福岡のスーパー銭湯ランキングTOP5!24時間営業&宿泊も

銭湯

福岡には24時間営業や宿泊可能なスーパー銭湯など、いつでも気軽に利用できる銭湯が目白押し!

都会と田舎の両面をもつ福岡には、広い駐車場を備えた大型のスーパー銭湯がとても多く、地元の方にも観光客にも愛されています。

そこで今回は、福岡でおすすめなスーパー銭湯を5ヶ所ご紹介。近代的な雰囲気と自然の両方がたのしめる福岡のお風呂で、ホッと一息しませんか?

福岡のスーパー銭湯の特徴

海の中道海浜公園

九州のなかで都会的なイメージの福岡。

一方で福岡市や北九州市の中心部を離れると、海に面したリゾートの雰囲気や、日本の地方都市ならではのひなびた雰囲気も味わえます。

そんな都会と自然が隣接している福岡は、九州で唯一有名な温泉地を持たない県です。

とはいえ九州自動車道が全県を結んでいるので、福岡県民も休日には九州各県にでかけ、温泉を楽しむという文化が定着。

温泉文化が身についていると、近くにも大きな風呂が欲しいと思うのは当然のことで、そのような理由から、福岡には大きなスーパー銭湯が相次いで作られていきました。

歴史的観光スポットも多い福岡には、国内はもちろんアジアからの観光客も多く、旅の疲れを癒すには最高の場所としてスーパー銭湯は人気を集めています。

福岡のおすすめ温泉情報

福岡の人気スーパー銭湯ランキングTOP5

お肌に優しい天然温泉や、地下の天然水をつかったお風呂など、福岡のスーパー銭湯はじつに多彩なラインナップ。今回はそんな福岡のスーパー銭湯から、おすすめの施設を5ヶ所をご紹介します。

第1位:九州最大規模のスーパー銭湯「照葉スパリゾート」

福岡市東区の香椎地区と海の中道方面の間に浮かぶアイランドシティ照葉、「海に抱かれる景観」をデザインコンセプトに開発が進んでいます。将来的には、18,000人が快適に暮らせる住宅地を目指す官民一体のプロジェクトであるアイランドシティ照葉にオープンした「照葉スパリゾート」は、九州最大規模のスーパー銭湯です。

天然温泉ではありませんが、岩風呂・高濃度炭酸泉・美泡風呂・ジェットバス・香り湯・陶器美泡風呂・陶器風呂・寝湯・炭酸電気風呂などたくさんのお風呂がそろっている上に、3種類のサウナに2フロアにわたる九州最大級の岩盤房や足湯など盛りだくさん。

小学生以下は利用できないので、家族連れよりも若い女性層を中心に、オープン当初から多くの利用者が集まっています。

また、2万冊もある漫画喫茶並みのコミックコーナー、テレビ閲覧ができて館内専用タブレットでインターネットも楽しめるリクライナーなど、時間を忘れてゆっくりとリラックスできると人気。福岡の人気居酒屋「御膳屋」や、地元で愛されているパン屋、中華の博多王将などグルメも充実。プライベートキャビンでのリーズナブルな宿泊もできます。

「照葉スパリゾート」の施設情報

施設名 照葉スパリゾート
住所 福岡市東区香椎照葉5-2-15 照葉ガーデンスクエア内
電話番号 092‐683‐1010
駐車場 無料(410台)
営業時間 06:00〜03:00(最終受付02:00)
定休日 年中無休
料金 大人1,600円(土日祝1,700円)、小学生1,100円(土日祝1,200円)
URL http://terihaspa.jp/

 

第2位:九州の名湯を毎日直送「万葉の湯 博多 由布院・武雄温泉」

福岡市博多区にある「万葉の湯 博多 由布院・武雄温泉」は『身近なところに、本物の温泉郷を』というコンセプトで、大分県由布院温泉と佐賀県武雄温泉から毎日タンクローリーで温泉湯を直送している人気のスーパー銭湯です。

