山代温泉のおすすめ日帰り温泉宿ランキングTOP5!貸切風呂も【2018年版】

温泉 露天風呂

石川県の山代温泉は、北陸地方を代表する由緒ある温泉郷。

その歴史は古く、開湯は1300年前にまでさかのぼります。温泉風情がただよう街並みにくわえ、伝統工芸品の九谷焼も全国的に知られています。

本記事で掲載している情報は公開当時のものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

県下一の規模を誇る山代温泉

石川県で古い歴史を刻む山代温泉は、規模の面においても石川県を代表する温泉郷。

山代温泉観光協会の公式サイトに掲載されている宿は20にのぼり、格式ある老舗旅館から使い勝手の良いスタイリッシュなホテルまで、さまざまなタイプの宿泊施設が建ち並んでいます。

近年北陸新幹線が開通し、関東からの日帰り旅行も手ごろになった北陸地方。関東以外にも東北や東海といった地域からのアクセスも良好になりました。

山代温泉のおすすめ情報をCHECK

山代温泉のおすすめ日帰り温泉宿ランキングTOP5

第1位:「萬松閣」

萬松閣は、温泉街から離れた高台に門を構える雅な温泉旅館。山代温泉を潤す豊かな草木に包まれた宿で、豪華なインテリアのラウンジからも、窓越しに色濃い自然を眺めることができます。

萬松閣の魅力は、とにかく自然を満喫できる施設が充実していること。温泉浴場もそのうちのひとつで、男湯と女湯のそれぞれに大浴場と露天風呂が完備されています。浴槽を満たしているのは、山代温泉にある1号源泉のお湯。

泉質は「硫酸塩・塩化物泉」で、お肌を滑らかに包み込み、きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症などに効能があります。

気を付けておきたい点は、立ち寄りで温泉を利用するには予約が必要なこと。大人(中学生以上)1,500円・小人800円で、料金にはバスタオルとフェイスタオルのレンタル料も含まれているので手ぶらでOK。

なお、休前日と宿が指定する特定日は日帰りでの入浴はできないので、注意しましょう。

「萬松閣」の施設情報

施設名萬松閣
住所石川県加賀市山代温泉東山町3
電話番号0761-77-1515
URLhttp://www.bansyoukaku.co.jp/

第2位:「ゆのくに天祥」

総客室数156室の「ゆのくに天祥」は、山代温泉きっての大型温泉旅館。充実した温泉施設はもちろん、ガーデンプールや九谷焼ミニギャラリーといったアミューズメント施設がそろっていることでも人気があります。

屋号が物語っている通り、この旅館にある温泉浴場はバラエティ豊富。館内には3つの浴場があり、合計18のお風呂に浸かることができます。露天風呂だけでも、「桶風呂」、「かめ風呂」、「五右衛門風呂」、「石風呂」など魅力的なものばかり。

2012年には、新たに「硫酸塩・塩化物温泉」の自家源泉が開湯しました。それ以来、豊富で源泉掛け流しのお湯を求めて多くの観光客が訪れるようになり、「ゆのくに天祥」に対する注目度は一段と高まっています。

温泉に入った後の湯上りサービスも充実。温泉卵、冷菓、お茶の無料サービスも行っています。こういった、ちょっとしたおもてなしもうれしいところ。

「ゆのくに天祥」で温泉を存分に楽しみたいなら、日帰り温泉三昧プランを選ぶのがお得でしょう。予約制で、料金は大人(中学生以上)1,000円・小人(3歳~小学生)500円。11:00~15:00のあいだで利用できます。

「ゆのくに天祥」の施設情報

施設名ゆのくに天祥
住所石川県加賀市山代温泉19-49-1
電話番号0761-77-1234
URLhttps://tensyo.yunokuni.jp/

第3位:「白山菖蒲亭」

「白山菖蒲亭」は、「湯の館」、「飛翔の館」、「加陽の館」、「光琳の館」の4棟からなる温泉旅館。「白山菖蒲亭」を初めて訪れる人は、品格ある和の装いで統一されたロビーを見て驚くことでしょう。インテリアに特産の加賀友禅が使われるなど、随所にセンスあふれる和の装飾が施されています。

