朝里川温泉周辺の人気おすすめ日帰り温泉ランキングTOP10!カップルで混浴も楽しめる

小樽運河

今回は、北海道小樽市の「朝里川温泉(あさりがわおんせん)」についてご紹介します。

「朝里川温泉」は、札幌市街から高速道路を使って40分程度、「小樽駅」からは20分ほどの好アクセスな温泉地。小樽の奥座敷と呼ばれ、大自然が魅力のスポットです。朝里川温泉周辺には日帰りで利用できる温泉もあります。ぜひ、小樽の温泉旅行の参考にしてください。

朝里川温泉の歴史

小樽 クルーザー

朝里川温泉は比較的新しい温泉地で、昭和29年に開湯。小樽市街地の南西にあり、朝里川の山沿いに広がる温泉地です。

共同浴場も含めて旅館数も少なく、10軒未満。ひっそりと存在しています。JR「朝里駅」は、石炭を東京に運ぶ目的でつくられた函館本線の駅で、函館本線は北海道の生命線として栄えました(現在は無人駅)。

教育機関では朝里小学校も歴史があり、明治9年の創設。小樽の小学校では最古参のひとつとなっています。朝里中学校は、中山美穂さんなどが出演した映画「ラブレター」の舞台になったことでも有名です。

札幌にある「定山渓温泉」を開いた “美泉定山” も朝里に訪れ、三太郎地蔵や大平山碑などを残しています。そして、明治10年に小樽で没しました。

朝里川温泉の特徴

小樽 ヴェネチア 美術館

朝里川温泉は、小樽市朝里川温泉に所在します。朝里川河口から少し上流に登ったところに旅館などの宿泊施設が10軒ほど存在。近隣には朝里川温泉スキー場もあり、冬を中心に利用客で賑わいます。

周辺観光では、蒸気機関車を展示している大規模な博物館「小樽市総合博物館 本館」が有名です。レトロな景観が人気の「小樽運河」や、ヴェネツィアングラスを鑑賞できる「北一ヴェネツィア美術館」などもあります。

グルメでは、新鮮な素材が集まる朝市や寿司を堪能できる寿司屋通りがあり、ランチにも最適です。

また、規模の小さい温泉地ではありますが、リゾートホテル・ログハウスの貸別荘・ペットと宿泊可能な宿など、バリエーションに富んだ宿泊施設が多くあります。

共同浴場は古民家のような外観で、地元の方々の優しい人柄に触れることができ、心も体も癒されるでしょう。

朝里川温泉の泉質は「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」。浴用適応症として、筋肉痛・神経痛・疲労回復などに効果効能があります。塩分が皮膚について汗の蒸発を防ぎ、湯冷めしにくい特徴も。刺激性の少ない無色透明のお湯で肌に優しく、とくに女性から人気です。

朝里川温泉の泉質についてもっと詳しく

朝里川温泉周辺の人気おすすめ日帰り温泉ランキングTOP10

朝里川温泉とその周辺の温泉宿から『おすすめの日帰り温泉』を厳選! もともと宿が少ない朝里川温泉で日帰り入浴ができる貴重な施設をご紹介します。

第1位:森の中のような岩風呂「小樽朝里クラッセホテル」

「小樽朝里クラッセホテル」は、森林浴が味わえる露天風呂がおすすめの宿です。岩造りの露天風呂は、まるで森の中にいるような空間! 日暮れとともに蛍をイメージしたイルミネーションが点灯され、そのロマンティックな情景に癒されます。

宿泊の場合は露天風呂付き客室もありますが、日帰り入浴には対応していません。しかし、施設内にはフィットネスジム・スカッシュコート・テニスコートなど、スポーツ施設も充実しています。

汗をかいてから温泉に浸かり、リフレッシュするのもいいですね。また、宿から車を20分ほど走らせると小樽天狗山に到着し、綺麗な夜景を楽しむことができます。小樽の夜景はまるで宝石を散りばめたような美しさ。感動すること間違いなしでしょう。

「小樽朝里クラッセホテル」の詳細情報

施設名 小樽朝里クラッセホテル
住所 北海道小樽市朝里川温泉2-676
電話番号 0134-52-3800
日帰り温泉営業時間 平日:11時00分〜21時00分、土日祝日:11時00分〜16時00分
定休日
料金 大人800円(土日祝日は1,000円)、小人:300円(土日祝日は500円)
URL http://www.classe-hotel.com/

第2位:情緒ある露天風呂が人気!「かんぽの宿 小樽」

「かんぽの宿 小樽」はリーズナブルに日帰り入浴ができる宿です。大人600円、小学生300円と良心的な価格! 日帰り入浴の営業時間も長く、10時半から20時までとなっています。

10名以上での利用の際は、山海の幸を堪能できるお食事付き日帰りプランがお得! 入浴料と食事代を含め4,000円、または3,000円のコースから選べます。人数によっては大広間の利用も可能です。

