湯野上温泉が人気の3つの理由!おすすめ旅館・観光情報・名物グルメ・お土産も

湯野上温泉駅

福島県の下郷町にある「湯野上温泉」は、「大川渓谷」の豊かな自然が息づく秘湯のような温泉地。

会津若松市の中心街からは国道118号線と国道121号線を経由して約35分という、アクセスのよさにも恵まれています。

湯めぐりや自然散策などでゆったりと過ごせるのも、湯野上温泉の魅力。また温泉街への最寄りとなる湯野上温泉駅は、駅舎が藁葺き屋根で、レトロな雰囲気も満喫できます。

本記事で掲載している情報は公開当時のものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

湯野上温泉の歴史と特徴

湯野上温泉が歩んできた歴史はいまだ明かされておらず、その起源は伝説によって伝えられてきました。

傷を負った1頭の猿が湧き出ていたお湯に浸かったところ、すっかり傷が癒えてふたたび元気な姿を取り戻したと伝えられています。そのお湯こそ「猿湯」と呼ばれている源泉で、現在、湯野上温泉には猿湯を含め合計5つの源泉が認められています。

湯野上温泉が温泉地としての礎を築いたのは、最初の温泉宿が開業した明治時代の1887年前後。国道121号線や会津鉄道の開通によって遠方からこの地を訪れる人が増え、それに呼応するかのように温泉宿の開業が相次ぎました。

湯野上温泉の玄関口となるのは、風情ある駅舎で人気がある湯野上温泉駅。温泉街は並行して走る会津鉄道、大川、国道121号線沿いに築かれており、広域に渡って20軒以上の温泉宿が散らばっています。

なお5ヶ所ある源泉から湧いている温泉の泉質は、いずれもアルカリ性の「単純泉」です。

単純温泉について

湯野上温泉が人気の3つの理由

その1.貴重な自然とふれあえる

湯野上温泉

大川渓谷の谷あいに築かれた湯野上温泉の魅力は、色彩に満ちた豊かな自然に包まれていること。温泉街の近くには散策路が敷かれており、清々しい森林浴を楽しむことができます。

貴重な高山植物が群生しているのも、湯野上温泉が注目を浴びている理由です。

温泉街の南には国の天然記念物に指定された中山風穴地があり、初夏から秋にかけてイカリソウ、ヤナギラン、エゾカワラナデシコ、オオタカネバラ、べニバナイチヤクソウ、カワラマツバ、トモエシモガマといった、多種多彩な高山植物が生い茂ります。

その2.旅情を誘う「駅舎」がお出迎え

はじめて湯野上温泉を訪れる人は、湯野上温泉駅の古風な駅舎を目にしてきっと驚くはず。秘湯の趣をさらに深める藁葺き屋根になっているのです。

湯野上温泉駅は、電車が来るまでの待ち時間も存分に楽しめます。待合室がある駅舎のなかには囲炉裏があり、冬場になると火が灯されて暖をとることもできます。

また湯野上温泉駅は、桜の名所としても知られている観光スポット。「湯野上温泉の歴史と特徴」の画像でご覧いただいたように、見頃を迎えると、可憐な桜が訪れる人を温かく迎えてくれます。

その3.湯めぐりを満喫できる

湯めぐりで温泉が楽しめるのも、湯野上温泉の大きな魅力でしょう。立ち寄りでの入浴を実施している宿は、「すずき屋」、「紫泉」、「舘乃湯」、「にしきや」、「橋本屋」、「ひらのや」、「美加登屋」、「みやもと屋」、「山形屋」の9軒。

宿泊者限定の特典となる「入浴手形(1,000円税込)」を購入すると、好みの宿を選んで3回入浴ができます。

入浴手形の有効期間は無期限。1度の滞在で使い切れない場合は、次に湯野上温泉を訪れる際にも利用が可能です。

湯野上温泉のおすすめ温泉宿3選

湯野上温泉の観光協会で紹介されている民宿は17件。なかには高級旅館さながらの施設と温泉浴場を備えているところも。

第1位:和の雰囲気を満喫「洗心亭」

「洗心亭」は情趣あふれる落ち着いた趣の温泉旅館。4000坪にもおよぶ敷地には樹木が生い茂り、閑雅な和の雰囲気が満喫できます。

客室13室はすべて和室。12畳和室、10畳+14畳の準特別室、離れの特別室など、上質なひと時が過ごせる客室がそろっています。準特別室は10名まで滞在が可能。特別室には専用の露天風呂が付いています。

