蔵王周辺のおすすめグルメランチランキングTOP5【2017年最新版】

d983a71b6d8da997b1eab1e0354fdb5a s - 蔵王周辺のおすすめグルメランチランキングTOP5【2017年最新版】

いつもありがとございます。ライターの山口です! 東北地方の名湯として知られる山形の蔵王温泉。開湯から1900年もの歴史を誇る温泉地です。日本で最大規模のスキー場をはじめ、蔵王には多くの観光名所があり、また季節によって表情を変える山々は多くの人を癒しますが、おすすめしたいのはそれだけではありません。グルメランチも楽しんで欲しいところです。今回は蔵王温泉街やその周辺のグルメランチのランキングです!

蔵王温泉周辺のおすすめグルメランチランキングTOP5

では、早速、ランキングに入っていきます! ランクインしているグルメランチは全て食べて欲しいものばかりとなっています。

蔵王周辺のおすすめグルメランチランキングTOP1「山口餅屋」

蔵王温泉のグルメランチ一押しは「山口餅屋」さんです! グルメランチのお店として紹介してはいるものの、名前からもわかるように実は「餅屋」さんです。くるみ餅、ずんだ餅、お雑煮など様々な種類のお餅を揃えています。中でもおすすめなのは、パッと見るとラーメンかな? と思うほど具沢山な雑煮。水菜を始めヘルシーな野菜にゼンマイなどの山菜も入っています。餅定食では、雑煮と好きな種類のお餅を選んで食べることがでます。結構お腹いっぱいになりますよ。ちなみに、朝8時半くらいから開店していて、また持ち帰りも可能となっています。

施設名 山口餅屋
住所 山形県山形市蔵王温泉35
電話番号 023-694-9088
URL

蔵王周辺のおすすめグルメランチランキングTOP2「しばママのお店」

山形市地産地消のお店に認定されている「しばママのお店」。地産地消というだけあって、身近なところで生産し消費しています。ママである「しばママ」が自ら栽培した野菜もつかって料理してくれますよ。特に夏メニューはヘルシーで栄養バランスが良くなっています。おすすめは「しばママん家のカレーセット」。普通のカレーではみたことのないくらい様々な野菜を入れたカレーが楽しめます。お吸い物や漬物も絶品。蔵王温泉に来た際には立ち寄りたいものです。元気なしばママとワンちゃんが迎えてくれますよ!

施設名 しばママのお店
住所 山形市蔵王温泉川前939-3
電話番号 023-694-9080
URL http://www.concierge-zao.info/shibaski/#food_menu

蔵王周辺のおすすめグルメランチランキングTOP3「桃園酒家」

ランチの時間帯ではないものの、ぜひ、賞味して欲しいものがあるので紹介します「桃園酒家」。山形や近隣でも珍しい、ジンギスカンが食べられるお店なんです! ジンギスカンに使用されているラム肉は分厚く切られて食べ応えがあり人気のメニューになっています。お酒も進みますよ! 山形の地酒も多数、揃えられています。

施設名 桃園酒家
住所 山形県山形市蔵王温泉24-1
電話番号 023-694-2080
URL

蔵王周辺のおすすめグルメランチランキングTOP4「もってのほか」

蔵王バスターミナルから徒歩7分前後、ロープウェイならば蔵王山麓駅から徒歩2分。山形の名産である「そば」が美味しい「もってのほか」。人気メニューはシンプルな板そば。そばつゆは少し辛めでスパイスが効いています。小鉢もついていて、山菜としいたけの煮物、お漬物がついて来ますよ。天ぷらそばでオーダーすれば、皿からはみ出そうなほど天ぷらが乗って来ます。サツマイモや季節の野菜を天ぷらで楽しみましょう。フードコートで食べるような、とりあえずそばと呼べるようなものって感じではなく細めの繊細なそばで美味しく仕上がっています。

施設名 もってのほか
住所 山形県山形市蔵王温泉三度川1118-1
電話番号 023-694-9458
URL

蔵王周辺のおすすめグルメランチランキングTOP5「レストラン山頂」

ロープウェイの山頂駅から直通のレストランになります。スキーシーズンになればスキー客で賑わうレストランでもあります。ゲレンデにはいくつかのレストランがありますが「レストラン山頂」が一番混んでいることの多いお店ですね。山形名物の芋煮と美味しいそばを一緒に味わえる「芋煮そば」。質の高い山形の牛肉を使った「牛うま煮丼」、山形豚を使った「豚ロース丼」などが人気のメニューとなっています。新緑、紅葉、白銀と表情を変える蔵王連峰を眺めながらゆっくりと食事てみませんか?

