【創業450年】草津温泉「望雲」の魅力を徹底解説!予約が取りにくい?美肌作用の源泉の効能は?

草津温泉 望雲

年間約300万人が訪れる名湯・草津温泉の高台に佇む、ホテル「望雲」。1559年(慶長4年)に創業し、長い歴史のなかで俳人・小林一茶をはじめ、日本を代表するたくさんの偉人たちが訪れています。

その評判は健在で、予約が取りにくい宿として有名。果たしてその魅力はどこにあるのか、草津温泉「望雲」が人気な理由を探ってきました!

本記事で掲載している情報は公開当時のものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

創業450年!ホテル「望雲」の歴史

草津温泉 望雲

1559年(慶長4年)に創業し、長い歴史を持つホテル「望雲」。古くより名だたる著名人が足を運んだとされる、歴史ある老舗ホテルです。

江戸の俳人・小林一茶が、同じく俳人でもあった望雲七代目を訪ねた際の再会の喜びを詠んだ句は、現在光泉寺に碑となり草津町の文化財となっています。

また、弥次喜多珍道中の作者十返舎一九も望雲を訪れ、その様子は「上州草津温泉道中」で確認できます。そのほかにも高村光太郎とその妻千重子、斎藤茂吉など名だたる文化人に愛されてきました。

和モダンのハイセンスな館内

草津温泉 望雲
歴史ある老舗宿と聞くと、純和風旅館を思い浮かべる人も多いと思いますが、望雲は純和風旅館とひと括りにはできないプラスの要素がたくさん。

古き良き伝統の和の趣を残しながらも、モダンな要素を随所に取り入れたハイセンスな宿なのです。

純和風の玄関をくぐり一歩なかに入ると、すぐにうれしい裏切りにあいます。ピカピカに磨かれた長い廊下、エレベーター前のギャラリー、外光をふんだんに取り入れた明るい館内は、開放的な空間でまるで美術館のよう

新館雲松庵の4階には、たくさんの本が置かれた談話室があります。

草津温泉 望雲

この談話室にはたくさんの本が置かれ、ゆっくりと読書ができます。無料のコーヒーサービスもあるので、湯上りにのんびりと過ごすことができます。

草津温泉 望雲
色浴衣が選べるコーナーもあり、お気に入りの浴衣が選べます。色浴衣付きの宿泊プランもあり、当日は500円で利用できます。


草津の四季が感じられるようにと、エレベーター前のギャラリーは四季折々の花で飾られています。広い館内をのんびり散策するのもとても楽しい時間です。

万代鉱と西の河原の2つの源泉を引く、源泉掛け流しの6つの風呂

望雲の温泉は全部で6つ。すべて源泉かけ流しで、源泉は「万代鉱」と「西の河原」のふたつです。

「万代鉱」は、ph(ペーハー)値が約1.5~1.7とかなり強い酸性。殺菌効果が非常に高く、美肌作用・神経痛・関節痛などの効能が期待できます。

「西の河原」の源泉はやわらかく、お肌の弱い人でも入りやすい温泉。慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期に効能があります。

草津温泉 望雲

こちらは「遊山の湯」。美しいシンメトリーの浴槽の左側が「万代鉱」、右側が「西の河原」源泉です。遊山の湯はこの浴槽のほかに、露天風呂があります。

強酸性の「万代鉱源泉」は、美肌作用抜群! だけど刺激が強いから、仕上げに「西の河原源泉」でお肌を洗い流すのがおすすめだゆ!

望雲は一度に両方の温泉に入れるから、バランス感覚が最高だゆ〜!

熱湯好き必見!「万代の湯」

草津温泉 望雲

こちらは「万代の湯」のお風呂。万代鉱の泉温は90℃以上あり草津温泉でもっとも高い源泉。その源泉のイメージを保ち、浴槽は少し熱めの温度で、熱湯好きにはたまらない風呂です。

草津温泉 望雲

万代の湯には、四季の季節が感じられる庭園露天風呂があります。

草津温泉 望雲
万代の湯までの道のりも風情があって素敵です。

草津温泉 望雲
脱衣所も清潔感があって広々。アメニティも充実しています。

やわらかい肌ざわりの「西の湯」

草津温泉 望雲

こちらは「西の湯」のお風呂。木のぬくもりが暖かく、のんびりと落ち着けるつくりです。源泉は「西の河原」で肌あたりが柔らかく、お湯がなじみやすいのが特徴です。

草津温泉 望雲

温泉街の共同浴場にあるような高い吹き抜けの天井。この雰囲気、温泉好きにはたまりません。

草津温泉 望雲

西の湯の露天風呂、「茶釜の湯」。3つの大浴場にはすべて露天風呂があるので、どの風呂に入っても内湯も露天も楽しめます。

食事はお部屋と食事処でゆっくりと

草津温泉 望雲

食事は地元の特産や旬の食材を使った目にも楽しい会席料理です。オススメはお部屋食。部屋でゆったりと食事ができます。

草津温泉 望雲

望雲がすごいのは、料理の提供の仕方。料理をいちばん良い状態で提供するので、温かいもの、冷たいものとを、4〜5回に分けて運んでくれます。

これまで何度も宿泊していますが、いつも提供のタイミングが絶妙なのです。中居さんのホスピタリティーの高さは、さすがの一言。

本館と雲松庵客室のふたつの棟から選べる客室

草津温泉 望雲

望雲の客室は、本館と雲松庵のふたつがあり、好みの部屋を選べます。雲松庵は露天風呂付きの部屋や洋室もあり、シチュエーションごとにいろいろ選べます。

古き良き伝統の和の趣を残しながらも、モダンな要素を随所に取り入れたハイセンスな宿「望雲」。いつ訪れても満足度が高いのは、施設の良さ、快適さに加えて、中居さんをはじめスタッフの皆さんのホスピタリティーの高さにあります。気持ちの込もった温かいサービスは、両親に感謝の気持ちを込めて招待したい宿。カップルでも、家族でも、世代を問わずきっと満足できる素敵な宿です。

草津温泉に足を運んだら、ぜひ訪れてみてくださいね。

望雲の施設情報

施設名望雲
住所群馬県吾妻郡草津町433
電話番号0279-88-3251
URLhttp://www.hotelboun.com
アクセス湯畑から徒歩5分
源泉万代鉱、西の河原
料金1泊2食付 本館16350円〜 雲松庵21750円〜(入湯税、消費税込)
サービス全部屋数43(本館19、新館雲松庵24)、トイレあり、加湿器、Wi-Fi、冷暖房、足もみ、整体あり、駐車場、各室にテレビあり(DVDは希望により貸し出し※数に限りがあります)、ドライヤー(部屋にあり)、浴衣、冷蔵庫、各種アメニティあり、売店あり、自動販売機あり、日帰り温泉可(日によって不可、事前に要問合わせ)、送迎あり(草津バスターミナルまで)、大浴場備え付け(シャンプー、リンス、ボディソープ、化粧水など)

草津温泉のおすすめ記事はこちら