【今話題】温泉街のおすすめ人気ランキングTOP10|食べ歩きも射的も楽しめる

shutterstock 540727147 728x485 - 【今話題】温泉街のおすすめ人気ランキングTOP10|食べ歩きも射的も楽しめる

その土地の魅力がギュッと詰まった、なんでも揃う“温泉街”。さくっと入れる足湯や共同浴場、温泉グルメが堪能できる食べ歩き文化など、ただ歩くだけでたくさんのお楽しみが待ち受けます。温泉街の魅力とは?  深掘りしてみました!

温泉街とは?


温泉街とは日本各地の温泉地にある、温泉宿や温浴施設、お土産屋さんなどの街並みのことです。

温泉地の読み方は「おんせんがい」「おんせんまち」。その土地の温泉をたっぷり満喫できる湯めぐりや、温泉グルメをお腹いっぱい楽しむ食べ歩き、さらには外湯めぐりなど、訪れた温泉地の魅力を一度にギュッとたのしめる魅力があります。

温泉街には何がある?


一般的な温泉街には、足湯、共同浴場、お土産物屋さんや飲食店などが軒を連ねています。わざわざ遠くへ足を運ばなくとも、その温泉地の魅力を心ゆくまで味わえる利点があります。

温泉街のある温泉地であれば、時間のない日帰り旅行や弾丸旅行など、ふと思いついたときにサクッとその土地の特色を堪能できるので、本当におすすめです。

温泉街ではフォトジェニック! 浴衣を着て散策しよう


湯上がりの火照った体で温泉街を散策しながら、その土地の名物グルメを食べ歩き。

そこで浴衣を着て出かければ、旅の想い出がもっと特別なものになります。日本ではほとんどの温泉宿で浴衣レンタルをおこなっていますし、温泉街のなかに本格的な着付けをしてくれる着物屋さんなど、ふだんなかなか切る機会のない浴衣を着る絶好のチャンス!

レトロな温泉街の美しい雰囲気と浴衣は相性も抜群です。温泉街を歩くなら、ぜひ浴衣で洒落込んで。

温泉街のおすすめ人気ランキングTOP10

さて、ここからは日本全国のおすすめ温泉街をご紹介。筆者がじっさいに訪れた場所から、全国屈指の温泉街など、選りすぐりの温泉街を集めました。

第1位:アクティビティが目白押し! 「草津温泉」(群馬県)


日本の代表的な温泉街といえば、群馬県の「草津温泉」の街並み。草津温泉のシンボルである「湯畑」を中心に、共同浴場や飲食店、お土産屋さんなどが軒を連ね、訪れた観光客を歓迎します。さらには草津温泉の名物である“湯もみ”を体験できる施設など、わくわくするアクティビティが目白押し。

第2位:昔ながらの温泉街の街並み! 「修善寺」(神奈川県)

神奈川県の修善寺温泉には、昔ながらの射的屋さんや、みごとな竹林が青空を染める休憩所など、温泉街らしい風情あふれる情景やサービスが満載。温泉街のいたるところに足湯があり、少し立ち寄るだけでも気軽に疲れが癒やせます。

第3位:数々の文人墨客に愛された温泉街「城崎温泉」(兵庫県)

城崎温泉

兵庫県「城崎温泉」は、与謝野寛・晶子や志賀直哉など、数々の文人墨客に愛された温泉街。軒を連ねる木造宿はノスタルジックな雰囲気に、陶酔してしまいます。7つある共同湯の湯めぐりで、古き良き湯治文化を体験してください。

第4位:温泉マニアがこぞって通う「別府温泉郷」(大分県)


温泉マニアがこぞって通う大分県の「別府温泉郷」。日本一の湧出量を誇り、全11種類に分類される泉質のうち10種類が揃うのは別府温泉の最大の特色。温泉街のあちこちから湯けむりが漂う風景や、「別府地獄めぐり」も人気です。

第5位:日本三名泉に数えられる「下呂温泉」(岐阜県)

下呂温泉

散策のたのしさに拍車をかける共同浴場や8つの足湯。日本三名泉に数えられる岐阜県「下呂温泉」は、静かな山里のなか「下呂大橋」の小川のせせらぎが感じられる贅沢な温泉街です。1枚1,300円の「湯めぐり手形」を購入すれば、加盟店舗3箇所に入れてとってもお得!

第6位:名物は365段の石段! 「伊香保温泉」(群馬県)

古くより湯治場として名高い「伊香保温泉」。400年の歴史ある伊香保温泉の名物である365段の石段、誰もが一度は目にしたことがあるはず。温泉まんじゅうが並ぶ饅頭屋や、レトロな遊戯場が旅情をそそります。

第7位:湯の坪街道がイチオシ! 「湯布院温泉」(大分県)


大分県湯布院の温泉街では、メインストリートである「湯の坪街道(ゆのつぼかいどう)」がイチオシ! 雑貨屋さんやカフェのほかに、白馬が歩く観光辻馬車や英国クラシックカーを改良したバス・スカーボロ、人力車など、じっさいに体験できるアクティビティが満載です。

第8位:都心から最短40分! 「熱海温泉」(静岡県)


都心から最短40分で行ける熱海温泉は、「熱海駅」の改札を出てすぐにある「家康の湯」という天然かけ流しの足湯や、熱海名物の干物土産が買えてとても便利。熱海サンビーチや起雲閣など、大人から子供まで満足する観光地で、日本三大名湯を満喫して!

第9位:出雲大社に近い立地が魅力! 「玉造温泉」(島根県)

出雲大社のすぐ近くにある玉造温泉の温泉街。夜の温泉街を散歩したい! という方向けに、ぼんやり灯るちょうちんの無料貸出も。かわいい浴衣でめかしこんで、旅の想い出をフォトジェニックに彩ってくださいね。

第10位:身も心も満足できるおもてなし「野沢温泉」(長野県)

江戸時代より守られ続けてきた13の清潔な外湯は、100%天然かけ流し。名物の「おやき」や山菜、無料の外湯など、身も心も大満足するおもてなしが随所に散りばめられています。「野沢温泉」ならではの情緒あふれる景観、ぜひ一度その目でご覧ください。

温泉街は温泉以外にも魅力がいっぱい!


個性あふれる共同浴場やお土産屋さん、飲食店など、その土地の魅力がたっぷり詰まった“温泉街”。せっかくですので、訪れたらぜひ浴衣で散策してみて。おうちで見返す旅の写真には、きっと笑顔のあなたが微笑んでいるはず!

温泉街の関連記事はこちら