秋田で観光に人気のおすすめスポットランキングTOP10!お土産や名物についても【最新版】

秋田 亀田不動滝

山々や湖など豊かな自然に恵まれ、「乳頭温泉郷」など温泉地も数多くある秋田。

色白できめ細やかな肌の「秋田美人」が多く、温和で忠実な秋田犬の産地としても知られていますよね。

今回は、秋田の絶景スポットをはじめ、歴史や伝統文化を体験できる人気の観光スポットをご紹介。さらに、代表的な名物グルメやお土産など、秋田の見どころを一挙にお届けします!

秋田の歴史

秋田 久保田城

大曲の花火で有名な大仙市にある「米が森遺跡」。遺跡から発見された石器によって、3万5千〜1万5千年前の後期旧石器時代から、秋田の地には人が住んでいたことが伺えます。

中世には、奥州藤原氏が東北の地一帯を支配。今の秋田地方にも支配が及びました。

戦国時代を経て関ヶ原の戦いの後、秋田地方には久保田藩(秋田藩)が築かれ、佐竹氏が初代藩主となり、現在の千秋公園に久保田城を築きました。久保田藩は鉱物や秋田杉を財源としたものの、財政難に苦しみ財政改革を繰り返したと伝えられています。

明治4年には廃藩置県により秋田県が設置され、他県と統合を重ねたのちに、明治5年に久保田城の本丸に秋田県庁が置かれました。

秋田の魅力

秋田 きりたんぽ

豊かな自然の中、秋田の土地や気候ならではの魅力ある名産品やグルメが数多くうまれました。

秋田を代表する名産品「あきたこまち」は、全国的にも有名なブランド米。粘り気が強くもちもちとした食感が特徴です。旨味や甘味も強く、水分を多く含むので冷めてもおいしくいただくことができます。

秋田の名物グルメと聞くと、「きりたんぽ鍋」を思いうかべる方も多いのでは? すり鉢でつぶしたご飯を竹輪のように焼いた「きりたんぽ」を、せりやごぼうなどの野菜、鶏肉などと煮て食べるのがきりたんぽ鍋。

スープのにおいが食欲をそそり、見るからに体をあたためてくれそうなきりたんぽ鍋は、冬には学校で給食として食べられるほど、秋田に根付いた料理です。

きりたんぽ鍋とおなじく、秋田を代表する名物グルメが「稲庭うどん」。讃岐・水沢と並び日本3大うどんと称されています。稲庭うどんは、コシや喉ごしのよさに加え、キメの細かさが特徴。あたたかくしても、冷たくしても美味しくいただけます!

スープや具材がセットになったきりたんぽ鍋のセットや、稲庭うどんはお土産用に持ち帰りのものが販売されているので、家でも秋田の味を楽しむことができますよ。

観光帰りに、ぜひお召し上がりくださいね。

秋田で観光に人気のおすすめスポットランキングTOP10

秋田に足を運んだらぜひ訪れたい、魅力のスポットをご案内。秋田の自然、文化を体験できるスポットばかりです。

第1位:「なまはげ館」

なまはげ

秋田を代表する文化「なまはげ」。「はまはげ館」では、なまはげの伝説がなぜ生まれたのかを、数々の貴重な展示品や資料で知ることができます。男鹿市内の各地区から集められたはまはげ面の展示は、迫力いっぱい! ずらりと並んだお面を見ると、なまはげの表情がそれぞれ違い、個性があるのがわかります。

こちらでは、なまはげの衣装を着てなまはげになる体験もできます。秋田の旅の思い出にチャレンジしちゃいましょう! お土産コーナーのはまはげグッズも見逃せません。

なまはげ館の施設情報

施設名 なまはげ館
住所 秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢
電話番号 0185-22-5050
URL https://www.namahage.co.jp/namahagekan/

第2位:「角館武家屋敷」

秋田 角館武家屋敷

角館(かくのだて)町は、「みちのく小京都」ともよばれる風情ある町。旧家が立ち並ぶ武家屋敷通りは、日本さくら名所100選にも選ばれ、黒板塀の家に桜並木が美しく映えます。

見学が可能な武家屋敷もあるので、武士や町人たちがどのような暮らしをしていたのかを覗いてみることができますよ。

角館武家屋敷の施設情報

施設名 角館武家屋敷
住所 秋田県仙北市角館町表町上丁〜東勝楽丁
電話番号 0187-54-2700(田沢湖・角館観光協会)
URL http://kakunodate-kanko.jp/kakunodate.html

第3位:「大仙市・大曲の花火」

秋田 大曲の花火

毎年8月の最終土曜日に開催される「大曲の花火」。昭和43年から続く大曲の花火は、30社近くある花火の製作者自身が花火を打ち上げる競技大会です。人口4万ほどの大曲に、多いときでは80万人もの観覧者が花火を目当てに訪れる大イベントです。

競技大会は昼から夜まで行われ、昼には小さいながらも美しく鮮やかな色の花火を楽しめます。夜は、10号玉の部と創造花火の部が開催され、数々のみごとな花火が、大曲の空に力強く咲き誇ります。

大曲の花火の施設情報

施設名 大曲の花火
住所 秋田県大仙市
電話番号 0187-88-8073(大曲商工会議所)
URL http://www.oomagari-hanabi.com/

第4位:「道の駅あきた港 ポートタワーセリオン」

秋田市の土崎港にある「ポートタワーセリオン」。買い物もグルメも、遊びも楽しめる人気の施設です。

高さ143メートルのセリオンタワーにある展望台は、地上100メートルの高さから、秋田の市内を一望できる絶景スポット! 秋田市の夜景を見渡せるカップルベンチがあるので、カップルで訪れてみては?