共有の温泉浴場は内湯と露天風呂で、自然の息吹が感じられる露天風呂は最高の浸かり心地。内湯では、大きな窓から自然林が見渡せます。泉質は「単純温泉」。浴用適応症として、自律神経不安定症・不眠症・うつ状態に効果効能があります。

「洗心亭」の施設情報

施設名洗心亭
住所福島県南会津郡下郷町湯野上温泉
電話番号0241-68-2266
URLhttp://www.sensintei.jp/

第2位:客室すべてに温泉風呂が備わる「藤龍館」

誰にも気兼ねせず温泉に浸かりたいと思っている人は、「藤龍館」に宿泊してみましょう。全12室の客室すべてに、源泉かけ流しの温泉風呂が備わっています。

客室はいずれも風情ある和室で、極上の滞在が送れるのは6畳+6畳+8畳の特別室。窓越しには心地よい瀬音を立てて流れる渓流が望め、さらには、温泉露天風呂でゆったりとくつろげます。

一方、スタンダードの和室も8畳が2間という贅沢な造り。会津地方に伝わる建築様式も見ごたえたっぷりです。

大浴場の内湯は天井が高く、窓からの眺めも抜群。貸切りの絶景露天風呂なら、さらに豊かな風景が一望できます。泉質は「単純温泉」。浴用適応症として、自律神経不安定症・不眠症・うつ状態に効果効能があります。

「藤龍館」の施設情報

施設名藤龍館
住所福島県南会津郡下郷町湯野上舘本乙1338
電話番号0241-68-2888
URLhttp://www.touryukan.com/

第3位:自慢の囲炉裏で夕食を提供「民宿いなりや」

心が和む昔ながらの空間設計が見られるのは、「民宿いなりや」。自慢の囲炉裏では夕食で提供される岩魚が焼かれ、1日1組にかぎり炉端で食事をとることができます。

いなりやにある客室は4部屋のみ。閑寂な雰囲気に包まれており、滞在中は名物の手打ちそばと田舎風の割烹料理がいただけます。

温泉浴場は内湯と露天風呂の2つで、ともに源泉かけ流し。露天風呂は岩と木を見事に組み合わせた造りで、絵画を切り取ったような自然美が観賞できます。日帰り入浴は、500円で利用できますが、繁忙期など利用できない場合もあるので、事前に電話で確認することをおすすめします。

温泉の泉質は「単純温泉」。浴用適応症として、自律神経不安定症・不眠症・うつ状態に効果効能があります。

「民宿いなりや」の施設情報

施設名民宿いなりや
住所福島県南会津郡下郷町湯野上字沼袋乙853
電話番号0241-68-2328
URLhttp://minsyuku-inariya.com/

単純温泉についてもっと詳しく

湯野上温泉のおすすめ観光スポット3選

湯野上温泉は、観光の面でも恵まれた環境が整っているところ。温泉街の周辺をめぐる自然散策にくわえ、大内宿や塔のへつりといった観光名所へもスムーズにアクセスできます。

第1位:橋をめぐるコースの1つ「夫婦岩」

気軽に自然散策を楽しみたい人には、大川に架けられた橋をめぐるコースがおすすめ。湯野上温泉駅を起点に、「源次郎橋」、「湯野上橋」、「江川橋」を訪ね歩くコースで、のんびり歩いて20分ほどの道のりです。

とくに注目したいのは、源次郎橋から見られる「夫婦岩」。2つの巨石が並ぶように立っており、自然が生み出す不思議な造形美は一見の価値ありです。

江川橋からさらに足を伸ばして、大川の河原に下りてみるのもおすすめ。河原を掘ると温泉が湧き出てきます。

「夫婦岩」の施設情報

施設名夫婦岩
住所福島県南会津郡下郷町湯野上寄上乙
電話番号0241-68-2818(湯野上温泉観光協会)
URL

第2位:江戸時代の趣を感じる「大内宿」

藁葺き屋根の日本家屋が建ち並んでいるのは、湯野上温泉から車で15分ほどのところにある「大内宿」。目にできる街並みは江戸時代に敷かれた宿場町の景観で、エリア一帯は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。

