飛騨高山のおすすめ温泉旅館&ホテルランキングTOP5|貸切温泉も【最新版】

hp DSC0778 - 飛騨高山のおすすめ温泉旅館&ホテルランキングTOP5|貸切温泉も【最新版】

岐阜県の北部に位置する高山市。飛騨地方の中心にあるため、一般的に「飛騨高山」と呼ばれています。

高山市は市町村の合併ののち、日本で一番面積の広い市に。その広さはなんと東京都以上! 東京都の面積が約1,800㎢であるのに対して、高山市の面積は約2,200㎢ですから、いかに広いかがわかります。そんな日本一の面積を誇る高山市には、素敵な温泉宿がたくさんあるんです。

「飛騨の小京都」飛騨高山で骨の髄まで癒されよう!

飛騨 高山

高山市は市域の92%が森林です。残りの8%の可住地域には高山の豊富な森林資源を使った古い町家造りの家が並び、出格子が古都・京都の風情を感じさせることから「飛騨の小京都」とも呼ばれています。まさに森の都ですね!

高山市にある「飛騨高山温泉」は、北アルプスの雪どけ水が長い年月をかけて地下深くに染み込み、地熱で熱せられたことによって地上に湧き出したもの。

源泉温度が30~35℃ほどの冷泉で、泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩素」。神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・疲労回復などに効果効能があり、美肌効果も見込めます! 温泉は無色透明で、ほのかに硫黄の香りが感じられます。

飛騨高山でおすすめの人気温泉旅館&ホテルランキングTOP5!

ここからは飛騨高山でおすすめの温泉宿をご紹介。どのお宿もハイグレードで最高のおもてなしが受けられます。

第1位:露天風呂から市内を一望「スパホテルアルピナ飛騨高山」

「スパホテルアルピナ飛騨高山」は、ビジネスホテルの手軽さとリゾートホテルの快適さを兼ね備えたスパホテルとして、2008年にオープンし、2018年7月に全客室を禁煙室にリニューアルしました。

JR「高山駅」から徒歩3分、主要観光地にも徒歩10分圏内という抜群の立地に加え、天然温泉の大浴場を備えているのが大きな特色です。

高山市内を一望できる展望露天風呂は源泉かけ流し。窓は一面ガラス張りになっていて、天気のよい日には高山の市街地はもちろん、北アルプスの山々がくっきりと浮かび上がり、まさに絶景。一浴の価値アリです!

9階のエレベーターホール前には、畳敷きの小さな湯上り処があり、大きな窓からは高山市内を眼下に見下ろすことができます。なおこちらには、ソフトドリンクやアルコール、牛乳の自動販売機も設置。

JR「高山駅」から広小路通りに面しており、はじめての方でも迷うことなくホテルまでたどり着くことができます。また、徒歩圏内に居酒屋や焼肉屋がある上に、コンビニも隣接していて大変便利です。

「スパホテルアルピナ飛騨高山」の施設情報

施設名 スパホテルアルピナ飛騨高山
住所 岐阜県高山市名田町5-41
電話番号 0577-33-0033
URL http://www.spa-hotel-alpina.com/

第2位:担当の仲居さんがつく「飛騨亭 花扇」

飛騨高山の市街地から車で約15分ほどの所に「飛騨亭 花扇(はなおうぎ)」はあります。こちらの旅館では昔ながらの旅館のおもてなしを大切にしており、お出迎えからお見送りまで、おなじ仲居さんが担当するというもの。

地下1,200メートルから掘削した自慢の自家源泉「神代の湯」は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」。肌触りがとても柔らかくてとろみがあり、まるで美容液のよう。露天風呂でも大浴場とおなじような美肌の湯をご堪能いただけますよ。

大浴場は朝晩で男湯と女湯が入れ替わるので、ぜひどちらもお試しください! また、貸切露天風呂「天領の湯」は家族や恋人など、親しい方とゆっくり温泉を楽しむのに最適。

内装には、ロビーから客室に至るまで神代欅・神代杉・吉野杉などの木が使用されており、人の感覚を心地よく刺激する “ゆらぎ” 効果をもっています。また、全館畳敷きで裸足で歩くことができるので、足元からリラックス効果も。

