【岐阜県】スマホDE観光ガイド「酒蔵+温泉かけはし図鑑」10月から配布開始!

岐阜県_酒蔵+温泉_観光ガイド

岐阜県では2018年10月1日(月)より、岐阜県下22軒の酒蔵と、酒蔵に最寄りの温泉施設を紹介する「酒+温泉かけはし図鑑」を、県内の主な道の駅・観光施設などで配布しています。

「岐阜県版 酒蔵+温泉 かけはし図鑑」配布スタート!

「岐阜県版 酒蔵+温泉 かけはし図鑑」は、地元・岐阜県大垣市のシステム開発会社「株式会社かけはし」が開発した、スマホ対応の画期的なガイドブック。

岐阜県下の酒蔵、22軒の代表的な銘柄を紹介し、酒銘の由来や酒造りへの想いなど、「お酒がよりおいしくなる」情報が満載です。

岐阜県_酒蔵+温泉_観光ガイド

掲載されている銘柄のお酒を現地で購入すると、それぞれの「SAKE札」がもらえます。

この「SAKE札」とは、そのお酒の味やおすすめの飲み方が掲載された名刺大のカード。コレクションする楽しみもあり、日本酒好きの方によろこんでもらえる仕組みです。

スマホを使ってさまざまな情報をGET!

「岐阜県版 酒蔵+温泉 かけはし図鑑」や「SAKE札」は、記録用QRコード「かけはしメモリー」がついており、気に入ったお酒や酒蔵を、アプリのダウンロードやユーザー登録なしで、スマホに記録できる画期的なシステム。

「かけはしメモリー」は、これまでの印刷物にはなかった機能をもつ、スマホ時代に対応した観光ガイドブックといえます。

最寄りの名湯もパッと検索!

岐阜県_酒蔵+温泉_観光ガイド

「かけはしメモリー」は、記録用QRコードを利用して、さまざまなな情報をその場で、即座に記録・管理できる新しい仕組みです(特許出願中:2017-154840,2016-157057)。

「岐阜県版 酒蔵+温泉 かけはし図鑑」では、お酒や酒蔵のほか、酒蔵から「近くの温泉」情報も併せてGETでき、美酒と名湯を手軽に楽しめます。

「かけはしメモリー」には、スタンプラリーや道案内機能をしており、印刷物に記録用QRコードを張るだけで、利用方法がさまざまに広がるとして注目を集めています。

本システムを開発した「株式会社かけはし」は、「今後は、東海三県(岐阜県・愛知県・三重県)に利用エリアを拡大し、やがて全国へこの仕組を提供していきたい」と意欲を語っています。

「岐阜県版 酒蔵+温泉 かけはし図鑑」の詳細

・サイズ:B6(SAKE札は名刺版)、図鑑の各酒蔵説明は1ページで全28ページ
・配布場所:掲載の酒蔵や温泉施設、岐阜県内の主要な道の駅・観光施設・飲食店・酒販店など
・配布日:「岐阜県版 酒蔵+温泉 かけはし図鑑」2018年10月1日(月)、「SAKE札」2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)※なくなり次第、配布終了
※現在、スタンプラリー用のかけはしメモリーが入ったSAKE札の配布も企画中です。

「株式会社かけはし」の詳細情報

施設名「株式会社かけはし」
住所岐阜県大垣市加賀野4-1-7 ソフトピアジャパンセンタービル9F
電話番号0584-83-3750
URLhttps://kakehashi-services.com/

出典:@Press

「岐阜県」のおすすめ温泉情報はこちら