【意外と知らない】外湯と内湯の定義とは?外湯めぐりのおすすめ温泉地ランキングTOP5も

pixta 26869866 S - 【意外と知らない】外湯と内湯の定義とは?外湯めぐりのおすすめ温泉地ランキングTOP5も

外湯と内湯、それぞれどんなお風呂をイメージしますでしょうか。屋根があるかないかじゃないの? 露天風呂かそうでないかでしょ? そう、なんだかふわっとはわかる気がしますが、じつはきちんとした定義があります。今回はそんな外湯と内湯について、そしておすすめの外湯についてまとめてみました。

外湯と内湯


「外湯」とは、外にある共同浴場のこと。一方、「内湯」とは、旅館の中にあるお風呂のことです。

当初、温泉は自然湧出源泉に限られていたため、共有財産ということから旅館内に作られることはありませんでした。

しかし現在は、技術の発達や観光の増加などを理由に、旅館などでも温泉施設をもつようになり、そうしたお風呂を「内湯」、それに対して外にある共同浴場を「外湯」と呼ぶようになったそうです。

外湯めぐりについて


複数の源泉、多くの浴場がある温泉地では、共同浴場や日帰り入浴施設など、宿泊する施設以外の外湯を散策しながら巡ることが楽しみの一つになります。最近はスタンプラリーをやっている温泉街などもありますね。

外湯めぐりをする際の服装や持ち物は?


外湯めぐりを楽しむために必要なものについて触れておきます。

服装

基本的にルールはありません。自由な格好でOKです! ただ、ほとんどの人は旅館で借りた浴衣をきています。私服でも問題ありませんが、せっかくの機会なので、風情を感じるためにも浴衣を着てみてください。

タオル

こちらも旅館で借りたものを持っていくことができます。外湯の各施設ではタオルの用意がないので、必ず持っていきましょう。その際いろいろな温泉に何度も入浴することを想定し、もし1枚では不安という方はご自身でタオルを用意できると安心です。

シャンプーや化粧水など

タオルはありませんが、シャンプーやリンス、ボディーソープは基本的に用意してあります。ただ、自分の髪質にあうシャンプーかどうかなどはわからないので、こちらも使い慣れているものを持参したほうがいいでしょう。

化粧水などは置いていない施設が多いので、自分のものを持っていきましょう。小分けにして持ち歩けば邪魔にならないですね。

お金

温泉街ですので、おいしそうな食べ物を販売しているお店も多くあります。また入浴後の水分は大切なので、小銭程度のお金を持ち歩くといいでしょう。

ただ、各施設に必ず貴重品ロッカーがあるとは限らないので、目立つお財布で大金を持ち歩くのは危険です。小さめのお財布を用意しましょう。

外湯めぐりの人気おすすめランキングTOP5

ここからは、外湯めぐりが楽しめる温泉地をランキング順にご紹介します。

第1位:さまざまな泉質が楽しめる「渋温泉(長野県)」


9箇所の外湯があり温泉成分もさまざまで、鉄分が多いものから白濁のもの、緑がかったもの、無色透明など地中から湧き出たままの温泉が味わえます。

風情ある石畳の温泉街はノスタルジックな気分に浸らせてくれることでしょう。

第2位:歴史ある湯治場の風情を満喫「城崎温泉(兵庫県)」


7箇所の外湯があり、山頂からの景色や重要文化財に指定された「温泉寺」など温泉以外にも見所がたくさんあります。

明治以降多くの文豪が来訪して作品の舞台にもなっており、文学の街としても知られる温泉街です。人気作家が「城崎温泉」をテーマに書いた作品を城崎温泉だけで限定発売する「本と温泉」プロジェクトも開催しています。

第3位:四季折々の大自然が魅力「越後湯沢温泉(新潟県)」

新潟県 湯沢

5箇所の外湯があり、それぞれの温泉施設や「湯沢町観光協会」で外湯めぐりチケットも販売されています。

川端康成の名作『雪国』の舞台としても有名なこちらの温泉は、夏は登山やハイキング、冬はスキーやスノーボードなど、レジャースポットが満載ですのでレジャー帰りにぜひお立ち寄りください。

第4位:江戸時代から続く13箇所の外湯「野沢温泉(長野県)」


「野沢温泉」には地域の人々に愛され大切に守られてきた13箇所の外湯があり、それぞれのお風呂には湯守り仏が奉られています。


また「野沢温泉観光協会」による、地域の文化や暮らしが体験できる「ふるさと体験プログラム」も用意されています。伝統工芸の「つる細工」やそば打ちなどを体験してはいかがでしょうか?

第5位:信州最古の温泉で湯めぐり散歩「別所温泉(長野県)」


3箇所の外湯があります。周辺に重要文化財などの歴史的建造物が多い「別所温泉」では、温泉街に散歩コースも整備されておりますので、外湯とともに神社仏閣の鑑賞や散策をお楽しみください。

外湯も内湯も楽しみたい!


せっかくの旅行なので、温泉も観光も、宿泊する旅館もめいっぱい満喫したいですよね。温泉街は、それをすべて叶えることができます。浴衣をきて、歴史的建造物に囲まれ少しタイムスリップしたような非日常を味わいたい方はぜひ、次の旅行に温泉街へ行かれることをおすすめします。

外湯と内湯をもっと楽しみたい方はこちら