【日帰りも一泊も】温泉旅行の持ち物チェックリスト

pixta 32569494 S - 【日帰りも一泊も】温泉旅行の持ち物チェックリスト

こんにちは。一泊程度の旅行であれば、財布とスマホしか持たない女子力低めミニマリスト稲葉です。
持ち物って、女性・男性でもそれぞれ違ってくると思いますが、定番の持ち物からあったらより充実する持ち物まで、幅広くまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

1.日帰り温泉の持ち物は意外に多い?


温泉施設によって用意されているものが異なるため、必ず下調べをしてから準備を始めましょう。

タオル類

レンタルがほとんどですが、もってくることを前提とした施設や購入しなくてはならない施設もあります。節約にもなるので、自分の好きなタオルを持って行くといいでしょう。

ドライヤー

こちらも基本的には置いてあることがほぼですが、タオルと同じく有料のことも。旅行用のコンパクトなドライヤーを持って行けるといいかもしれないです。

化粧品類(スキンケア)

シャンプーなども含め、いつも自分が使っているものが1番ですよね。女性は特に化粧水や乳液など持ち物が多くなりがちですが、そこは小分けにするか試供品など、使いきりのものを持っていけると便利かもしれません。
お風呂のあとお化粧直しがしたい女性は化粧道具も必要ですね。

歯磨きセット

歯ブラシは筆者の経験上ほぼ置いていません。きっとお食事もすると思いますので、虫歯にならないよう持っていきましょう。

着替え

日帰りとはいえ、お風呂から出て着てきたものをまた着るのってちょっといやですよね・・・。せめて下着だけでも綺麗なものを持っていきましょう。

これだけ見ると、意外と大きめのバッグが必要になりそうですね。

2.温泉旅行の最低限必要な持ち物


上記に加えて、宿泊で必要な持ち物をまとめてみました。

日数分の着替え

温泉に限らず、日数分の旅行先で着る服は持って行きたいですね。コーディネートが上手な人は少ないアイテムを着回しでいけるかもしれません。ちなみに筆者は1泊なら下着と靴下しか持って行きません。

充電器

今やスマホや携帯なしで出かけるのは困難なのではないでしょうか。ホテルの予約も行き方もスマホに頼ることが多いと思いますので、充電器は必要と言えるでしょう。

3.女性が必要な持ち物

化粧道具

きっと旅行先ではたくさんの思い出を写真に残すでしょうから、お化粧道具は必須ですね。

髪留め

髪が長い方は、ちゃんと束ねて浸からないようにするのが、温泉に入る際のマナーです。

生理用品

リズムが正確できちんと把握できる方には不要なこともあるかもしれませんが、一緒に行く友達だったり、いつもと違っていきなりということもありえますので、持って行けると安心ですね。

4.男性に必要な持ち物

髭剃り

意外と大事です。施設によっては常備されていることもありますが、簡単なカミソリなので傷つきやすいです。皮膚が弱い方だと負けてしまうこともあると思うので、使い慣れているものを持って行けるといいですね。

5.あったら便利な持ち物

デジカメ

高性能なカメラを持ち合わせたスマホの普及により不要になりつつあるコンパクトカメラ。とはいえ綺麗な写真を残したい!ということであれば持って行くべきかも。最近はレンタルなんかもありますしね!

小さめのバッグや巾着

館内やちょっとしたお散歩に1つあるととっても便利です。

小銭入れ

旅行ですのでたくさんお財布に現金が入ってることもあると思います。ちょっとしたお散歩に少しだけお金を持って行きたいこともあると思うので、小銭入れを別で持って行くと便利ですね。

ビニール袋

濡れたタオルをバッグにいれたくはないですよね。化粧品類なんかも液体なのでバッグが汚れやすいです。ちゃんと拭いたり乾かすことができれば不要かもしれません。

衣類圧縮袋

お土産を買ったりするので、旅は行きよりも帰りの方が荷物が増えがちです。圧縮袋でできるだけコンパクトにできるといいですね。

トランプやUNOなど

お部屋での時間を充実させるのにトランプなど遊びコンテンツを1つ持って行くとより楽しいかもしれないですね。(普段トランプってなかなかやらないですし)

6.意外に必要ない持ち物

ゆっくりとくつろぎながら読む本。素敵かもしれませんが、一人旅行ならまだしも、意外とかさばりますし、他にその時しかできないことを楽しむ方が有意義な気もしますね。

イヤホン

こちらもせっかくの旅行なのに、自然な音を遮断してしまってはもったいないですよ!

7.持ち物の取捨選択を


手ぶらで行けるスーパー銭湯が増え始めた昨今、温泉旅館の設備が充実してきていることや、近くのコンビニで下着なんかも手に入る時代になったことで、全てのアイテムが必要とまでは言えないかもしれません。ただ、備えあれば憂いなし。いざというときに困らない程度には持って行きたいですね。安心も1つの持ち物です。

関連記事はこちら