軒を連ねる藁葺き屋根の建物はおよそ50軒。現在、建物の多くはお土産店、食事処、民宿などの施設として利用されています。

大内宿は山あいにたたずむ静かな里山といった趣。街全体をパノラマ的に眺めたい人は、高台に築かれた見晴台を目指しましょう。

「大内宿」の施設情報

施設名大内宿
住所福島県南会津郡下郷町大字大内字山本
電話番号0241-68-2657
URLhttp://ouchi-juku.com/

第3位:紅葉のスポットとしても人気「塔のへつり」

夫婦岩とは違った表情の自然が観賞できるのは、湯野上温泉の南に位置する塔のへつり。名称の由来については諸説あるものの、一説によれば、「へつり」とは会津地方で「切り立つ岩壁」を意味しています。

「塔のへつり」は大川羽鳥県立公園のなかにある景勝地。名称の通り、塔のような形をした岩壁が大川沿いに200メートルにも渡って連なっています。

塔のへつりは、紅葉の絶景スポットとしても有名な観光地。秋が深まるにつれ、渓流一帯が燃えるような錦色に染っていきます。

「 塔のへつり」の施設情報

施設名塔のへつり
住所福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林
電話番号0241-69-1144(下郷町事業課産業振興班商工観光係)
URLhttp://shimogo.jp/sightseeing/tonohetsuri/

湯野上温泉のおすすめグルメスポット3選

湯野上温泉にある飲食店の数はかぎられていますが、味わえるジャンルは和洋中さまざま。また近郊には、レストランを備えた「まちの駅 下郷町物産館」があるほか、大内宿にも食事処が多くそろっています。

第1位:温泉街の片隅にあるフレンチレストラン「Chezやまのべ」

湯野上温泉の名物というと、そばを思い浮かべる人が多くいるでしょう。とはいえ今回まず紹介するのは、温泉街の片隅にポツンと建つフレンチの「Chezやまのべ」。和の風情が漂う湯野上温泉でいただくフレンチは、格別な味がするはずです。

オーナーシェフはかつて神奈川県の葉山にあるレストランで腕を磨いた経歴の持ち主。ランチとディナーはともにコース制で、会津地方の食材と相模湾の魚介類を使った絶品フレンチが堪能できます。

Chezやまのべの営業時間は12時からと、18時からの2部制となっており、食事をする際には、2人以上での予約が必要です。コースの料金は、ランチは3,780円(税込)または、5,400円(税込)の2つのコースから選べ、ディナーは10,800円(税込)です。

「Chezやまのべ」の施設情報

施設名Chezやまのべ
住所福島県南会津郡下郷町大字湯野上字舘本乙1316
電話番号0241-68-3585
URLhttp://www.ntv.co.jp/burari/040918/info07.html

第2位:しょうゆとみその2種類ある「ラーメン夢や」

「ラーメン夢や」は、地元の人たちに親しまれている人気の中華料理店。カウンター席と小上がりのテーブル席があり、アットホームな気分で食事が楽しめます。

ラーメンは醤油と味噌がメインで、醤油系ならチャーシューメン(700円税込)、味噌系ならネギ味噌ラーメン(650円税込)がおすすめ。コーン、バター、ニンニクなど、追加のトッピングも用意されています。

ラーメンとあわせてオーダーしておきたいのは、サイドメニューの餃子(400円税込)。ニンニクがほどよく効いた味わいで、お酒のおつまみにもぴったりです。営業時間は18時から22時で、火曜日が定休日です。

「ラーメン夢や」の施設情報

施設名ラーメン夢や
住所福島県南会津郡下郷町湯野上居平乙836
電話番号0241-68-2188
URLhttps://tabelog.com/fukushima/A0707/A070701/7002821/