お風呂は、東屋風の造りが情緒を感じさせる露天風呂や気泡混じりのお湯を噴射する超音波風呂など、多彩に用意されています。泉質は「低張性弱アルカリ性温泉」。浴用適応症として、神経痛・五十肩・慢性婦人病などに効果効能があります。冬には雪見露天も体感でき、とっても贅沢です。

「かんぽの宿 小樽」の詳細情報

施設名 かんぽの宿 小樽
住所 北海道小樽市朝里川温泉2-670
電話番号 0134-54-8511
日帰り温泉営業時間 10時30分〜20時00分
定休日
料金 大人:600円、小人:300円
URL https://www.kanponoyado.japanpost.jp/otaru/

第3位:くつろげる貸切風呂「宏楽園」

木のぬくもりと和の趣きが居心地の良い「宏楽園」。約2万坪の広大な土地とさまざまな木々に囲まれ、開放感がありながら落ち着いた雰囲気も感じさせてくれます。

予約が必要ですが貸切風呂の利用も可能です。貸切風呂にはリビングスペースもあり、くつろげる設備となっています。日帰り入浴のみの利用は、土日祝日のみ。年末年始の繁忙期は日帰り入浴不可になるのでご注意ください。

泉質は「アルカリ性単純温泉」。浴用適応症として、神経痛・筋肉痛・慢性消化器病などに効果効能があります。㏗8.7とアルカリ性が高い温泉なので美肌効果にも期待大! サウナもあるので時間一杯くつろぎましょう。

「宏楽園」の詳細情報

施設名 宏楽園
住所 北海道小樽市新光5-18-2
電話番号 0134-54-8221
日帰り温泉営業時間 11時30分〜14時30分
定休日 土曜/日曜/祭日以外の平日
料金 大人:800円、小人:400円
URL http://www.otaru-kourakuen.com/

第4位:エステやマッサージに岩盤浴も「湯の花 朝里殿」

平成28年6月にリニューアルされた「湯の花 朝里殿」。大浴場をはじめ、ハイパワーな9連ジェット噴流が楽しめるアクティブスパや、ジャグジー・打たせ湯・寝湯・露天岩風呂など、さまざまなタイプのお風呂をご用意。

日帰り入浴施設ですが、9時から24時までと長い時間営業しています。マッサージ・エステ・アカスリ・理髪店・売店など、入浴以外の施設も充実しているので体の芯から疲れをとることができるでしょう。

女性から人気の岩盤浴では休憩室でアロマが焚かれ、心も体もリラックス! 岩盤浴とそのほかのお風呂をセットで利用できるプランも人気です。

「湯の花 朝里殿」の詳細情報

施設名 湯の花 朝里殿
住所 北海道小樽市新光5-12-24
電話番号 0134-54-4444
日帰り温泉営業時間 9時00分〜24時00分
定休日 年中無休
料金 大人:650円、小人:300円
URL http://www.yunohana.org/asari/

第5位:岩盤浴も楽しめる「ホテル武蔵亭」

冬は雪のため閉鎖されてしまう「ホテル武蔵亭」。年間123日ほどの営業なので稀少性があり、秋までに利用してみたい宿でもあります。日帰り入浴では大浴場と岩盤浴の利用が可能。貸切風呂は予約が必要です。

泉質は「ナトリウム⁻硫酸塩⁻塩化物泉」。少し白く濁ったお湯は肌に優しく、浴用適応症として、神経痛・リウマチ性疾患・冷え性などに効果効能があります。

また、天然ラジウム岩盤浴も人気です。22時まで利用できるので、周辺の観光を堪能してからでも間に合いますね。

「ホテル武蔵亭」の詳細情報

施設名 ホテル武蔵亭
住所 北海道小樽市朝里川温泉2-686-4
電話番号 0134-54-8000
日帰り温泉営業時間 9時00分〜22時00分
定休日
料金 大人:600円、小人:300円
URL https://www.musashitei.co.jp/

第6位:川のせせらぎが心地よい「鹿の湯」

札幌市にある「鹿の湯」では、「定山渓温泉」から湧き出る名湯が満喫できます。内湯はさまざまなな浴槽があり、とくにジャグジーや露天風呂がおすすめです。もちろん、日帰り入浴でもそれらが楽しめます。

泉質は「ナトリウム⁻塩化物泉」。浴用適応症として、神経痛・筋肉痛・五十肩・疲労回復などに効果効能があります。近くを流れる川のせせらぎが聞こえるのどかな空間に癒されてみませんか?

周辺には、足湯施設や観光案内所もあります。ガイドの方から地元の耳寄り情報を聞きだし、観光名所に繰り出しましょう!

