岩盤浴の正しい入り方|効果を上げるポイント5つ!ダイエット方法も

pixta 13976526 M 728x486 - 岩盤浴の正しい入り方|効果を上げるポイント5つ!ダイエット方法も

ダイエットや美容に最適とされる岩盤浴。そんな岩盤浴の正しい入り方と、岩盤浴の効果を上げるポイントをご紹介します。岩盤浴で健康効果を高めて、心と身体を癒やしましょう。

岩盤浴とは?


岩盤浴とは、温められた天然鉱石の上に寝転び、身体を温めることによって健康効果を期待するサウナ形式のお風呂です。お湯がいらない温熱浴で、天然鉱石の温度が約40℃〜60℃、湿度が60℃~80℃程度の蒸し暑い室内のなか、全身をじんわりと温めます。

岩盤浴は身体の表面から温めていくサウナと違い、身体の芯からじんわり温めてくれるので、60〜90分と、サウナより長い時間滞在することが可能です。大量の発汗作用があり、新陳代謝の活発化によって身体の中に溜まった毒素や老廃物を排出する効果があります。

岩盤浴で使用される“天然鉱石”とは?

岩盤浴に使用される天然鉱石は、主に天然石や岩石となります。一般的な岩盤浴施設では温水または電熱によって加熱された天然鉱石の上に横たわり、そこから発生する遠赤外線による輻射熱によって身体の芯からじんわり温め、大量の発汗を促します。

岩盤浴でかく汗はサラサラ!

遠赤外線の力でおこなう岩盤浴では、サウナと違って粒子の細かい“サラサラの汗”が出ます。これは“天然の化粧水”と呼ばれるほど保湿効果が見込める、“皮脂腺”から出る汗のこと。

日常生活ではなかなか開きにくい“皮脂腺”から出る汗には、体内にたまった毒素や老廃物を促し、新鮮な皮脂を放出する働きがあるのだとか。お肌の保湿を助けてくれたり、免疫力を補ってくれたりするので、「岩盤浴のあとはお肌の調子がいい」といった嬉しい声も、よく聞こえてきます。

岩盤浴で見込める健康効果

・新陳代謝の活発化
・血行改善
・冷え性
・むくみ
・糖尿病など生活習慣病の症状改善
・癒やし効果など

岩盤浴の正しい入り方は?


ここからは初めて岩盤浴を利用する方に向け、岩盤浴の正しい入り方をご紹介します。

基本的に岩盤浴は、スーパー銭湯やスパに併設されています。施設の受付で「岩盤浴」を利用したい旨を伝えると、岩盤浴専用の服装である作務衣とバスタオル・フェイスタオルを一式レンタルすることが可能です。

岩盤浴は通常、全裸で利用することはありません。岩盤浴の施設を利用するのに指定の服装があり、一般的には作務衣等の専用浴衣が用意されています。作務衣は無料でレンタルしているところがほとんどですが、バスタオル・フェイスタオルは有料の場合があるので注意しましょう。

バスタオルやゴザを敷いて清潔に

岩盤浴を利用する際、温められた天然鉱石の上に、岩盤浴用に貸し出されるバスタオルやゴザなどのシートを敷きます。これは岩盤浴による低温やけどの防止と、岩盤浴を清潔に利用するために必ずおこないましょう。

お化粧は落とすべき?

岩盤浴を利用する際、お化粧は落として入るのがマナーです。どのみち大量の汗で化粧は崩れてしまうので、事前にしっかりメイクオフしておきましょう。岩盤浴デートなどでどうしてもお化粧を落としたくない場合、眉毛用ティントやリップティントを使用するのがおすすめです。ティント系メイクはメイクオフをしても色が落ちないので、完全にすっぴんになってしまうのを防げます。

水分補給をしっかり!

岩盤浴中は大量の汗をかくため、入る前と出た後に、水分補給をしっかりおこないます。

大抵の岩盤浴施設には、岩盤浴の入り口にウォーターサーバーを完備している場所がほとんどなので、そちらでこまめに水分補給をおこないましょう。また、ペットボトルの持ち込みができる場所もあるので、事前に準備していくのも良いでしょう。

さらに体温の急激な変化を避けるため、水分補給はなるべく常温水でおこないましょう。岩盤浴では水分補給からの発汗作用で新陳代謝が活発になるので、ダイエットにもぴったりです。

岩盤浴の効果を上げるポイント5つ


せっかく岩盤浴を利用するのであれば、岩盤浴の効果を上げる正しい入り方を抑えておきましょう。

岩盤浴の効果的な入り方:1

岩盤浴に入る前、事前に水分補給をおこないます。それから足湯かシャワーで10分程身体を温め、汗をかきやすい状態に整えます。

岩盤浴の効果的な入り方:2

準備が整ったら、岩盤浴にうつ伏せの状態で5〜10分寝転びます。先に内蔵を温めることによって、身体が温まりやすくなります。

岩盤浴の効果的な入り方:3

うつ伏せで温まったら、次はあお向けの状態で10〜15分寝転びます。ふだん温まりにくい背中やお尻がじんわりと温まって、とても気持ちがいいですよ。

岩盤浴の効果的な入り方:4

あお向けで身体を温めたら、15〜20分の休憩を挟みます。その時に水分補給をしっかりおこない、のぼせや脱水症状になるのを防ぎましょう。

岩盤浴の効果的な入り方:5

上記でご説明した2〜3を3回繰り返せば、岩盤浴の効果が高まります。3回以上繰り返すと必要以上に体内のビタミンやミネラルが排出されやすくなってしまうので、過度な滞在は控えましょう。岩盤浴でかく汗はサラサラとしていて保湿効果があるので、シャワーで流さないことをおすすめします。

岩盤浴を使ったダイエット方法


さて、ここまで岩盤浴について詳しくご紹介してきましたが、そこで気になるのが岩盤浴によるダイエット効果。これまで岩盤浴には身体の芯からじんわり温めてくれるとご説明した通り、岩盤浴には毒素や老廃物を排出する効果があります。身体を温めることによって基礎代謝が上がり、全身の血行が促進されたり、リンパの流れが良くなったりと、痩せやすい身体をつくることが可能です。

基礎代謝が上がると体内の皮下脂肪にも作用し、“何もしなくても痩せる”状態になるのだとか。ほかにも冷え性防止をはじめ、腸の動きを活発化させる効果があるので、女性や高齢者、ダイエット中の方は積極的に岩盤浴を取り入れましょう。

岩盤浴のダイエット方法としては、前述した“岩盤浴の効果的な入り方”を実践するだけ。ただし一度きりの利用では効果は持続しないので、週1〜3程度と継続して岩盤浴をおこないましょう。1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後と、体調が整う実感が得られるはず。毒素や老廃物が排出されることで身体がスッキリするだけでなく、血行促進効果によって顔色がよくなり、健康的な見た目に近づきます。

5. 岩盤浴で健康的な身体を手に入れよう!

岩盤浴でかくサラサラの汗は美容にうれしい天然の化粧水であり、血行促進や身体の毒素を排出、さらにはダイエットにも効果的という岩盤浴。岩盤浴の正しい入り方と効果を上げるポイントをしっかり抑えて、岩盤浴に出かけてくださいね。

関連記事はこちら

pixta 13976526 M 360x230 - 岩盤浴の正しい入り方|効果を上げるポイント5つ!ダイエット方法も