第3位:大内宿を代表する老舗「本家玉屋」

大内宿へ行くなら、名物の高遠そばを外すわけにはいきません。会津地方で広く食べられている郷土料理のひとつで、箸の代わりに長ネギで食べるスタイルになっています。

大内宿で高遠そばがいただけるお店は15軒ほど。「本家玉屋」は大内宿を代表する老舗の名店で、現在の店舗は築400年の歴史を持っています。

本家玉屋で高遠そばを食べるなら、お得なそばセット(1,500円税込)がおすすめ。高遠そばにくわえ、天ぷらの盛り合わせ、小鉢、漬物、黒米揚げもち、稲荷寿司など、田舎風の味わい深い料理がついています。営業時間は8時30分から17時で、木曜日が定休日です。

「本家玉屋」の施設情報

施設名本家玉屋
住所福島県南会津郡下郷町大字大内字山本3
電話番号0241-68-2946
URLhttp://tamaya-honke.sub.jp/

湯野上温泉のおすすめお土産3選

湯野上温泉でお土産が買えるスポットは、温泉宿や湯野上温泉駅の売店。またフードスポット同様、大内宿のお土産店や「まちの駅 下郷町物産館」を利用すれば、幅広い商品からお土産が選べるでしょう。

第1位:湯野上温泉の女性たちが開発「くるみようかん」

湯野上温泉ならではの銘菓を探している人には、「くるみようかん」(1コ60円)がぴったり。湯野上温泉の女性たちがアイディアを出し合って考案したオリジナルの和菓子で、ハンドメイドならではの温かみも感じられます。

くるみようかんの魅力は、その独特な食感。くるみのサクサク感と羊羹特有のねっとり感が、最高の形で調和しています。

くるみようかんが買えるスポットは、湯野上温泉駅の売店と「まちの駅 下郷町物産館」です。

「まちの駅 下郷町物産館」の施設情報

施設名まちの駅 下郷町物産館
住所福島県南会津郡下郷町大字弥五島字道上3177
電話番号0241-67-4433
URLhttp://www.aizu-concierge.com/map/spot/10452/

第2位:エゴマを原料にした万能調味料「じゅうねん味噌」

福島県では「エゴマ」のことを「じゅうねん」と呼びますが、エゴマは福島県を代表する特産品。県内の観光スポットでは、エゴマを使った関連食品がお土産として販売されています。

大内宿のお土産店で人気があるのは、エゴマを原料にした「じゅうねん味噌」。さまざまな料理にアクセントを添えてくれる万能調味料で、田楽にするとよりじゅうねん味噌の風味が引き立ちます。

大内宿でよく見かける香ばしい焼きだんごは、このじゅうねん味噌で味付けしたもの。まずは焼きだんごを食べて、じゅうねん味噌の風味を確かめてみるのもいいでしょう。

「大内宿」の施設情報

施設名大内宿
住所福島県南会津郡下郷町大字大内字山本
電話番号0241-68-2657
URLhttp://ouchi-juku.com/

第3位:濃厚な口当たり「ジャージープレーンヨーグルト(金子牧場)」

「金子牧場」は湯野上温泉とおなじ下郷町にあり、動物とのふれあい体験やチーズ作り体験といったアクティビティで話題を呼んでいます。

その金子牧場で人気のお土産が、ここで紹介する「ジャージープレーンヨーグルト」(価格は直売価格)。牧場で飼育しているジャージー牛の生乳がたっぷり使われており、濃厚でクリーミーな口当たりが楽しめます。

金子牧場は湯野上温泉から車で20分ほど南下したところにあり、営業時間は、9時〜17時です。「まちの駅 下郷町物産館」でもジャージープレーンヨーグルトが販売されています。

「金子牧場」の施設情報

施設名金子牧場
住所福島県南会津郡下郷町大字沢田字鶴ヶ池178-1
電話番号0241-67-4120
URLhttps://www.kaneko-bokujyou.jp/

ノスタルジックな雰囲気に浸れる湯野上温泉


大川渓谷に開かれた湯野上温泉では、どうしても豊かな自然景観に目が奪われがち。たしかに色濃い自然は湯野上温泉の大きな魅力ですが、何より注目したいのは詩情あふれるレトロな温泉街の雰囲気でしょう。

藁葺き屋根になった湯野上温泉駅の駅舎は郷愁を誘うたたずまいで、本格的な囲炉裏まで付いています。また駅舎の外に建っているのは、レトロな造りの時計台。湯野上温泉では、旅情気分を味わいながら快適なひと時が過ごせます。

湯野上温泉がある、福島県のおすすめ情報をもっと見る