ロウリュウサウナとは?岩盤浴との違いは?痩せる効果や人気のスポットについても

pixta 32200416 M 728x486 - ロウリュウサウナとは?岩盤浴との違いは?痩せる効果や人気のスポットについても

ロウリュウサウナとは、昔から日本に根付いている一般的なサウナとは一風違うサウナの様式の一つです。昨今、東京をはじめ地方でもロウリュウサウナを体感できる施設が増え、そのロウリュウサウナという名称も耳にする機会も多くなってきました。

今回はそんなロウリュウサウナ(ロウリュ)について、意味や歴史、特徴から効果までをまとめてご紹介したいと思います。ロウリュウという名前を聞いたことはあっても実際によくわかっていなかったという方には必見です。

ロウリュウサウナ(ロウリュ)とはそもそも何?


ロウリュウサウナ、別名ロウリュとはいわゆる、サウナの一種です。
日本で一般的なサウナと違う点は、温度が比較的低く、湿度が高いところです。

一般的な日本のドライサウナといわれるサウナは、100℃前後なのに対し、ロウリュウサウナは80℃前後で中温多湿のサウナと呼ばれます。フィンランド発のロウリュウサウナはサウナ室の中で、熱したサウナストーンに水やアロマオイルをかけ、蒸発させることによりリラックス効果を得ることができます。

適切な温度は?熱くない?

ロウリュウサウナは一般的なドライサウナと違い、温度自体は低いのですが、日本のロウリュウサウナではアロマ水を蒸発させた後にうちわなどで仰いで熱波を送る様式が普及しており、その熱波によっては瞬間的にかなりの高温を体感することになります。

熱いサウナが苦手な方は熱波を直接受けるようなサウナストーンの近くなどは避け、うちわから離れることをおすすめします。そうすることで快適な70℃から60℃のロウリュウサウナを楽しむことができます。

水蒸気によって湿度が高いのも特徴!

ロウリュウサウナは、前述のようにサウナストーンにアロマ水をかけることで水蒸気を発生させます。その水蒸気を体に浴びることで体の芯から体感温度を上げ、湿度によって発汗を促すのが最大の特徴です。

アロマ水も特徴的!

アロマ水とは、アロマオイルを加えた水のことです。サウナストーンに直接アロマをかけるロウリュウサウナに一般的なアロマオイルを用いると、香りがキツくなり過ぎてしまいます。そこで使用されるのがアロマ水。リラックス効果のあるアロマの香りが精神を和らげてくれます。

発祥の国はフィンランド?意味や歴史は?


ロウリュウサウナ発祥の地はフィンランドです。日本では近年ようやく定着しはじめたロウリュウサウナですが、サウナ大国と呼ばれるフィンランドでは比較的ポピュラーなサウナ利用法の一種なんだとか。『ロウリュウ』とは、フィンランド語で「蒸気」を意味する言葉なんだそうです。

ロウリュウサウナ発祥の地はフィンランドであるとご紹介しました。しかし、現在日本で親しまれているロウリュウサウナと、本場フィンランドで日常的に実践されているロウリュウサウナとでは微妙に様式が異なることをご存知でしょうか?例えば、本場フィンランド式のロウリュウには、日本のように係の方がタオルやうちわで扇いでくれるといった習慣がないんです。それもそのはず、日本で親しまれているロウリュウサウナの様式、実はこれドイツ発祥のアウフグースという温浴法に似ているんです。

ロウリュウの岩盤浴との違いは?アウフグースやバニャとはどう違う?

Interior Of The Sauna – Window, Fireplace, Nobody

ドイツ発祥のアウフグースは日本と同じく、大衆浴場などで利用できるサウナの一種。ドイツのアウフグースには、マイスターと職人が在籍していて日本と同じようにタオルなど扇ぐことで蒸気を拡散してくれます。つまり、日本式のロウリュウサウナは、ドイツのアウフグースを参考にした温浴法だったんです。名前はフィンランド式、内容はドイツ式という面白い文化が日本に根付いたという訳なんですね。

日本にロウリュウサウナが導入されたのは1995年のこと。名前はフィンランド式ですが、導入当初からドイツ式の内容が導入されていたんだとか。20年以上の時を経て、現在じわじわブームになりはじめているんです。みなさんも、ロウリュウサウナを利用した際は、是非フィンランドやドイツに思いを馳せてみてください。

ロウリュウサウナの正しい入り方について

Two beautiful laughing females sitting on the bench and talking in sauna. Wellnes.

ロウリュウサウナは通常のドライサウナと同様に、入る前後に水分を十分にとってからおこないます。入る前は湯船につかり、かるく身体を温めると、発汗作用が高まって効果的。時間は大体8〜12分にとどめ、具合が悪くならないよう、無理のない範囲で滞在しましょう。

ポイントは水風呂!

ロウリュウサウナで身体が充分温まったら、汗を流してから水風呂に入りましょう。ロウリュウサウナで火照った身体を一気にクールダウンし、ひき締めることで湯冷めしにくくなる効果があります。その後露天で外気浴をしながら、じっくり水分補給をおこなえば、緊張した身体がじわじわとほぐれ、高いリラックス効果を得られます。

ロウリュウのダイエット効果で痩せるのは本当?メリット・デメリットについて

Smiling woman relaxing at sauna with friend in background

ロウリュウサウナには、全身を温めて血行を促進させる効果があります。全身が温まることで新陳代謝が高まり、脂肪を燃焼しやすいカラダづくりをサポートします。週2〜3回の利用でも充分効果があるので、ふだん運動不足の方や食べるのが大好き!という方に、ぜひおすすめしたい気軽なダイエット方法です。

とはいえ1日に何度も入ると脱水症状をおこしやすくなるため、入る回数は8〜12分×3セットに抑え、それ以上の利用は控えましょう。ロウリュウサウナでは大量の発汗によって全身の水分が奪われやすくなるので、水分補給を必ずこまめにおこなってくださいね。

ロウリュウサウナ以外の基本知識記事はこちら