タワー1階にあるマルシェには、きりたんぽ鍋や稲庭うどん、比内地鶏をはじめとした秋田の名物がそろっているので、お土産選びにもぜひお立ち寄りください。

道の駅あきた港 ポートタワーセリオンの施設情報

施設名 道の駅あきた港 ポートタワーセリオン
住所 秋田県秋田市土崎港西1-9-1
電話番号 018-857-3381
URL http://www.selion-akita.com/

第5位:「横手市ふれあいセンターかまくら館」

横手市にある「かまくら館」は、1年中かまくらを体験することができるスポット。部屋の温度がマイナス10℃にたもたれていて、本物の雪で作られたかまくらの中に入ることができます。雪が降らない地方の方は、マイナス10℃の寒さにびっくりするはず。貴重な体験をすることができます。

横手市ふれあいセンターかまくら館の施設情報

施設名 横手市ふれあいセンターかまくら館
住所 秋田県横手市中央町8-12
電話番号 0182-33-7111(横手市観光協会)
URL http://www.yokotekamakura.com/02_kanko/kamakurakan.html

第6位:「リゾートしらかみ」

秋田 リゾートしらかみ

秋田県から青森県へと、日本海沿いを走る「リゾートしらかみ」。沿線には、目を奪われるような絶景スポットが数多くあり、車窓から楽しむことができます。

秋田と青森にまたがってそびえるのは白神山地。約13万ヘクタールもの面積をもつ広大な山地は、人の手が入らない自然のままのブナの原生林が広がり、世界遺産にも登録されています。

リゾートしらかみの施設情報

施設名 リゾートしらかみ
住所
電話番号
URL https://www.jreast.co.jp/akita/gonosen/

第7位:「秋田竿燈まつり」

秋田竿燈まつり

重要無形民俗文化財に指定されている「秋田竿燈(かんとう)まつり」は、豊作を祈るお祭りです。米俵に見立てた巨大な提灯をかついで、大通りを練り歩きます。大通りを竿燈の灯りが尽くす様と人々の熱気は、見る者を圧倒することでしょう。

秋田竿燈まつりの施設情報

施設名 秋田竿燈まつり
住所 秋田県秋田市
電話番号 018-888-5602(秋田市竿燈まつり実行委員会事務局)
URL http://www.kantou.gr.jp/index.htm

第8位:「田沢湖」

秋田県仙北市の「田沢湖抱返り県立自然公園」にある「田沢湖」。美しいブルーの水は、深いところでは423.4メートルにもなります。

湖沿いと湖のなかに建つのは、かつて湖畔に住んでいたという「辰子姫の伝説」の「たつ子像」。田沢湖での人気のフォトスポットとなっています。

田沢湖の施設情報

施設名 田沢湖
住所 秋田県仙北市
電話番号 0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター)
URL http://www.tazawako.org/

第9位:「男鹿水族館GAO」

男鹿半島の海の間際に建つ水族館「GAO」。展望室からは、荒々しい岩に波が打ちつける様が見えます。晴れた日には日本海に沈む夕日が美しい絶景スポットでもあります。

GAOの人気は、巨大なホッキョクグマ。ペンギンやアザラシ、アシカなどへの餌やりは、餌のやり方や解説が工夫されていて楽しめると人気です。

男鹿水族館GAOの施設情報

施設名 男鹿水族館GAO
住所 秋田県男鹿市戸賀塩浜字壷ケ沢93
電話番号 0185-32-2221
URL http://www.gao-aqua.jp/

第10位:「十和田湖」

十和田湖

秋田県と青森県にまたがる、世界最大の二重カルデラ湖「十和田湖」。青く澄んだ透明度の高い湖水は「十和田ブルー」とも呼ばれる美しさです。

春は新緑、秋は紅葉が湖を美しく彩り、冬に雪が積もれば一面の銀世界となり、湖は季節それぞれの美しい表情を見せてくれます。

十和田湖の施設情報

施設名 十和田湖
住所 秋田県鹿角郡小坂町、青森県十和田市
電話番号 0176-75-2425(十和田湖国立公園協会)
URL http://towadako.or.jp/

秋田のおすすめお土産

おいしい米と水がある秋田は、37もの蔵元がある日本酒どころです。お目当ての酒があれば蔵元を訪れるのもよいですが、酒店や土産店で試飲をして好みの味を見つけるのも楽しいですね。

甘くて香ばしい大根の漬物「いぶりがっこ」も、日本酒のお供にぜひ。相性抜群ですよ!

観光帰りに、ぜひお持ち帰りくださいね。

秋田県のおすすめお土産をCHECK

秋田で豊かな自然と伝統を感じて

日本海に面し自然豊かな秋田。心癒される絶景や、古くから伝わる伝統や文化にふれて、楽しい時間を過ごしてくださいね。

秋田県のおすすめ温泉情報をCHECK