「草津片岡鶴太郎美術館」の見どころは?駐車場・カフェ・割引情報も【2018年版】

草津 片岡鶴太郎美術館

草津温泉・湯畑の西側、西の河原公園の自然に溶け込むようにあるのが、「草津片岡鶴太郎美術館」。

片岡鶴太郎さんといえば、お笑い芸人、俳優、芸術家と、多方面で活動されていることで有名です。

今回はそんな片岡鶴太郎さんの芸術作品がなんと500点も収蔵してある、「草津片岡鶴太郎美術館」の魅力をたっぷりとご紹介します。

西の河原公園の入口に佇む「片岡鶴太郎美術館」

鶴太郎 美術館

草津温泉「西の河原公園」から流れる湯川のほとりに佇む、ひときわ目を引くモダンな外観。ここは「草津ホテル」の隣接施設として1998年にオープンした、「草津片岡鶴太郎美術館」です。

鶴太郎さんの作品500点を収蔵

「草津片岡鶴太郎美術館」は役者・片岡鶴太郎さんの作品が展示された美術館で、鶴太郎さんの作品500点を所蔵しており、常時130点を展示しています。

作品は日々の暮らしで感じたものや、旅先で出会った魚、花、虫などを題材にしたもの。それぞれ温かみがあって、世代を問わず人気です。

草津ホテルがプロデュース

「草津片岡鶴太郎美術館」は、草津温泉で湯めぐりしながら、ゆったりと片岡鶴太郎さんの芸術を楽しんでいただけるようにと、かねてから鶴太郎さんと親交のあった「草津ホテル」が構想して開いた美術館です。

片岡鶴太郎さんの作品が常時一挙に見られるのは、日本でここだけ。とても貴重な美術館です。

草津温泉のおすすめ観光情報はこちら

季節ごとに変わる展示

鶴太郎 美術館

「草津片岡鶴太郎美術館」は広く、1階と2階にそれぞれ作品が展示してあります。季節ごとに年4回展示が変わるので、足を運ぶたび、ちがう作品に触れることができます。

絵ハガキでおなじみの作品もたくさん展示されていて、見覚えのある作品に出会えるとちょっとうれしい。

草津

2階には、書や陶器などがあり、見応えも十分。片岡鶴太郎さんの多彩な才能が感じられます。館内にはひと休みできる一角もありますよ。

鶴太郎 美術館

片岡鶴太郎さんは年に一度必ず草津温泉を訪れ、草津ホテルの大広間をアトリエにして作品づくりをしているそうで、草津から生まれた作品もたくさんあるとのこと。

草津の雄大な自然と良質な温泉が、作品づくりに適しているのかもしれません。

草津温泉のおすすめ旅館はこちら

絵ハガキなど人気グッズがずらり

鶴太郎 美術館

1階、2階の美術館の鑑賞を終えたら、アートグッズショップへ。ほとんどが「草津片岡鶴太郎美術館」のオリジナル商品で、ここでしか買えないグッズがずらりと並びます。アートグッズショップとカフェは美術館に入場しなくても入ることができるので、まずはショップからチェックするのもおすすめです。

鶴太郎

グッズのいちばん人気は絵ハガキ。そのほかにリプロラフ、ハンカチ、一筆箋などたくさんのアートグッズがあるので、お持ち帰りに迷うかも。

鶴太郎 美術館

こちらのグッズは新作の「ライト付きルーペ(1100円)」。オリジナルイラストは5種類から選べます。

鶴太郎 美術館

携帯電話にピッタリと貼り付けられて便利に使える、「携帯電話クリーナー(430円)」。草津温泉土産にもピッタリなので、ぜひチェックしてみて。

オリジナルスイーツはすべて手作り。併設のカフェでひと息

さあ、最後は併設のカフェでひと息。西の河原公園を望む大きな窓が特徴です。

草津温泉街の西側にはカフェはこちらだけなので、西の河原公園の散策の帰り道に、ふらりと寄ってみるのもおすすめ。

草津

メニューは珈琲、紅茶、ココアなどのドリンクと、手作りデザートのカフェスタイル。とくにデザートはおいしいと評判で、いちばん人気のスイーツは「抹茶ぷりん(370円)」。甘さ控えめのスイーツと「カフェラテ(550円)」で、ほっとひと息入れましょう。

草津片岡鶴太郎美術館の営業時間・料金・アクセスは?

片岡鶴太郎さんの作品がまとめて見られるのはここだけ。草津の良質な温泉で癒されたあと、アートを見るのはとってもリラックスできますよ。

営業時間

「草津片岡鶴太郎美術館」の営業時間は、8:00~18:00。年中無休なので、草津温泉旅行の際、いつでも気軽に立ち寄れます。

入館料金・割引も

入館料金は一般・大学生950円、高校・中学生600円、小学生以下無料。65歳以上・団体10名以上・障害をお持ちの方は800円です。

さらに草津ホテルの宿泊者だと割引され、一般・大学生500円、中学生・高校生300円とお得に利用できます。

アクセス

「草津片岡鶴太郎美術館」までのアクセスは、「草津温泉バスターミナル」から徒歩12分。西の河原公園の入口にあるので、美術館帰りに草津で一番大きい露天風呂がある「西の河原露天風呂」を利用するのも◎!

駐車場は「西の河原公園」へ

「草津片岡鶴太郎美術館」は国立公園内に設立されているため、駐車場がありません。そのため徒歩5分ほどにある西の河原公園に併設されている駐車場を利用しましょう。

草津温泉に訪れたら、片岡鶴太郎さんのアートの世界をぜひ覗いてみてくださいね。

「草津片岡鶴太郎美術館」の施設情報

施設名 草津片岡鶴太郎美術館
住所 群馬県吾妻郡草津町草津479
電話番号 0279-88-1011
URL http://www.kusatsuhotel.com/tsuru/
アクセス 草津バスターミナルから徒歩12分
入場料金 一般・大学生950円、高校・中学生600円、65歳以上・団体10名以上・障害をお持ちの方800円、小学生以下無料(草津ホテル宿泊の一般・大学生500円、中学生・高校生300円)
営業時間 8:00~18:00(無休)※冬季期間は8:00~17:00

取材協力:草津片岡鶴太郎美術館

草津温泉のおすすめ情報をもっと見る

草津温泉のアクセス情報もチェック