バスボムとは?手作りの方法3STEP&使い方や材料費も!

バスボムの写真

「バスボム」は、お湯に入れるとシュワシュワと発泡する固形タイプの入浴剤。バス用品専門店などで色とりどりのバスボムが売られているのを見たことがある人は多いはず。本記事では、バスボムの基本情報から、手作りのやり方までを取り上げます!

1.バスボムとは?

溶けるバスボム
「バスボム」(バスボール)は、重曹(炭酸水素ナトリウム)とクエン酸の化学反応を利用した固形入浴剤のこと。お湯に浸すと二酸化炭素を発生させて発泡するのが特徴です。メリットとしては、お湯が弱アルカリ性になり、美肌効果などが期待できます。花王のロングセラー入浴剤「バブ」もこのバスボムの一種です。

バスボムは、バス用品を取り扱う「ラッシュ(LUSH)」など、さまざまなショップで購入可能。色や香りなどバリエーションも多彩で、その日の気分や好みで使い分けられて楽しいです。

2.バスボムの使い方は?

バスボムの使い方はとっても簡単。お湯を張った浴槽にバスボムを1個投入するだけでOKです。シュワシュワと泡が出て、お湯の色が変わっていく様子を見ているだけでもワクワクしますよ。

3.とっても簡単! 3STEPでバスボムを手作り

クエン酸
バスボムは大好きだけど毎日使うのは経済的に厳しい……という人は手作りするのがおすすめ。手順はたったの3STEP。ぜひチャレンジしてみてください!

【材料(20gのバスソルト8個分)】
・重曹   100g
・クエン酸 50g
・片栗粉  50g
・水    少々(霧吹きに入れる)

STEP01:材料を混ぜる

ボウルに重曹、クエン酸、片栗粉を入れ、スプーンなどで混ぜます。

STEP02:水を加えてさらに混ぜる

水を霧吹きを使って少しずつ(5回ほど)加えながら、さらに混ぜていきます。シュワシュワと音がすると水が多い証なので抑えましょう。手で触ってみて少ししっとりするくらいがベストです。

STEP03:ラップに包んで固める

材料を混ぜたものを20gずつラップに包んで丸くし、半日~1日寝かせて固めます。ラップではなく、型に流して成型してもOK。

好みのアレンジをしてみましょう!

バスソルトや入浴剤を加えると、色や香りをつけることができます。「STEP02」が終わったタイミングで入れるようにしましょう。

4.材料は100均で買うのがおすすめ

重曹やクエン酸などの材料は、100円ショップ(100均)でも購入可能。好みにアレンジするためのバスソルトや入浴剤も入手できます。費用は数百円で済むので、できる限り低予算でバスボムを作りたい人は要チェック!

5.バスボムを手作りして上質なバスタイムを!

バスボムのギフト風
香りと色が豊かなバスボムは、自宅でのお風呂をより上質なものにしてくれます。購入するのもいいですが、ときには手作りすると愛着がわいて、バスタイムをもっとエンジョイできますよ!

関連記事はこちら