武田尾温泉が人気の5つの理由!旅館や観光情報から名物グルメ&お土産についても

1200px 150808 Takedao Onsen Takarazuka Hyogo pref Japan02s3 728x485 - 武田尾温泉が人気の5つの理由!旅館や観光情報から名物グルメ&お土産についても

兵庫県の「武田尾温泉」は宝塚市と西宮市にまたがる小さな温泉地。城崎温泉や有馬温泉など有名な温泉に隠れた名湯です。「武庫川」沿いに開かれた温泉街は「関西の奥座敷」と呼ぶのにふさわしい武田尾温泉の魅力についてご紹介します。

武田尾温泉の歴史と特徴

「武田尾温泉」の開湯は江戸時代初期。伝説によると1640年ころに豊臣氏に仕えていた武田尾家の武士が、湧出していた温泉を発見したといわれています。

現在営業している温泉宿は「紅葉館別邸あざれ」と「元湯」の2軒。うち「元湯」は日帰り入浴のみの利用で、宿泊は「紅葉館別邸あざれ」1軒だけです。

武田尾温泉の最大の特徴は山河に恵まれたロケーション。大きく蛇行する「武庫川」に面した狭隘な河岸に温泉街があり、自然が広がる渓流沿いに名湯が湧いています。

武田尾温泉が人気の5つの理由!

理由1:秘湯の雰囲気が満喫できる

武田尾温泉は、奥深い「六甲」の山々に囲まれ、温泉街はごつごつとした岩場を流れる武庫川沿いにあります。上流の武庫川に息づく豊かな自然に加え、JR福知山線の廃線跡も、武田尾温泉に秘湯の趣を添えてます。

武田尾温泉がある西宮市と宝塚市には、ショッピングモール・西宮ガーデンズやヨットハーバー、宝塚劇場など人気のスポットが点在し、いつも観光客や買い物客で賑わっています。武田尾温泉は、同じ市内とは到底思えないほど自然が色濃く残っているのが大きな魅力です。

武田尾温泉の泉質は「単純温泉」。浴用適応症として、自律神経不安定症・不眠症・うつ状態に効果効能があります。

「単純温泉」の効果効能

泉質名 単純温泉(掲示用泉質)
浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
飲用適応症 なし

単純温泉についてもっと詳しく

理由2:主要地からのアクセスが良好

「六甲山系」の山懐に抱かれた武田尾温泉は、阪神エリアの主要地からのアクセスが良好。JR福知山線「宝塚駅」から最寄りの「武田尾駅」まで約9分。神戸と大阪から阪急線やJRを利用すればスムーズな行き来ができます。神戸からは約50分、大阪からは約40分という、日帰り温泉も十分に楽しめます。

車の場合は、神戸からは「阪神高速7号北神戸線」経由、大阪からは「阪神高速11号池田線」経由で、どちらからも1時間以内の道のりです。

理由3:廃線めぐりができる

JR福知山線の廃線めぐりができるのも、武田尾温泉が注目を集めている理由。「武田尾駅」が開業したのは1899年。長いあいだ旧国鉄の駅として利用されてきましたが、1986年に新線が開通し、それに伴い駅舎が移転しました。

廃線になった線路はやがて草木で覆われましたが、廃線跡が徐々に話題となり、廃線めぐりでこの地を訪れる人が増えていきます。旧路線の一部には長いトンネルもあり、薄気味悪い感じも人気になり、人々の好奇心を刺激しています。

理由4:日帰り温泉で個室が利用できる

「紅葉館別邸あざれ」と「元湯」では、日帰り入浴が可能。元湯には「1時間の温泉コース」、「50分の貸切温泉コース」、「100分の温泉+食事コース」、「3時間の温泉+食事コース(個室利用)」など4つの日帰りプランがあります。

「3時間の温泉+食事コース」は休館日を除いて毎日実施。それ他3コースは、土曜日、日曜日、祝日のみの実施。すべてのコースとも予約が必要なので、事前連絡をお忘れなく。