「白山菖蒲亭」にある浴場は大浴場、露天風呂、展望貸切風呂の3タイプ。大浴場と露天風呂は男女別ですが、時間によって男女が入れ替わります。

2ヵ所ある露天風呂は1階と地下1階に位置し、どちらも木を多用した風情ある設計。地下1階の露天風呂には、内湯も備わっています。

一方、ひときわ豊かな眺望が望めるのは、5階にある展望貸切風呂。凝った装飾の日本庭園が広がり、遠くには加賀平野に連なる山々を見渡すことができます。

日帰り温泉の利用時間は15:00~20:00で、利用料金は大人800円、小人400円。展望貸切風呂は1回につき50分利用でき、使用料金は2,000円です。

「白山菖蒲亭」の施設情報

施設名白山菖蒲亭
住所石川県加賀市山代温泉桔梗丘4-34-1
電話番号0761-77-0335
URLhttp://www.shoubutei.co.jp/

第4位:「吉田屋山王閣」

山代温泉のお湯に徹底して強いこだわりを持っているのは、「吉田屋山王閣」。創業は江戸時代の中期で、落ち着いた情趣あふれるたたずまいが特徴になっています。

大浴場と露天風呂は1階と3階にあり、朝と夜で男女が入れ替わる仕組み。源泉かけ流しのお湯が楽しめるのは当然ですが、なんとシャワーにまで源泉が使われているというから驚きです。

さらに快適な時間が送れるのは、大人4人まで利用できるサイズの貸切風呂。浴室に隣接する休憩スペースにはソファーセットがあり、静かに過ごせる環境が整っています。

立ち寄り湯の料金は大人1500円、小人750円。貸切風呂は50分4320円で、予約制になっています。なお、温泉浴場の使用状況や宿の事情によっては、立ち寄り湯が利用できないことも。訪れる際には、前もって利用の可否を確認しておきましょう。

「吉田屋山王閣」の施設情報

施設名吉田屋山王閣
住所石川県加賀市山代温泉13-1
電話番号0761-77-1001
URLhttp://www.sannoukaku.com/

第5位:「リブマックスリゾート加賀山代」

格式ある老舗旅館での温泉も最高ですが、なかには、「由緒ある宿はちょっと敷居が高い」と思っている人もいるでしょう。そうした人には、気軽に立ち寄れる「リブマックスリゾート加賀山代」がおすすめ。スパリゾート感覚で利用できる地上5階建ての温泉宿ですが、大浴場・リラクゼーションサロン・コミックスカフェ・ゲームコーナーなどの施設は1階に集まっています。

「リブマックスリゾート加賀山代」の温泉は、大浴場と露天風呂の2ヶ所。浴槽に注がれているのは山代温泉7号源泉で、泉質は「アルカリ性単純温泉」です。

どちらの浴場も、石材をベースにした空間設計が特徴的。内湯の大浴場は天井が高い和モダン調の眺めですが、露天風呂は石組みの上に竹垣がめぐらされた和の風情になっています。

入館料は大人1000円、小人(小学生)500円で、利用時間は5:00~11:00と13:00~22:00の2部制。午前中から日帰り入浴ができるところが嬉しいポイントです。なお、上記の入館料はバスタオルとフェイスタオル込みの価格。タオルを持参した場合は、それぞれ700円と300円になります。

「リブマックスリゾート加賀山代」の施設情報

施設名リブマックスリゾート加賀山代
住所石川県加賀市山代温泉温泉通32-1
電話番号0761-77-3060
URLhttps://www.livemax-resort.com/ishikawa/kagayamashiro/

九谷焼のことが分かる山代温泉

九谷焼

山代温泉の魅力は、伝統や文化の分野においても石川県の魅力が垣間見れること。山代温泉の九谷焼は、輪島塗と並ぶ石川県の伝統工芸ですよね。それを象徴するかのように、温泉街には、九谷焼窯跡展示館・九谷焼資料館・九谷焼陶芸館・石川県九谷焼美術館といった観光スポットもあります。

九谷焼は、自分用にも贈答用にもぴったりのお土産。九谷焼を販売してるお店も多くあるため、食器から置物まで、好みのアイテムがきっと見つかるはずです。

山代温泉のおすすめ情報

山代温泉で由緒あるお湯を満喫

山代温泉の魅力は、北陸有数の歴史を刻む温泉にじっくりと浸かれることでしょう。県内一の湯処として知られる温泉街には、和洋の宿泊施設が建ち並んでいます。今回紹介した5つのスポットの温泉浴場は、どれも最高の浸かり心地。眺望抜群の露天風呂あり、自然の移ろいが感じられる大浴場あり、そして、誰にも気兼ねせずゆったりくつろげる貸切風呂ありと、いろいろなシチュエーションに合うお風呂がそろっています。ぜひ山代温泉を訪れて、由緒ある名湯のお湯を満喫してください。

山代温泉周辺のおすすめ情報をもっと見る