【草津の三大共同浴場とは?】無料で観光客も利用できる共同浴場・足湯がすごい!

白旗の湯

「草津温泉」に訪れた際は、無料で開放されている「三大共同浴場」を利用するのがおすすめ。草津温泉のシンボルである「湯畑」付近にあるので、観光がてら、ふらりと行くのに便利です。草津の名湯を無料でたのしめるなんて、本当に感激!

草津の三大共同浴場

草津に来て、宿泊しているホテルや旅館の温泉を楽しむだけではもったいない。観光客でも利用できる三大共同浴場をご紹介しましょう。

群馬県の「草津温泉」には、無料で利用できる共同浴場が3ヶ所存在します。この共同浴場はもともと地元民のために開放されていた温泉でしたが、現在は一般の観光客も利用することが可能です。

共同浴場は草津民によって管理されているので、立ち寄る際はマナーをもって入浴しましょう。

共同浴場や足湯について知らない方はこちらをチェック

草津温泉についてもっと深く知りたい方はこちらもチェック

いつも大賑わい! 草津名物の“無料”三大共同浴場

3つある共同浴場はそれぞれ、浴槽もお湯の肌触りも異なり、湯めぐりで違いを楽しむのに打って付け。宿の温泉と違い、地元の人たちとの触れ合いも楽しめます。

その1:源頼朝が発見! 草津最大の共同浴場「白旗の湯」

草津・白旗の湯
草津温泉の中心地である「湯畑」の目の前に構える「白旗の湯」。草津温泉の三大共同浴場のなかで一番広く、周辺に宿泊する観光客や、目の前の駐車場に車を停めて利用する方でにぎわいます。

建久4年(1193)源頼朝が浅間山麓にて巻狩をした際にたまたま発見し、入浴したとされる温泉です。当時は「御座の湯」と称されていましたが、明治30年(1897)に源氏の白旗に因んだ「白旗の湯」に改称され、現代まで親しまれています。

内湯には男女それぞれ2つの浴槽あり! 草津らしい高温のお風呂と、ぬるめの内湯の2種類で、その日の体調やお好みにあわせて草津の名湯をたのしむことができます。

「白旗の湯」の詳細情報

施設名白旗の湯
住所群馬県吾妻郡草津町草津甲417-1
電話番号0279-88-0800(草津温泉観光協会)
URLhttps://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/detail/index.php?c=5&g=2&kcd=193

「白旗の湯」の泉質

泉質名酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
浴用適応症アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬・糖尿病・表皮化膿症
飲用適応症なし
泉温52.2℃

その2:温泉療法「時間湯」体験に足湯もあり! 「地蔵の湯」

地蔵の湯

あたたかな木造りの浴槽に、おだやかな光が差し込むのは「地蔵の湯」。やや白濁した乳白色の温泉で肌触りがやさしく、まろやかな居心地を堪能できるのが特徴的です。

浴槽は7~8人が入ればいっぱいになってしまうほど小さいですが、改築されたばかりの白木浴舎は天井が高く、入浴するには充分です。草津に古くより伝わる温泉療法「時間湯」がおこなえたり、外には足湯用の小さな湯船も。湯畑からすこし離れた場所にあるので、落ち着いた空間のなか、ゆったりと入浴が楽しめます。

「地蔵の湯」の詳細情報

施設名地蔵の湯
住所群馬県吾妻郡草津町草津299
電話番号0279-88-0800(草津温泉観光協会)
URLhttps://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/detail/index.php?c=5&g=2&kcd=195

「地蔵の湯」の泉質

泉質名酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
浴用適応症アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬・糖尿病・表皮化膿症
飲用適応症なし
泉温49.9℃
加水・加温なし
塩素消毒なし

「時間湯」体験で草津の温泉療法を学ぼう

料金1回560円
時間9時、11時、14時、17時(5分前までに集合)
定休日月曜日、第2・第4火曜日
URLhttp://www.jikanyu.net/taiken.html

その3:本格的に「時間湯」を体験するならここ「千代の湯」

草津温泉・千代の湯

湯畑から下流側、湯滝のそばにある「千代の湯」は、江戸時代からの伝統的な湯治療法である「時間湯」を本格的に体験できる共同浴場です。湯長の号令により、「湯もみ」「かけ流し」「入湯」という3工程を参加者全員でおこなう様子は、活気がありとてもユニーク。草津温泉の伝統文化を肌で感じながら、体のさまざまな不調を緩和することが可能です。

時間湯の利用は湯長に申し込む必要あり。共同浴場のなかでは、もっとも温泉の温度が低いので、草津温泉初心者におすすめです。

「千代の湯」の詳細情報

施設名千代の湯
住所群馬県吾妻郡草津町草津367-4
電話番号0279-88-2508
URLhttps://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/detail/index.php?c=5&g=2&kcd=194

「千代の湯」の泉質

泉質名酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
浴用適応症アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬・糖尿病・表皮化膿症
飲用適応症なし
泉温52.7℃
加水・加温なし
塩素消毒なし

「時間湯」体験で草津の温泉療法を学ぼう

料金1回560円
時間9時、11時、14時、17時(5分前までに集合)
定休日月曜日、第2・第4火曜日
URLhttp://www.jikanyu.net/taiken.html

三大共同浴場を知ると草津がさらに好きになる

草津温泉 湯畑

ホテルや旅館の温泉と違って、地元の人と触れ合う可能性も高いのが三大共同浴場です。草津のディープな魅力に触れると、ますます好きになること間違いなし!

草津に行かれる際は、ぜひ三大共同浴場も体験してみてください。

「草津温泉」のおすすめ温泉情報はこちら