武田尾温泉は独立した飲食店がないので、廃線めぐりをするなら日帰りプランで温泉と食事を楽しむのをおすすめします。

「元湯」の施設情報

施設名 元湯
住所 兵庫県西宮市塩瀬町名塩4205-1
電話番号 0797-61-0234
営業時間 11:00〜18:00
定休日 不定休(要確認)
料金 1,000円
URL http://www.motoyu.com/

理由5:名門ゴルフコースが周辺にある

武田尾温泉周辺には、「よみうりカントリークラブ」や「宝塚ゴルフ倶楽部」といった関西を代表する名門コースが点在する他「武庫ノ台ゴルフコース」、「新宝塚カントリークラブ」、「宝塚クラシックゴルフ倶楽部」、「宝塚高原ゴルフクラブ」など、武田尾温泉から30分圏内にあるゴルフコースは大小さまざま。ラウンド後に武田尾温泉で一泊という贅沢なプランもあり、ゴルファーには知られた名湯です。

武田尾温泉「紅葉館別邸あざれ」の5つの魅力!

武田尾温泉で宿泊ができる宿は「紅葉館別邸あざれ」のみ。武庫川沿いの高台にあり、眺望抜群の温泉浴場や上品な客室が揃っている、紅葉館別邸あざれの魅力をご紹介します。

「紅葉館別邸あざれ」の施設情報

施設名 紅葉館別邸あざれ
住所 兵庫県宝塚市玉瀬イヅリハ1-47
電話番号 0797-91-0131
日帰り入浴営業時間 11:00〜15:00
定休日
日帰り入浴料金 1,800円
URL https://www.takedao-onsen.jp/

魅力1:全室離れの快適な客室

「紅葉館別邸あざれ」にある12室の客室はすべて離れ。センスあふれる和モダン調の客室で、静かにくつろげます。

客室はどれも居心地の良い贅沢な造り。デイベッド完備の「うたたねタイプ」、間仕切りがガラス張りになった「クリスタルタイプ」、テラスで自然との一体感が体験できる「テラスタイプ」、メゾネットスタイルの「温泉ひとりじめタイプ」など、さまざまなデザインのお部屋を用意しています。

魅力2:全室に源泉かけ流しの半露天風呂が完備

全室に半露天風呂が付いているのも「紅葉館別邸あざれ」の大きな魅力。趣向を凝らした半露天風呂で源泉かけ流しの温泉が楽しめます。渓流向きの半露天風呂では、森林浴をしている気分。メゾネットの客室では、2階部分に設楽焼の展望露天風呂が設置されています。

魅力3:六甲の自然が一望できる

客室からの眺望も、贅沢な滞在の重要なポイント。武庫川の渓流や庭園などが見渡せ、関西の奥座敷と呼ぶにふさわしい景色が広がります。季節ごとに変化する六甲の自然景観は多種多彩。春から夏にかけては鮮やかな緑が広がり、秋が深まるにつれて山並みが赤や黄色に染まリマス。冬枯れした山はノスタルジックで旅情をそそります。

魅力4:絶景が望める開放的な大浴場

共同の温泉施設は男女別に分かれた大浴場と露天風呂で、どちらも源泉かけ流しのお湯が満たされています。内湯は2面に窓が穿たれ、絵画を切り取ったような景色は一見の価値あり。高台に築かれた露天風呂は、自然に溶け込むような感覚です。

魅力5:名物グルメが堪能できる

名物グルメは「ぼたん鍋」。六甲は猪の出没が度々話題になりますが、猪の肉を使った鍋料理は、六甲や丹波の郷土料理です。

「紅葉館別邸あざれ」の食事処は、関西を代表する料理人・神田川俊郎氏がプロデュースする「神田川道場茶寮 心 shin」。ぼたん鍋の他、地元の滋味あふれる食材をふんだんに使った創作懐石料理が供されます。

