「草津館」の貴重な自家源泉「若乃湯」がすごい!駐車場・日帰り入浴情報も【2018年版】

若乃湯草津館 広報

「草津よいとこ一度はおいで」の草津節でおなじみの草津温泉。

年間約300万人が訪れる大人気の温泉地で、町内にはコンコンと湧き出る源泉が約100ヶ所もあり、それを全部足すと温泉の自然湧出量が毎分約32300リットルにものぼります。

そんな草津温泉のシンボル・湯畑の目の前に、ここでしか入れない自家源泉「若乃湯」を持つ「若乃湯 草津館」があります。

本記事で掲載している情報は公開当時のものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

湯畑の目前に佇む「若乃湯 草津館」

若乃湯草津館 広報

草津温泉のシンボル「湯畑」の目の前に位置する、「若乃湯 草津館」。温泉街の中心部なので、どこに行くにも便利な絶好のロケーションです。

創業は江戸時代末期。客室数は9つの小さな宿で、スタッフの温かいおもてなしで口コミ評価が高い宿です。

若乃湯草津館 広報

落ち着いた内装で、ピカピカに磨かれた廊下は清潔感があり、ホッとする隠れ家のよう。こじんまりとした宿ながら人気の秘密は、ここだけでしか入れない温泉があること。

自家源泉「若乃湯」に入れるのはここだけ

若乃湯草津館 広報

草津館は館内に湧出源泉を持つ宿で、その源泉の名は旅館名にもある「若乃湯」

なんと旅館の敷地内からコンコンと湧き出る、とても贅沢な源泉です。館内を進むと、源泉を示す看板があり、窓からはその源泉を見ることができます。

江戸末期から伝わるエメラルドグリーンの源泉

若乃湯草津館 広報
窓をのぞくと、エメラルドグリーンの源泉「若乃湯」がお目見え。

若乃湯草津館の泉質の特徴は?

「若乃湯草津館」の温泉は、江戸末期の創業以来、五代にわたり守り続けてきた「酸性・含硫黄・硫化水素泉(酸性低張性高温泉)」。

草津温泉らしい50℃強の温泉で、「若乃湯」はアトピー性皮膚炎・各種血行障害・関節炎・体質改善などに効果あり。

一方の「白旗源泉」は慢性婦人病・動脈硬化症・糖尿病・高血圧症などに効果があります。

若乃湯が緑色に見えるのは、イデユコゴメという温泉藻が含まれているから。

アメリカのイエローストーン国立公園にも見られるこの温泉藻は日本ではめずらしく、東京理科大学の教授もこの若乃湯に通い、研究をしているという貴重な湯なんだゆ。そんな若乃湯に入れるのは、ここ若乃湯草津館だけだゆ〜。

若乃湯草津館のお風呂の種類

若乃湯草津館 広報

こちらは男性の大浴場。奥にあるのが自家源泉「若乃湯」です。手前には「白旗源泉」を引いていて、こちらではふたつの源泉が楽しめます。

若乃湯草津館 広報

古い脱衣場ですが、すみずみまで磨かれていてとても清潔です。

若乃湯草津館 広報

こちらは女性の大浴場で、男性よりもかなり広いつくり。手前が「白旗源泉」、奥のたっぷりと広い浴槽が「若乃湯」です。

実際入浴してみると、とてもまろやかな肌あたりの良い湯。ピリリとしたあつ湯が多い草津の温泉の中で「若乃湯」はやわらかく、どの源泉とも違うというのがよくわかります。これはぜひ試していただきたい!

若乃湯草津館 広報
女性の脱衣場の雰囲気も温泉好きにはたまらない、昔ながらの旅情のある風景です。

清潔感のある広い和室でのんびりと

若乃湯草津館 広報

草津温泉は古くから続く宿も多く、日本の宿ならではの古い風情は素敵ですが、それゆえ客室にトイレがない宿も。

こちら若乃湯草津館の客室内はすべてリノベーション済みで、全室にトイレが完備されています。清潔感のある広い客室は、部屋でWi-Fiがつながるなど、快適に過ごすことができます。

若乃湯草津館 広報
各部屋には和室に2〜3畳の板の間のスペースがあり、8畳のお部屋でも広々とした印象があります。

若乃湯草津館 広報
窓の外は、草津温泉の中心部。どこへ行くにも便利な立地です。

近隣で採れる山菜、きのこなどをふんだんに楽しめる食事

若乃湯草津館 広報
食事は草津の山で採れる山菜やきのこを使った、季節を感じさせる料理です。ああ、こういう食事がしたかったと、素朴だけれど心のこもった料理の数々に、うれしくなります。

若乃湯草津館 広報
温かいものは温かく提供してくれます。一品一品ていねいにつくられた料理も評判です。

日帰り温泉の利用が可能

「若乃湯 草津館」は、日帰り温泉の利用が可能です。日帰り温泉は10時00分〜14時00分のあいだで入浴ができ、料金は大人800円・子供400円です。

土曜日のみ日帰り温泉がお休みの場合があるので、事前に問い合わせましょう。

「若乃湯 草津館」のアクセス・駐車場情報

「若乃湯 草津館」は、草津温泉のシンボル・湯畑の目の前。

「草津バスターミナル」から「湯畑方面」に進むと左手に「湯畑駐車場」があり、その目前に構えます。

東京方面より電車・高速バスでのアクセス

東京方面から「新特急草津」に乗車→JR「長野原草津口」降車→各JR関東バスの直通運転

東京方面より車でのアクセス

関越自動車道「渋川伊香保インターチェンジ」から59km

新潟方面より車でのアクセス

関越自動車道「沼田インターチェンジ」から62km

大阪・名古屋方面より車でのアクセス

上信越自動車道「上田菅平インターチェンジ」から63km

駐車場

駐車場は7台あり、玄関口に停車するシステムです。事前予約は必要ありませんが、混み合っている場合、付近の駐車場へ案内される場合があります。

「若乃湯 草津館」で自家源泉にくつろごう

ここでしか入れない温泉と、心のこもった温かいおもてなしに、身も心も温かくなる宿。ここは、自分だけの隠れ家を見つけたような気持ちにさせてくれる、本当は内緒にしておきたい宿。

草津温泉に立ち寄った際に、ぜひ試していただきたい名泉です。

若乃湯草津館(わかのゆ くさつかん)の施設情報

施設名若乃湯草津館(わかのゆ くさつかん)
住所群馬県吾妻郡草津町草津甲419(地図
電話番号0279-88-2027
URL http://www21.cx/932-kan/
アクセス湯畑まで徒歩0分
源泉白旗、若乃湯
料金1泊2食付14,000円
サービス全部屋数9、トイレあり、Wi-Fi(各部屋で接続可)、冷暖房、駐車場、各室にテレビあり(DVDなし)、ドライヤー(部屋にあり)、浴衣、冷蔵庫、各種アメニティあり、日帰り温泉可(10:00~14:00大人800円・子供400円)、大浴場備え付け(シャンプー、リンス、ボディソープ、化粧水など)

取材協力:若乃湯 草津館

草津温泉のおすすめ情報はこちら

草津温泉までのアクセス事情をもっと詳しく