川棚温泉のおすすめ観光スポットランキングTOP5|温泉街の名物は?【2018年版】

4b81216de45743f21474e1dfedc7a8cd s - 川棚温泉のおすすめ観光スポットランキングTOP5|温泉街の名物は?【2018年版】

山口県西部の「川棚温泉」は、「下関の奥座敷」「関門の奥座敷」と呼ばれる人気の温泉地。

関門海峡の街・下関市にある温泉地ということもあり、毎年中国地方や九州地方からも、たくさんの観光客が訪れています。

著名人に愛されてきた川棚温泉

山口県下関市豊浦町にある川棚温泉は、この地で栄えた長州藩藩主「毛利氏」をはじめ、山頭火の名で知られる詩人「種田山頭火」や、フランスの世界的ピアニスト「アルフレッド・コルトー」など様々な偉人に愛された温泉地となっています。

現在はコルトーの宿泊したホテルは残念ながらありませんが、ホテル跡地にある「下関市川棚温泉交流センター」には「コルトーホール」と名付けられた大交流室があります。

また、川棚温泉のグルメと言えば「瓦そば」と言ってもいいほど、名物の瓦そばは有名。熱々に熱した瓦の上に茶そばを乗せ、さらにその上に錦糸卵や牛肉、海苔にもみじおろし、レモンなどを盛り付けます。それを温かいつゆに付けて楽しむのが瓦そばの醍醐味です。

鰹節や昆布のダシのきいたつゆと、熱々の茶そばの香りがなんとも言えない美味しさを醸し出しており、川棚温泉に訪れた際にはぜひ食べておきたい一品だと言えるでしょう。

川棚温泉のお土産

川棚温泉を観光と一緒に楽しむなら下関市街に出るのがおすすめ

川棚温泉の周辺でも、樹齢1000年以上の巨大なクスの木を見ることができますが、本格的に観光を楽しむのであれば、やはり下関市街に出るのがおすすめです。川棚温泉から下関市街までは、車や電車で約30分から40分ほど。観光スポットが密集しているため、下関市街に出るだけでさまざまな観光スポットを楽しむことができます。

川棚温泉と下関観光を楽しむのであれば、明るい内に下関市街で観光を満喫し、夜に川棚温泉で美味しいものや温泉を楽しむプランがおすすめです。とはいえ唐戸市場もある下関市街にも、美味しいものがたくさんありますので、昼食は海鮮料理、夜は川棚温泉で名物瓦そばなんてのもいいかもしれません。

川棚温泉周辺の日帰り温泉スポット

川棚温泉のおすすめ観光スポットランキングTOP1「唐戸市場」

やはり下関に訪れたのであれば、唐戸市場は外せません。下関に行くたびに訪れるという人も多く、まさに下関を代表する人気観光スポットと言えるでしょう。唐戸市場は下関駅から車で約10分の場所にあります。海鮮市場というだけあり、新鮮な魚介類がずらりと並んでいますので見て回るだけでも楽しめます。

唐戸市場の一番のおすすめは、やはり日曜日・祝日におこなわれるイベント「馬関街(ばかんがい)」です。その日に揚がった新鮮な魚介類のにぎり寿司や海鮮丼などが市場内ずらりと並びます。下関に訪れた際にはぜひとも体験していただきたい寿司の天国のようなイベントです。

唐戸市場の施設情報

施設名 唐戸市場
住所 山口県下関市唐戸町5番50号
電話番号 083-231-0001
URL http://www.karatoichiba.com/

川棚温泉のおすすめ観光スポットランキングTOP2「海響館」

唐戸市場の港を挟んで真向いにある水族館が海響館。海響館ではさまざまな美しい魚やめずらしい魚、ペンギンにイルカ、アシカなどを見ることができ、特に家族連れやカップルにはおすすめの観光スポットになっています。

また下関の水族館というだけあって100種類ものフグを展示されているのも見所です。フグ目魚類は世界でも数が多く、実はマンボウなんかもこの種類に属します。これだけ多種多様なフグを見る機会もなかなかありませんので、フグ好き?でなくても一度訪れてみてください。季節によっては餌やりや、夜の水族館など季節限定イベントもおこなわれています。