お食事の目玉は、なんといっても飛騨牛。お刺・ステーキ・しゃぶしゃぶなどさまざまな調理法で、本場の飛騨牛を味わえます。

隅々までゆき届いた、最高のおもてなしが自慢の旅館、それが花扇なのです。

「飛騨亭 花扇」の施設情報

施設名 飛騨亭 花扇(はなおうぎ)
住所 岐阜県高山市本母町411-1
電話番号 0577-36-2000
URL https://www.hanaougi.co.jp/

第3位:自家源泉の“美人の湯”「高山グリーンホテル」

高山グリーンホテルの源泉 “天領の湯” は「弱アルカリ性単純温泉」。お肌を柔らかく整え、きめ細かくつややかにする美肌効果があることから “美人の湯” と呼ばれます。

自慢の大浴場は一面ガラス張りとなっており、壁の向こうには趣のある日本庭園が。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は白雪と、四季折々の表情を見せてくれるのです。

館内には飛騨随一のお土産処「高山おみやげ商店街 飛騨物産館」があります。品揃えは、なんと7,000点以上! 館内のPOPやイベントで飛騨にまつわるエピソードが聞けて思わぬみやげ話が持ち帰れるかも。

「飛騨高山温泉 高山グリーンホテル」の施設情報

施設名 飛騨高山温泉 高山グリーンホテル
住所 岐阜県高山市西之一色町2-180
電話番号 0577-33-5500
URL https://www.takayama-gh.com

第4位:北アルプスを見渡せる露天風呂「ひだホテルプラザ」

こちらの自家源泉 “飛天の湯” は飛騨エリアでも珍しい「ナトリウム-塩化物泉」。「東館」「喜多館」「皆美館」の三館に分かれており、喜多館ではモダンな造りの天望大浴場や、雄大な北アルプスを見渡せる屋上階の絶景露天風呂をはじめ、ジェットバスや壷風呂なども楽しめます。

東館地下には入口から浴槽脇まですべて畳の“ 木香の湯”。畳の心地よさに気持ちも和らぎ、日頃の疲れも取れることでしょう。

一番人気の「飛騨牛」はもちろん、飛騨の風土が育てた自然の素材をふんだんに取り入れたお食事も魅力の一つです。京風会席、「飛騨牛」をメインにしたコース、中国各地の味を取り入れた中華など、和洋中さまざまな味が堪能できます。

「ひだホテルプラザ」の施設情報

施設名 ひだホテルプラザ
住所 岐阜県高山市花岡町2-60
電話番号 0577-33-4600
URL https://www.hida-hotelplaza.co.jp

第5位:露天風呂は夜になるとライトアップ! 「宝生閣」

「宝生閣」には女湯 “天女の湯” と男湯 “仙人の湯” が設けられており、それぞれに2つずつ露天風呂と大浴場が用意されています。露天風呂は夜になるとライトアップされ、爽やかな昼間の雰囲気とは打って変わって、幻想的な空間を演出。

さらに「飛騨高山温泉」を楽しめる露天石風呂や、ジェットバスの露天酒樽気泡風呂、寝そべって入る檜の露天寝湯風呂、壁一面に描かれた合掌造りの彫り絵が印象的な大浴場など、浴場内にはリラックスできる空間が盛りだくさん。

「旅行新聞新社」主催の『プロが選ぶホテル・旅館100選』にも、10年連続で選出されていることからも人気の高さが伺えます。

お食事は、天日塩・ワインソース・生姜醤油の3つの味から楽しめる「陶板焼」、ごまだれとポン酢とでいただく「しゃぶしゃぶ」、朴葉の上でオリジナルの味噌をからめていただく「朴葉味噌ステーキ」などで、最上級(A5等級)の飛騨牛料理が心ゆくまで堪能できます。

また玄関脇の坂道を下れば、かつて高山城の城下町として栄えた町並みを散策するのもいいかもしれません。

「宝生閣」の施設情報

施設名 宝生閣
住所 岐阜県高山市馬場町1-88
電話番号 0577-34-0700
URL http://www.hoshokaku.co.jp

ミシュランも認める観光地・高山!

飛騨 高山 合唱造り 白川郷

飛騨高山は、仏ミシュラン社の実用旅行ガイドブック『ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン』で、必見の観光地として最高の3ツ星を獲得するほどの素晴らしい温泉地です。最近は「日本の原風景を残す街」として紹介され、日本国外からの観光客も増加しています。

そんな飛騨高山に湧き出る「飛騨高山温泉」で、日頃の疲れを忘れ、ほっこり寛ぎのひと時を過ごしてみてください。

「岐阜県」のおすすめ温泉情報はこちら!