施設名 レストラン山頂
住所 山形県山形市蔵王温泉229-3
電話番号 023-694-9196
URL http://zaoropeway.co.jp/restaurant/

蔵王温泉を日帰りで楽しむおすすめコース

グルメランチを存分に楽しむためにも、蔵王温泉街をぜひ散策して欲しいと思います。そこで、ランチの前後でどこを巡ればいいのかを提案しますね。

①スタートは朝の温泉

せっかく日帰りで蔵王温泉を楽しむのであれば朝から温泉に行ってみましょう。蔵王温泉の大露天風呂は朝の6時から営業いています! 渓流の中にいるかのような景色を楽しみながらお湯に浸かり、朝の目覚めにしてみましょう。入浴料は大人550円、子供300円で蔵王の美肌の湯を堪能できます。ただし、大露天風呂は冬期間は閉鎖になっていますのでご注意ください。冬期間であれば蔵王温泉街に3箇所ある共同浴場に行ってみましょう。

施設名 蔵王温泉 大露天風呂
住所
電話番号 023-694-9417(問い合わせ先)
URL

②高湯通りでお土産を探す

蔵王温泉には「高湯通り」、「樹氷通り」と呼ばれる通りがあり、お土産品などを扱うお店が数多く軒を連ねています。

例えば東北地方全体の工芸品でもある「こけし」。蔵王温泉街にも伝統的なこけしを取り扱っているお店がありますよ。「能登屋」では蔵王高湯系の綺麗なこけしがたくさんあります。現在の店主の腕も一級品で内閣総理大臣賞を受賞するほどの職人さんです。蔵王のみならず、東北地方の様々なこけしもありますのでお土産に買ってみてるのはどうでしょうか。

その他、蔵王温泉名物のお菓子を取り扱っている「ZAOセンタープラザ」など様々なお店があります。特に「樹氷ロマン」というウエハースのお菓子は人気ですよ。

③グルメランチでお腹を満たす

蔵王温泉街で様々なお店を巡ったら、先に紹介したお店でランチを楽しみましょう。食べたいものや気分に合わせてお店を選んでみてくださいね。

④蔵王地蔵尊などパワースポット巡り

お腹がいっぱいになったら、午後は蔵王温泉付近のパワースポット巡りです。まずは、蔵王ロープウェイに乗って山頂を目指しましょう。「蔵王地蔵尊」に向かいます。所願成就、災難除けに効くと言われています。そして、一旦駅に戻って来たら、蔵王中央ロープウェイに乗り換えて鳥兜山頂を目指します。鳥兜駅の隣、展望台には「蔵王大黒天」からパワーをもらいましょう。家内安全、商売繁盛を祈願してくださいね!

⑤いが餅を食べて休憩

パワースポット巡りで少し歩き疲れたらお茶をしながら休みましょう。おすすめの喫茶店は「さんべ」。蔵王の名物、「いが餅」を食べてみてくださいね。いが餅はこしあんを白い餅で包んだスイーツ。蔵王温泉で笹の葉の上に3個ほど乗せて出してくれます。さんべには看板猫もいたはずですので、癒されてくださいね。

⑥足湯に浸かって疲れをとる

蔵王温泉街の散策やパワースポット巡りで歩き疲れてくるでしょうから、最後は足湯に浸かって疲れをとってから帰りましょう! 蔵王温泉街には3箇所、足湯スポットがあります。中でもスペースが広めで、駐車場もある「新左衛門の湯足湯」がおすすめです。冬場は閉鎖になりますが、平日は10時から18時、休日は10時から21時まで利用可能。新左衛門の湯は日帰り入浴ができる施設になります。身体全体の疲れをとって帰りたい時は利用してみてくだい。

施設名 新左衛門の湯
住所 山形県山形市蔵王温泉川前905
電話番号 023-693-1212
URL http://zaospa.co.jp/

このプランはもちろん、一例にすぎません。蔵王温泉の周辺にはトレッキングができる散策コースがある他、冬にはスキー場でスキーが楽しめます。山岳リゾートとして全国でも有数の蔵王温泉。いろんなことが楽しめますよ!

蔵王温泉でグルメランチで味覚を堪能

蔵王にはグルメランチを楽しめる様々なお店がありました。おすすめの観光コースとともに楽しんでみてくださいね!

蔵王温泉についてもっと詳しく知りたい方はこちら!