛や関節痛、慢性婦人病などに効果効能があるほか、美肌の湯として評判。温泉は内湯がひとつ。湯上がりが、ぽっかぽか&お肌つるっつるになって大満足です。

アクセスは、JR「帯広駅」から徒歩約6分。車なら、十勝国道「大通り北1」交差点から約6分です。

「アサヒ湯」の施設情報

施設名 アサヒ湯
住所 北海道帯広市東3条南14-19
電話番号 0155-24-1933
営業時間 6時〜10時(日曜日の朝湯)、13時〜23時
定休日 元旦のみ!
入浴料 大人:440円、子供:140円、幼児:70円
URL

第2位:地下1,600mから湧き出す天然温泉が自慢「やよい乃湯」

帯広の中心地からも近い、便利な日帰り温泉。地下1,600mから湧出する天然温泉が自慢で、広い庭園の露天風呂をはじめ、サウナやよもぎ蒸し風呂などバラエティー豊かなお風呂を楽しめます。

泉質は「ナトリウム塩化物泉」で、冷え性などに効果効能があり、保温・保湿にすぐれた肌にやさしいお湯。源泉かけ流しの名湯が疲れがほぐします。食事処では、十勝のローカルグルメ「豚丼」もいただけます。

「やよい乃湯」へのアクセスは、JR「柏林台駅」から徒歩約12分。車なら、十勝国道「西17北1」交差点から約3分です。

「やよい乃湯」の施設情報

施設名 やよい乃湯
住所 北海道帯広市西条18南2-5-32
電話番号 0155-66-4126
営業時間 10時〜24時
定休日 年中無休
入浴料 大人:440円、小学生:140円、幼児:70円
URL http://yayoinoyu.com/

塩化物泉の詳細をチェック!

第3位:これぞ自然の恵み!天然モール温泉「オベリベリ温泉 水光園」

「オベリベリ」は「帯広」のアイヌ語読み。静かな森のなかで、の〜んびり湯あみが満喫できる「水光園(すいこうえん)」は、100%源泉かけ流しで天然温泉を提供する、地元でも評判の日帰り温泉施設。

泉質は天然の「モール泉」で、肩こりや腰痛、疲労回復などに効果効能があります。時間を忘れるほど静かで開放的な露天風呂やサウナ、漢方蒸し風呂など、多彩なお風呂が楽しめます。

「オベリベリ温泉 水光園」へのアクセスは、JR「帯広駅」からバスで約10分「水公園前」バス停下車、徒歩約5分。車なら、十勝国道「東12南6」交差点から約4分です。

「オベリベリ温泉 水光園」の施設情報

施設名 オベリベリ温泉 水光園
住所 北海道帯広市東10条南5
電話番号 0155-23-4700
営業時間 11時〜23時
定休日 元旦のみ!
入浴料 大人:440円、小学生:140円、幼児:70円
URL https://www.facebook.com/pages/category/Health-Spa/%E3%82%AA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%AA%E6%B8%A9%E6%B3%89-%E6%B0%B4%E5%85%89%E5%9C%92-347053965380311/

第4位:“昭和”ムードにいやされる「ローマの福の湯・ローマノ泉」

1976(昭和51)年にオープンした公衆浴場「ローマの福の湯」。モザイクタイルの浴室、脱衣所のベンチ、アイスクリームの冷凍庫など、館内に色濃く残る“昭和”の面影にいやされる銭湯です。

泉質は「アルカリ性単純温泉」のモール泉で、神経痛や筋肉痛、五十肩などに効果効能があります。内湯のほか、カップルで入れる貸切家族風呂「ローマノ泉」を併設。肌になめらかな茶褐色の名湯を心ゆくまで!

「ローマの福の湯」までのアクセスは、JR「帯広駅」からバスで約10分「柏小学校前」バス停下車、徒歩約3分。車なら、十勝街道「大通北1」交差点から約8分です。

「ローマの福の湯・ローマノ泉」の施設情報

施設名 ローマの福の湯・ローマノ泉
住所 北海道帯広市東9条南12
電話番号 0155-22-0456
営業時間 ローマの福の湯:11時〜23時
ローマノ泉:11時〜24時
定休日 第2水曜日(1・8・12月を除く)
入浴料 ローマの福の湯:大人:440円、小学生:140円、幼児:70円
ローマノ泉(60分):大人:650円、小学生:270円、幼児:110円
URL http://ro-ma.jp/

第5位:源泉がじゃぶじゃぶあふれる贅沢さ!「温泉ホテル ボストン」

JR「帯広駅」前からのびる目抜き通り「平原通り」沿い、十勝川近くにある「温泉ホテル ボストン」はビジネスでも観光でも拠点になる便利なホテル。広い大浴場で、旅の疲れをほぐせます。

泉質は「モール泉」で、神経痛や冷え性などに効果効能がある源泉を、じゃぶじゃぶあふれるほどたっぷり供給。硫黄の香りがするなめらかな温泉で、朝6時から入れるのもうれしいサービスです。

アクセスは、JR「帯広駅」からバスで約4分「西2条4丁目」バス停下車、徒歩約2分です。

「温泉ホテル ボストン」の施設情報

施設名 温泉ホテル ボストン
住所 北海道帯広市西1条南3-15
電話番号 0155-23-7015
日帰り営業時間 6時〜翌1時
定休日 無休
日帰り入浴料 大人:500円、子供:300円
URL http://www.obihiro-yado.com/html/details_hotel_boston.html