JRのターミナル駅である博多駅と福岡空港が地下鉄2駅で結ばれているというアクセスの良さが福岡の特徴ですが、「万葉の湯 博多 由布院・武雄温泉」は博多駅と福岡空港の間に位置しています。その立地の良さから、地元の人ももちろん、九州各地や近隣アジア地区からもたくさんの観光客が訪れているようです。

「万葉の湯 博多 由布院・武雄温泉」は岩盤浴にも力を入れています。とくに女性専用の岩盤浴室にはトルマリンやゲルマニウムなどが使われ、麦飯石を使った岩盤浴も用意されていて高い人気があります。

24時間営業の上に和室と洋室の宿泊施設もあり、観光の方や出張のビジネスマンの利用も少なくないようです。

「万葉の湯 博多 由布院・武雄温泉」の施設情報

施設名 万葉の湯 博多 由布院・武雄温泉
住所 福岡県福岡市博多区豊2-3-66
電話番号  092-452-4126
駐車場 6時間まで無料(310台)
営業時間 24時間営業
定休日 年中無休
料金 大人1,800円、小学生900円、幼児700円(3歳未満無料)※深夜加算料金あり
URL http://www.manyo.co.jp/hakata/yu

 

第3位:博多愛に溢れた銭湯「博多の森湯処 月の湯」

福岡空港から車で5分の位置にある「博多の森湯処 月の湯」は、地元の人はもちろん、福岡空港を利用するビジネスマンや観光客にも愛されているスーパー銭湯です。

「博多風情あふれる昔ながらの銭湯」をコンセプトに作り上げた浴場は、博多にわかの暖簾で迎えてくれます。そしてたっぷりの湯がかけ流される檜風呂に掲げられた雅な屏風絵は、訪れた人の目を惹きつけること確実。

博多が生んだ天才絵師 西島伊三雄が描く屏風絵は、女性風呂は「博多どんたく」、男性風呂は「博多祇園山笠」と、福岡を代表する二大祭りがモチーフです。

また、ラジウム風呂となっている硬度0の「月下の湯」「ラドン風呂」「ジェットバス」、湯船の深さや温度を調整している「子供風呂」など、さまざまなお風呂がそろっています。

サウナも充実していて、遠赤外線サウナと女性専用の「塩サウナ&ミルキーバス」男性専用の「ミストサウナ」があります。

「十割そば」が自慢の食事処には、福岡ならではの「ごぼ天うどん」や「おでん」など豊富なメニューがあり、注目です。

「博多の森湯処 月の湯」の施設情報

施設名 博多の森湯処 月の湯
住所 福岡市博多区東平尾1-4-35
電話番号 092-611-4126
駐車場 無料(102台)
営業時間 10:00〜翌07:30
定休日 年中無休
料金 大人700円(土日祝750円)、小学生500円(土日祝550円)、幼児350円(土日祝400円)
URL http://www.tsukino-yu.com/

 

第4位:人にも環境にも優しい天然水のお風呂「伊都の湯どころ」

福岡市に隣接する糸島市といえば、夏は海水浴、冬はカキ小屋が大盛況になる糸島の海沿いが有名です。この地区の高台・伊都の丘からは玄界灘と福岡市街を一望できます。その伊都の丘に「伊都の湯どころ」はあります。「伊都の湯どころ」は、地下深くからこんこんと湧き出してくる天然水を使ったさまざまなお風呂が楽しめるスーパー銭湯です。

間伐材を使用したオーストリア製のチップボイラーや、太陽光パネルによる熱源など、CO2を発生させないエコエネルギーを採用していて、人にも環境にも優しい温浴施設としても評判。

天然水をふんだんに使った広々とした露天風呂は、まさに癒しの空間。ほかにも、ひのき箱蒸し風呂・天然水のマイクロミストサウナ・炭酸ひのき風呂・ジェットバスに加え、プライベートな空間で楽しめる家族風呂も用意されています。温度も雰囲気もさまざまな6房の岩盤浴も人気です。

