温泉の前にスプレーするだけ!タトゥーが簡単に隠せるアイテムが爆誕

7 728x460 - 温泉の前にスプレーするだけ!タトゥーが簡単に隠せるアイテムが爆誕

「温泉に行きたいけど、タトゥーのせいで入れない」
「一緒に温泉に行く友達に、傷跡を見られたくない」

こうした、タトゥーや身体の傷跡による悩みを抱えている人は少なくありません。

そんな問題を一気に解決してくれる画期的な商品が開発されています。

その名も「body concealer(ぼでぃ こんしぃら)」。身体にスプレーするだけで、まったく違和感なく、簡単に落ちることもなく、タトゥーや傷跡を隠してくれます。

なんと一回のスプレーで1週間ほど効果が持続するという優れもの。誰もが心地よく温泉を楽しめる未来に向けた、次世代プロジェクトが動き始めました。

スプレーするだけ!超簡単でバッチリ隠せる「body concealer」の底力

タトゥーを隠したいところにシュッと吹きかけるだけでいい「body concealer」。

その魅力は、①簡単に使える、②違和感がない、③落ちにくいの3つです。

タトゥーや傷跡を隠したい部分にスプレーし、ベビーパウダーでなじませるだけでOK。肌の色に合わせて4色が展開されているため、隠していることがバレるという心配もありません。日焼けしている部分とそうでない部分など、スプレーを使い分ければより効果的です。

完全防水&効果は最大1週間!

うれしいことに、「body concealer」は完全防水。そのため、簡単には落ちません。

しかもたった1回のスプレーで、最大1週間ほどもつという、おどろきの耐久力

一方、すぐに落としたいときはアルコール入りのウェットティッシュで拭くだけでOK。

 

たとえば海水浴に行く前にスプレーしておけば、海で遊んでいるときはもちろん、そのあとに温泉に行っても効果は持続します。次の日にまた海に出かけるときもスプレーしなおす必要はありません。完全防水なので汗でにじむこともなく、服に色うつりする心配も無用です。

「防水の粉を肌につけて大丈夫なの?」と思う方もいるかもしれません。しかしご安心を。特殊メイク用の顔料なので高い効果をもちながらも肌によくなじみます*

* 使用前は必ずパッチテストを行ってください。口や粘膜への使用は控えてください。

外国人の仲間にガッカリしてほしくない!NZ出身社長の思い

日本の温泉施設の多くが「刺青・タトゥーお断り」となっています。日本でタトゥーを入れている人はおよそ2%ほどと言われており、ごく少数派です。また、刺青には反社会勢力のイメージがつきまとい「お風呂で刺青の人を見ると怖い」と感じる人も多くいます。

日本でも徐々にファッションとしてのタトゥーが広がってきているものの、人々の恐怖心を取り除くのは難しいでしょう。

一方欧米ではタトゥーを取り巻く状況が大きく異なります。欧米諸国では国民の4分の1から半数ほどがタトゥーを入れており、文化として定着している国が多いです。日本を訪れてタトゥーのせいで温泉に入れないことに戸惑う外国人も多いといいます。

2019年にラグビーワールドガップが開催される大分県などでは、タトゥーを入れた外国人を受け入れる動きも広がっていますが、すべての温泉でOKとはなっていません。全国でもタトゥーをめぐる問題は議論の真っただ中にあります。

body concealer の開発を進めているのは、株式会社pāhi(パーヒ)の長山太陽男(あきお)社長【写真右】らです。

長山社長はニュージーランド出身。タトゥーがあるために温泉に入れずガッカリしてしまった仲間を多く知っており、「温泉という日本文化が体験できない」という仲間たちの悩みを解決したい一心で開発を進めています。

外国ではタトゥーが文化になっていると徐々に知られてきていますが、タトゥーに警戒心を抱いてしまう人が多いのも事実です。body concealer を使って違和感なくタトゥーを隠せれば、タトゥーを入れている人も、まわりの人も、お互いに気持ちよく温泉を楽しめるのではないかと長山社長は考えています。

従来のタトゥーを隠すシールでは色味が合わなかったり途中で剥がれてしまったりして、タトゥーを入れている人にとって使いやすいものではありませんでした。しかしbody concealer なら手軽できれいに隠せるのでストレスを感じることはありません。

 

タトゥー以外にも 使い道は広がっています。

body concealer で、火傷の痕・アザ・ニキビなど、肌の目立つ部分を隠すこともできます。「友達と温泉に行きたいけど、傷を見られたくない」という悩みも body concealer が解決してくれそうです。

クラウドファンディングスタート!お得に買えるチャンス

2019年8月1日(木)、訪日外国人向けプロジェクトに特化したクラウドファンディングサイト「JAPANKURU FUNDING」で body concealer の開発プロジェクトが公開されました。目標金額は100万円で、2019年8月いっぱい受け付けています。

集めた支援金は、量産化に向けた開発やプロモーション、製品の改良に使われます。

支援金額は2,000円から代理店向けの20万円まで幅広く設定されていて、3,000円以上の支援をすると、金額に応じた本数の body concealer が後日リターンされます。もちろん好きな色を選べます。

body concealer は定価4,000円で予約販売も行っていますが、3,000円の支援で1本のリターンがあるなどクラウドファンディングの方がお得になっています。「ほしい!」という方は、安くて開発の助けにもなるクラウドファンディングがおすすめです。

 

東京オリンピック・パラリンピックを来年にひかえ、ますます多くの外国人が日本を訪れるようになります。body concealer のおかげで、だれもが気持ちよく日本文化である温泉を体験できる未来が近づいています。

出典:@Press

人気の温泉レポート記事はこちら

温泉の正しい入り方を学ぼう