海響館の施設情報

施設名 海響館
住所 山口県下関市あるかぽーと6番1号
電話番号 083-228-1100
URL http://www.kaikyokan.com/

川棚温泉のおすすめ観光スポットランキングTOP3「カモンワーフ」

唐戸市場と海響館の間に位置するカモンワーフは、下関のお土産を買ったり、美味しいものを食べたりできるスポット。1階には下関名物がずらりと並ぶお土産屋さんがあるほか、唐戸市場で仕入れた新鮮な魚介類を提供する飲食店が1階から3階まで軒を連ねています。

もちろん唐戸市場の馬関街で美味しい寿司を食べるのがおすすめですが、こちらのお店でゆっくりと美味しい料理を楽しむのもおすすめです。唐戸市場と海響館、カモンワーフは近い距離に集中していますので、午前中は海響館で楽しみ、お昼は唐戸市場の寿司バトルに参戦、午後はゆっくりカモンワーフでショッピングをして川棚温泉に戻る、なんてプランはいかがでしょうか。

カモンワーフの施設情報

施設名 カモンワーフ
住所 山口県下関市唐戸町6番1号
電話番号 083-228-0330
URL http://kamonwharf.com/

川棚温泉のおすすめ観光スポットランキングTOP4「火の山公園」

火の山公園は、下関駅からバスで約15分の場所にある公園。標高268mの高さにある火の山の展望台は、関門海峡をはじめ、瀬戸内海と日本海を一望できるおすすめのビュースポットです。

「標高268mを登るの……?」という嘆きの声が聞こえてきそうですが、安心してください。冬季以外は、ロープーウェイが運航しています。ゴンドラの中から見下ろす景色もまた格別です。車があれば山頂までは車で行くこともできますので、カップルの方などは夜訪れて、二人でロマンチックに関門海峡の夜景を楽しむのもいいかもしれません。

火の山公園の施設情報

施設名 火の山公園
住所 山口県下関市みもすそ川町
電話番号 083-231-1838(下関観光施設課)
URL http://www.kanmon.gr.jp/areamap/seen/hinoyama/h_01.php

川棚温泉のおすすめ観光スポットランキングTOP5「赤間神宮」

下関駅からバスで約10分の場所にある赤間神宮。この神社は平安時代末期に、源氏と平家の間でおこなわれた「壇ノ浦の戦い」で亡くなった「安徳天皇」を祀っている神社です。他ではなかなか見ることのできない竜宮城のような美しさは、一見の価値があります。また、この神社の前身である「阿弥陀寺」は、昔話などで有名な「耳なし芳一」の舞台となったお寺。境内では耳なし芳一の像を見ることもできます。

赤間神宮の施設情報

施設名 赤間神宮
住所 山口県下関市阿弥陀寺町4番1号
電話番号 083-231-4138
URL http://www.tiki.ne.jp/~akama-jingu/

番外:車があるなら「角島」もおすすめ!

川棚温泉からみると下関市街とは真逆の方角になりますが、北へ車で約1時間走った場所に角島と呼ばれる島があります。この島まで架けられている角島大橋の長さは1,780m。日本の橋の中でも屈指の長さを誇ります。

また、角島にはエメラルドグリーンの美しい海や、日本に二基しかないと言われる無塗装の灯台「角島灯台」など、魅力的な観光スポットがありますので、車のある方は角島まで足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。

角島の詳細情報

施設名 角島
住所 山口県下関市豊北町角島
電話番号 083-786-0234(豊北町観光協会)
URL http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/11030

川棚温泉のある山口西部にはまだまだ観光地がたくさん

川棚温泉のある山口県の西部には、ここで紹介しきれないほどの観光スポットがまだまだ存在します。川棚温泉から西に車で1時間ほど行けば、日本屈指の鍾乳洞「秋芳洞」がありますし、その近くには「自然動物園サファリパーク」もあります。

川棚温泉の温泉街を散策するのももちろん素敵ですが、せっかく遊びにきたのであれば少し足を伸ばしてさらに楽しんでみてはいかがでしょうか。

川棚温泉周辺の日帰り温泉スポット

山口県のお土産&観光地について