武田尾温泉のおすすめ観光スポット2選

メインの観光は廃線めぐりやトレッキング。少し移動すれば宝塚、西宮、神戸などの観光も可能です、近場のスポットを2カ所ご紹介します。

スポット1:武庫川に架かる赤い橋「武田尾橋」

JR「武田尾駅」から温泉街へ向かう途中にある「武田尾橋」。赤い鉄橋自体が観光スポットで、2004年の台風被害で崩落し、2006年に新たに架けかえられた吊り橋です。全長約60メートル。駅から向かうとトンネルを抜けた先に橋が姿を現わします。初めて訪れる人にとっては鮮やか印象を与える光景です。

「武田尾橋」の施設情報

施設名 武田尾橋
住所 兵庫県西宮市塩瀬町名塩
電話番号
URL

スポット2:中は真っ暗! それぞれ形状が異なる6つのトンネル「福知山線廃線のトンネル」

廃線めぐりは「武田尾駅」から「生瀬駅」にいたる全長約4.7キロのルート。山をくり抜くように建造された6つのトンネルを通ります。歩道が整備されていますが歩きやすい靴をおすすめします。

トンネルはそれぞれ微妙に違う構造に注目。アーチ部を見ただけでも、キーストーン、追石、壁石とサイズや形状が異なります。周囲の自然に溶け込んだトンネルの景観も廃線めぐりの楽しみです。

「JR福知山線廃線敷」の施設情報

施設名 JR福知山線廃線敷
住所 兵庫県宝塚市玉瀬イヅリハ~宝塚市切畑長尾山~西宮市生瀬町
電話番号 0798-35-3321(西宮観光協会)
URL http://nishinomiya-kanko.jp/info20161109/

武田尾温泉周辺のおすすめグルメスポット:地元食材のランチが人気「古民家マスカフェ」

武田尾温泉の食事処は「紅葉館別邸あざれ」と「元湯」のみ。いずれも食事のみでの利用はできないので、廃線めぐりの起点になる「生瀬駅」より徒歩約6分の処にある「古民家マスカフェ」をご紹介します。

古民家を再利用したお店で、日本家屋の伝統的な建築様式が随所に残されています。ランチは地産の食材をたっぷり使った健康的なセットメニュー。献立は季節や仕入れ状況により変わり、煮物やハンバーグ、シチューなどが定食で味わえます。

「古民家マスカフェ」の施設情報

施設名 古民家マスカフェ
住所 兵庫県西宮市生瀬町2-24-14
電話番号 0797-20-6990
営業時間 11:00〜
定休日
URL https://www.facebook.com/%E5%8F%A4%E6%B0%91%E5%AE%B6%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E3%80%BC-797307980346690/

武田尾温泉周辺のおすすめお土産:予約しないと買えない絶品パン「生瀬ヒュッテ」

武田尾温泉にはお土産を取り扱っている店舗がありませんが、「生瀬駅」にある「生瀬ヒュッテ」で人気のパンが買えます。予約販売専門のパン屋で、駅から武庫川を越えた先の高台、コテージ風のおしゃれな外観が特徴的で、12台収容の駐車場もあります。

販売されているパンは通年と月替わりの2タイプ。通年は「山小屋食パン」、「胚芽食パン」、「山小屋バゲット」、「天然酵母オリーブパン」など。月替わりには「レーズンとイヨカンのパネトーネ」、「天然酵母ピスタチオバゲット」、「スモークチーズと黒胡椒」といった手の込んだ本格的なパンが並びます。

絶品パンを食べてみたいなら、予約を入れてから旅に出るのをおすすめします。

「生瀬ヒュッテ」の施設情報

施設名 生瀬ヒュッテ
住所 兵庫県西宮市塩瀬町生瀬1285−221
電話番号 0797-24-2712
営業時間 11:00〜14:00(要予約)
定休日 土・日・月曜日
URL http://boulangerie-takeuchi.com/

武田尾温泉で秘湯の雰囲気を満喫

武田尾温泉の魅力は、六甲山系に息づく大自然。渓谷にたたずむ小さな温泉地が、宝塚から電車で9分で行けるのは驚きです。廃線めぐりをしたあとで一泊すれば、武田尾温泉の魅力を実感できます。

兵庫県・武田尾温泉のおすすめ温泉情報はこちら