「鹿の湯」の詳細情報

施設名 鹿の湯
住所 北海道札幌市南区定山渓温泉西3-32
電話番号 011-598-2002
日帰り温泉営業時間 13時00分から20時00分(土曜・休前日は15時00分まで、日曜祝日は17時00分まで)
定休日
料金 大人:820円、小人:410円
URL https://shikanoyu.co.jp/shikanoyu/

第7位:札幌すすきのの中心にある浴槽の大きな温泉「湯香郷」

札幌市の中心部、繁華街すすきのにある天然温泉「湯香郷(とうかきょう)」。大浴場の浴槽は、圧巻のスケール! 露天風呂では、檜の香りに包まれながら至福のひとときを過ごすことができます。

泉質は「ナトリウム塩化物泉」で、保湿効果も抜群です。浴用適応症として、神経痛・筋肉痛・五十肩・冷え性などに効果効能があります。

日帰りでも休憩ラウンジ・御食事処・リラクゼーションプランを利用でき、繁華街でアクティブに遊んだあとの疲れを癒やしてくれるでしょう。深夜1時まで営業しています(受付は0時まで)。

「湯香郷」の詳細情報

施設名 湯香郷
住所 札幌市中央区南7条西3 ジャスマックプラザ2~4F
電話番号 011-551-3333
日帰り温泉営業時間 10時00分〜25時00分、6時00分〜9時00分
定休日
料金 大人:2,700円、小人:1,400円
URL http://www.toukakyo.jp/

第8位:心休まるヒバの湯「里塚温泉 ゆとり」

札幌市内では随一の源泉温度を誇る宿「里塚温泉 ゆとり」。日帰り入浴に特化していて、23時までの利用が可能。4人から楽しめる宴会プランも揃えています。

おすすめは、青森の天然ヒバを使った浴槽が堪能できる “天然ヒバの湯” です。日本三大美林のひとつに数えられている青森のヒバ。このヒバには、精神を安定させるはたらきや抗菌性があり、リラックス効果が期待できます。

露天風呂は岩風呂でテレビ付きの空間。飽きさせない工夫がうれしいところです。

「里塚温泉 ゆとり」の詳細情報

施設名 里塚温泉 ゆとり
住所 北海道札幌市清田区美しが丘5条9-9-1
電話番号 011-882-1717
日帰り温泉営業時間 9時00分〜23時00分
定休日 第1火曜日
料金 大人;600円、小人:300円
URL http://satozuka.jp/

「里塚温泉 ゆとり」は、2018年10月31日を以って閉館しました。

第9位:モール温泉を味わえる「恵庭温泉 ラ・フォーレ」

札幌市から高速道路を利用して30分のところにある日帰り温泉施設「恵庭温泉 ラ・フォーレ」。緑豊かな樹木に囲まれた小高い丘に佇み、恵庭岳を眺めることができます。そして、リーズナブルな価格帯も魅力です。

露天風呂のお湯は、有機物(植物)を多く含む滑らかな湯ざわり。世界的にも珍しい “モール温泉” です。泉質は茶褐色に色づく「ナトリウム⁻塩化物泉」。浴用適応症として、神経痛・筋肉痛・五十肩・冷え性などに効果効能があります。

温泉と同様にサウナも人気で、サウナ発祥の地であるフィンランドサウナをご提供。肌に潤いを与え、シェイプアップ効果も期待できます。ぜひ体験してみてください。

「恵庭温泉 ラ・フォーレ」の詳細情報

施設名 恵庭温泉 ラ・フォーレ
住所 北海道恵庭市恵南4-1
電話番号 0123-32-4171
日帰り温泉営業時間 11時00分〜23時00分
定休日 年中無休
料金 大人:400円、小人:140円
URL http://eniwa-onsen.com/

第10位:リーズナブルな日帰り温泉施設「北のたまゆら 桑園」

北海道でも最大級の広さを誇る「北のたまゆら 桑園」。札幌市にある日帰り温浴施設で、毎分600Lという豊富な源泉も魅力です。入浴料も大人440円と格安! 

大浴場・ジェット風呂・露天風呂・サウナと、さまざまなお風呂を取り揃えています。天然鉱石ブラックシリカ湯では、遠赤外線とマイナスイオンにより、ストレス解消・血液循環を活発にする効果が期待できるそう。

石狩や小樽へのアクセスも悪くはありません。観光ついでの夜に立ち寄ってみるのもいいですね。利用時間は朝の7時から深夜1時までとなっており、お食事処も7時半から23時までと遅くまで利用できます。

「北のたまゆら 桑園」の詳細情報

施設名 北のたまゆら 桑園
住所 札幌市中央区北11条西16-1-34
電話番号 011-611-2683
日帰り温泉営業時間 7時00分〜25時00分
定休日 年中無休
料金 大人:440円、小人:140円
URL http://www.e-u.jp/souen_main.html

朝里川温泉と周辺の日帰り入浴を楽しむ

朝里川温泉スキー場

小樽市唯一の温泉地「朝里川温泉」。広大な大自然の中にひっそりと佇む温泉宿が多くみられます。周辺にはスキー場もあり、ろうそくが灯る『小樽雪あかりの路』など、ウィンターシーズンはとくに観光客でにぎわいますが、夏には『おたる潮まつり』秋には『小樽しゃこ祭り』と、一年を通して魅力的なまちです。ぜひ小樽の素晴らしさに触れてみてください。

朝里川温泉周辺の日帰り温泉以外の名所もチェック