【恐怖】まるで廃墟の肝試し?!究極にひなびた、栃木県・那須湯本の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

DSCF6604 728x546 - 【恐怖】まるで廃墟の肝試し?!究極にひなびた、栃木県・那須湯本の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

古くて少し寂れているけれど、そこにしか出せない、絶妙な風情が魅力の「ひなびた温泉」

昭和のまま時が止まったかのような空間は、数十年もの長い年月が蓄積され、新しいものや豪華に作り込んだものには、決して出せない独特の味があります。

その魅力は、「廃墟」に感じる郷愁にも似たようなもの。そんな「ひなびた温泉」を愛する人って、意外と多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、「ひなびた温泉」の代表格ともいえる栃木県「老松温泉 喜楽旅館」

ひなびすぎて一見廃墟にしか見えない、究極の「ひなびた温泉」です。

那須湯本温泉の外れにある「老松温泉 喜楽旅館」

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

観光地感ゼロ

栃木県の名湯「那須湯本温泉」の外れに佇む、「老松温泉 喜楽旅館」

人気観光地である那須湯本温泉のエリアですが、ここにはまったく「観光地感」がありません。

湯本の大通りから1本それた住宅街の道のさらに奥。車が通れない細い砂利道の行き着くと、その手前の広いスペースが旅館の駐車場です。

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

謎の人形の首が転がる、ホラー映画さながらの道中

駐車場から「喜楽旅館」までは徒歩で向かいますが、人気のない鬱蒼とした砂利道は、何年も放置されているであろう車や、謎の人形の首が転がる、ホラー映画のような不気味なロケーションです。

ひなびを超えた「廃墟」な温泉

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

は、廃墟……?!

駐車場から歩くこと約3分。そこには、ボロボロに崩れた廃墟が……。

跡形もなく崩壊した外観は、廃墟に感じる「郷愁」よりも、「悲哀」を感じる切なさがあります。

……と、じつはこの建物が、今回の目的地「老松温泉 喜楽旅館」。

「ひなび」を軽く超越した外観は、廃墟マニアもびっくりの光景です。

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」。きちんと営業しています

ご安心ください。完全に崩壊した建物は旅館の一部分。残り部分は健在で、ちゃんと温泉として営業しています。ただ、その他の部分もかなりの「ひなび」具合です。

ゾクゾク! 肝試し気分があじわえる、薄暗い館内

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

「肝試し」と呼ぶにふさわしい、薄暗く湿気た空間

受付は、廃墟な建物の道を挟んで向かいの建物の中。穏やかな雰囲気のご主人に入浴料を支払い、温泉の説明を受けます。

やさしいご主人との話にほっこりしたのもつかのま。館内に入ると、外観同様にボロボロ。

しかも薄暗く湿気た空間は、温泉に来たというより、「肝試し」という言葉が似合います。

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

ズバリ、こわい!

一部壁がはがれていたり床が抜けていたりと、そこは恐怖すら感じる雰囲気。

温泉へのワクワク感よりも、にじみ出る不気味さからかゾクゾク感が上回る、ある意味貴重な空間です。

安堵感すら感じる「ひなびた」浴室

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

温泉はしっかり手入れされ、安堵感を感じるほど清潔

ボロボロの館内を慎重に歩いた先。浴室は建物の地下部分にあります。

浴室は男女別の内湯のみ。年季の入った木の湯小屋は、絶妙に「ひなび」ています。

そこはまるで、昔ながらの「湯治場」のような風情。

「以前はここも湯治のお客さんでにぎわったのだろうな」……そんな光景を思い浮かべながら、時間を超えた空想にふけると気分はほっこり。

大きな窓のおかげで明るく、不気味な館内とは対照的で、安堵感すら感じる「癒し」の空間です。

また、古いながらもしっかりと手入れされ、清潔に保たれているのも好印象でした。

 

お湯は乳白色の「硫黄泉」

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

入りごたえのある、濃厚な硫黄泉

そんな浴室には湯船が2つありますが、ひとつはお湯が抜かれています。

もうひとつの湯船には乳白色のお湯が注がれ、アロマテラピーのようにさやわかな「硫黄」の香りが漂います。

その香りに誘われお湯に身体を沈めると、水道水とはあきらかに異なるまろやかな肌触り。湯温はぬるめのため、何時間でも入っていられそうな長湯向きです。

つかっていると、ジワジワ成分が肌に浸透してくるような入りごたえのある感覚。やさしいながらも濃厚さを感じる、効能がありそうなお湯です。

 

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

飲泉も可能。ご主人いわく、「二日酔い」に効能あり

那須湯本といえば「酸性」の刺激的な硫黄泉が主流ですが、ここはそれとは違う自家源泉。同じ硫黄泉ではありますが、刺激の少ない「弱アルカリ性」なのだそうです。

飲泉用のコップがあるので、飲んでみると甘味と苦味を硫黄の風味が包み込む、いかにも効きそうな味。ご主人いわく「二日酔い」にはとても効能があるお湯なんだとか。

ちなみに源泉の温度は30度ほどと低温のため、加温こそしていますが、浴槽はそのまま贅沢に「源泉かけ流し」。

湯口は加温源泉、非加温源泉の2つが有り、それぞれセルフで湯温調整することができます。

 

今後もずっと残っていてほしい温泉と空間

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

ご主人の体力低下もあり、建物の手入れが満足にできない現状

「ひなび」過ぎて半分廃墟と化した「老松温泉 喜楽旅館」。お湯は那須湯本では貴重な「弱アルカリ性」の「硫黄泉」と、まさに「那須の珍湯」と呼ぶにふさわしい温泉です。

そんな温泉を切り盛りするのは、現在ご主人おひとりとのこと。

穏やかでやさしい人柄が魅力の素敵な方ですが、近年は体力の低下もあり、建物の手入れも満足にできない状態なのだそうです。

そのため、このような奇跡的な空間をつくり出していますが、いつかはなくなってしまうのかな、と思うと寂しい気持ちになります。

栃木県・那須湯元の珍湯「老松温泉 喜楽旅館」

ずっと残っていて欲しい、素敵な温泉でした

「ぬるめのお湯なのでじっくり入って温まってください」というご主人のやさしい言葉とともに、いつまでもこの姿のまま残ってほしいと心から思う温泉です。

「老松温泉 喜楽旅館」の施設情報

施設名 老松温泉 喜楽旅館
住所 栃木県那須郡那須町湯本181
電話番号 0287―76―2235
URL
泉質 弱アルカリ性の硫黄泉
泉温 77.1℃
pH
湧出状況
湧出量
加水 なし
加温 あり
消毒 なし
かけ流し 完全かけ流し

温泉王子・小松歩の温泉コラムをもっと読む