糸島地区は、古代には大陸からの玄関口でした。豊臣秀吉が朝鮮半島出兵のために築かせた名護屋城があった土地でもあります。糸島の田園風景や福岡の市街地を眺めながら、歴史的な感慨を思い描きつつお湯に浸かるのも、ひと味違うリフレッシュになるのではないでしょうか。

「伊都の湯どころ」の施設情報

施設名 伊都の湯どころ
住所 福岡県糸島市泊765番地 元気くらぶ内
電話番号 092-331-1000
駐車場 無料(300台)
営業時間 10:00~22:30(最終受付22:00)
定休日 毎月第3水曜日と1・5・8・12月を除く第2水曜日 ※祭日の場合は翌日休業
料金 温浴のみ 大人560円(土日祝660円)子供320円
URL http://genki-ito.jp/

 

第5位:まるで森の露天風呂「那珂川清滝」

福岡市の南部に隣接した筑紫郡那珂川町にある「那珂川清滝」は、まるで温泉旅館のような落ち着いた和の雰囲気を醸し出す天然温泉を利用したスーパー銭湯。泉質は「単純温泉」です。

まるで森の中にあるような露天風呂には、内湯には、大露天風呂・丸太風呂・滝見露天・檜風呂(女湯)・備長炭風呂(男湯)・備長炭イオン蒸し風呂(女湯)・洞窟蒸し風呂(男湯)があります。大露天風呂は、端午の節句や冬至には習わしに沿ったイベント風呂になるそうです。内湯には、大きな窓から露天の岩造りや自然の景観が広がる大風呂・ジェットバス・遠赤外線サウナ・塩サウナなどがあります。別料金の岩盤浴も人気です。

湯上りには、畳張りの広いお座敷と縁側がある「休処 桟敷」でのんびり過ごすことができます。東西2つある桟敷のうち、西桟敷は12才未満使用不可なので、より大人がくつろげる空間です。

「那珂川清滝」は料理も自慢、季節の食材にこだわった和洋食で腹ごしらえするのもたのしそう。

「那珂川清滝」の施設情報

施設名 那珂川清滝
住所 福岡県筑紫郡那珂川町南面里326
電話番号 092-952-8848
駐車場 無料(200台)
営業時間 10:00〜24:00(最終受付23:00)
定休日 年中無休
料金 大人1,000円(土日祝1,200円)、子供600円
URL http://www.nakagawaseiryu.jp/

単純温泉について

福岡の歴史や魅力

福岡は、中国の三国志魏志倭人伝にも邪馬台国に至る入り口として糸島半島が伊都国として描かれています。志賀島からは金印も見つかっています。大和朝廷初期にはまだその支配下に入らず、磐井の乱までは独立国として存在していたという説もあるほどです。

また大陸に近いことからその守備として太宰府も置かれ、菅原道真が流されたことでも有名で、現在では太宰府天満宮として残っています。そして、鎌倉時代には元寇の際、元の侵攻に対する最前線となりました。その名残はいまだに残っています。

室町時代には大内氏の支配下にありましたが、戦国時代末期から江戸時代初期には混乱の北九州の中で、黒田如水・黒田長政親子が入り、黒田節で有名になった土地でもありました。また、豊臣秀吉の朝鮮出兵では最前線の基地として名護屋城が築かれたことでも有名です。

朝鮮半島と対馬海峡をはさんで対峙していることが歴史の重要なポイントになりました。

明治時代から昭和にかけては筑豊地区の炭鉱を背景に、八幡製鉄所(現新日鉄)など、日本の重工業の推進役としても賑わいを見せました。その名残もあり、福岡は現在でも九州で一番栄えている地域となっているのです。

福岡のスーパー銭湯を満喫!

九州最大の都市・福岡市と隣接した地域の5軒のスーパー銭湯をご紹介しました。玄界灘の旬な魚介やモツ鍋、ラーメンなどおいしいものもたくさんある福岡。観光に、ビジネスに訪れた際には、グルメに加えて、さまざまな工夫が凝らされたスーパー銭湯で癒しのひと時を過ごしてください。

福岡のおすすめ情報をもっとCHECK