第6位:緑に囲まれた眺めのよい大浴場「天然温泉 自由ヶ丘温泉」

帯広中心街の南西、緑多いのどかなエリアにある日帰り温泉施設。地域の交流の場として親しまれている、のんびりしたアットホームな施設です。

泉質は「モール温泉」で、源泉100%を湯船に供給。刺激の少ない保湿にすぐれた、よく温まる温泉。腰痛や関節痛、冷え性などに効果効能がある名泉は、眺めの良い大浴場で満喫できます。

「自由が丘温泉」へのアクセスは、JR「帯広駅」からバスで約20分「自由ヶ丘3丁目」バス停下車、徒歩約3分。帯広・広尾自動車道「芽室帯広IC」から約25分です。

「自由ヶ丘温泉」の施設情報

施設名 自由ヶ丘温泉
住所 北海道帯広市自由が丘4-4-19
電話番号 0155-35-1126
営業時間 10時30分〜翌1時
定休日 1月1日のみ!
入浴料 大人:440円、小学生:140円、幼児:70円
URL http://www.kita-no-sento.com/sento/1110/

第7位:源泉100%流しっ放し!文句なしのかけ流し温泉「白樺温泉」

JR「帯広駅」の西、帯広のベッドタウン・白樺ドリームタウンにある公衆浴場。加温・加水・循環ろ過を一切しない源泉を100%流しっ放し! 文句なしのかけ流し温泉は、とろっとした肌ざわりが特徴。

泉質は「アルカリ性単純温泉」で、冷え性や疲労回復、健康増進などに効果効能があります。マイナスイオンたっぷりの浴室には、広い浴槽とバイブラバスのほか、サウナも完備しています。

館内で販売している無添加石鹸も人気です。「白樺温泉」へのアクセスは、JR「帯広駅」よりばしで約16分「白樺通16条」バス停下車、徒歩約6分です。

「白樺温泉」の施設情報

施設名 白樺温泉
住所 北海道帯広市白樺16条西12-6
電話番号 0155-36-2821
営業時間 10時〜23時
定休日 年中無休
入浴料 大人:440円、小学生:140円、幼児:70円
URL http://www.obnv.com/spa/302/

第8位:住宅街でも“ほんまもん”の天然モール泉!「ひまわり温泉 森の郷」

住宅街にありながら、天然のモール泉が湧出している日帰り温泉施設。開放的な露天風呂や広いサウナなどでたっぷり汗を流せます。食事処や手もみ処、トレーニングジムなど施設も充実。

泉質は天然の植物性「モール温泉」。疲労回復や慢性婦人病、冷え性などに効果効能があります。とろっとした肌に馴染む「美人の湯」として女性たちに大評判。市民に親しまれている“近場の名湯”です!

「ひまわり温泉 森の郷」までのアクセスは、JR「帯広駅」からバスで約12分「大通り34丁目」バス停下車、徒歩約20分です。

「ひまわり温泉 森の郷」の施設情報

施設名 ひまわり温泉 森の郷
住所 北海道帯広市西11条南32-7-2
電話番号 0155-48-4238
営業時間 11時〜24時
定休日 無休
入浴料 大人:440円、中学・高校・大学・専門・短大生:300円、小学生:140円、幼児:70円
URL http://himawari-morinosato.com/

第9位:日帰りでも“朝湯”を満喫!「天然温泉 ホテル光南」

「日帰りでも“朝湯”につかりたい!」という旅人のワガママに応えてくれる「ホテル光南」。大浴場には、温泉が波々注がれた内湯のほか、サウナや水風呂もあり、温冷交互浴で朝からシャッキリ!

泉質は「モール温泉」で、リウマチや冷え性、腰痛などに効果効能があります。茶褐色のなめらかな肌ざわりの名泉は、新陳代謝を活発にし、お肌に“はり”と“つや”が戻ると、女性たちに人気です。

日帰り入浴に食事がセットのプランもある「ホテル光南」へのアクセスは、JR「帯広駅」からバスで約10分「大通り20丁目」バス停下車、徒歩約5分です。

「天然温泉 ホテル光南」の施設情報

施設名 天然温泉 ホテル光南
住所 北海道帯広市東2条南19-15
電話番号 0155-23-7353
日帰り入浴時間 6時〜11時、14時〜23時
定休日 無休
日帰り入浴料 大人:420円、小学生:140円、幼児:70円
URL http://www.h-kounan.com/

第10位:昭和レトロな隠れた名湯「朋の湯温泉」

帯広の郊外にある「朋の湯温泉(とものゆおんせん)」、1969(昭和44)年に創業の地元に密着した温泉。下駄箱や衣類を入れる籐かごなど、そこかしこに昭和レトロが現存する貴重な銭湯です。

泉質は「アルカリ性単純温泉」でpH9.0。十勝地方特有の「モール泉」のなかでも極めてアルカリ性が強い、まさに「隠れた名湯」。冷え性や疲労回復などに効果効能があるほか、美肌の湯としても評判です。

「朋の湯温泉」へのアクセスは。JR「帯広駅」からバスで約15分「西10条13丁目」バス停下車、徒歩約4分。車なら、十勝国道「西17北1」交差点から約10分です。

「朋の湯温泉」の施設情報

施設名 朋の湯温泉
住所 北海道帯広市西11条南15-4
電話番号 0155-24-1238
URL http://www.kita-no-sento.com/sento/1103/

観光で疲れた体は帯広の日帰り温泉でほぐしましょう!

温泉

北海道の中央部、道央観光の拠点として便利な「帯広」は個性的な日帰り温泉施設がたくさんあります。帯広を拠点に道央観光を満喫し、疲れた体は、帯広の名湯「モール泉」でいやしてください。

「帯広周辺」のおすすめ温泉情報はこちら!