銀山温泉と周辺のおすすめ貸切温泉ランキングTOP5!混浴や日帰り利用も【最新版】

japan 1366873 1920 728x485 - 銀山温泉と周辺のおすすめ貸切温泉ランキングTOP5!混浴や日帰り利用も【最新版】

今回は、山形県尾花沢市にある「銀山温泉」をご紹介します。銀山温泉は、大正ロマンあふれるモダンな温泉宿が建ち並ぶ、人気の温泉地です。高層ビルに囲まれた大都会から訪れれば、時代がタイムスリップしたような錯覚も? そんな風情あふれる「銀山温泉」のおすすめ観光スポットや温泉をご紹介します。

銀山温泉について

はじめに、「銀山温泉」について知識を身につけましょう。

銀山温泉は山形県尾花沢市にある温泉地です。1983年4月4日から1984年3月31日まで放送されていたNHK連続テレビ小説「おしん」の舞台になり、全国的に有名となりました。

慶長年間(1614年)開湯。延沢銀山の作業員が銀山川の中に温泉が湧いているところを発見し、歴史が始まります。寛永8年頃(1631年)には最盛期を迎えますが、元禄2年(1689年)に閉山。その後は、湯治場としてわずかながらも賑わいをみせました。

大洪水を経て復興

大正2年(1913年)の大洪水で温泉街は壊滅状態に。しかし、地元の有力者の協力もあり復興され、現在に至ります。昭和43年(1968年)には国民保養温泉地に指定され、温泉の安全性は国も認めています。

そんな銀山温泉の一番の個性は、大正ロマンに形容されるようなモダンな光景が広がるところです。例えば、木造バルコニーの建築や、外装のこて絵が表現がありますし、歩道には都会で見ることのないガス灯も並んでいます。そのようなモダンな風景を守るために条例も定められているんです。

銀山温泉には山形新幹線「大石田駅」下車。バスで40分ほどと少し遠いアクセスになりますが待ちわびて到着した目の前には時代を巻き戻したかのような景色が待っています!

銀山温泉へのアクセス方法についてはこちらをチェック

銀山温泉と周辺のおすすめ貸切温泉ランキングTOP5

もともと旅館の数が少ない銀山温泉。貸切風呂を備えている宿は少ないので、銀山温泉周辺エリアも含めたおすすめ宿5つをお届けします。

第1位:内湯も露天風呂も貸切使用できる「旅籠 いとうや」

1日4組だけの宿泊しかできない宿です。木造3階建てのつくりで、ブラウンやベージュを中心とした家具によって落ち着きや癒しの空間を演出しています。混浴も可能である貸切風呂は、内湯と露天風呂の両方が揃っています。露天風呂は浴槽の周りは木々でつくられた壁、天井は吹き抜けではなくわらが被せてある空間に。露天風呂の開放感はありませんが、壁や屋根の隙間から差す木漏れ日に風情を感じますよ。日帰りプランや入浴だけはできないのでご注意を。

「旅籠 いとうや」の詳細情報

施設名 旅籠 いとうや
住所 山形県尾花沢市銀山温泉447
電話番号 0237-28-2025
URL http://hatago-itouya.com/

第2位:木の温もりが優しく趣きある温泉「古山閣」

木造の旅館が多い銀山温泉。こちらの古山閣も例外ではありません。木造4階建ての外観は夜になるとガス灯に照らされ、趣ある雰囲気に。温泉はジブリ映画「千と千尋の神隠しのようだ!」と表現されるほど、個性的な味わいがあります。綺麗に整えられた木々でつくられているわけではないですが、味のある木々の浴槽に湯気が立ちのぼる様は、心を癒やす不思議な光景。貸切で混浴が可能な露天風呂が人気です。日帰り入浴には対応していません。

「古山閣」の詳細情報

施設名 古山閣
住所 山形県尾花沢市銀山温泉423
電話番号 0237-28-2039
URL http://www.kozankaku.com/

第3位:貸切風呂に自由に入れる「永澤平八」

和風モダンで統一され、大正時代の高貴な家庭のような空間を演出する「永澤平八」。客室はもちろん畳敷きの和室で、縁側にソファーとテーブルのあるお部屋も用意されているなど、美しい庭を眺めながくつろぐこともできます。浴槽や浴室のタイプは数種類あり、どの浴室も木が基調になっています。貸切露天風呂は特に予約が必要なく、空いているときにいつでも入浴可能です。

「永澤平八」の詳細情報

施設名 旅館 永澤平八
住所 山形県尾花沢市銀山新畑445
電話番号 0237-28-2137
URL http://www.ginzanonsen.jp/nagasawa/index.html

第4位:レトロな建物の中にたくさんの風呂! 「喜至楼」

銀山温泉の温泉街から車で1時間弱ほどになりますが、最上町の瀬見温泉「喜至楼」もおすすめです。あの源義経と弁慶が源頼朝からの迫害を避けるために京都から平泉をまわって現在の最上町についたところ、発見されたという瀬見温泉。貸切風呂が2つと混浴風呂が用意されていて、昼食と休憩がセットの日帰りプランもあります。泉質は塩化物硫酸塩泉、カルシウム泉、ナトリウム泉で痔や婦人病、リウマチ、神経痛に効果が期待できますよ。

「喜至楼」の詳細情報

施設名 喜至楼
住所 山形県最上郡最上町大堀988
電話番号 0233-42-2011
日帰り営業時間 10時00分〜15時00分
料金 大人:500円、小人:300円
URL http://www.kishirou.com/

第5位:最上川を見下ろす眺めのいい温泉「クアハウス碁点」

銀山温泉から車で1時間弱の「クアハウス碁点」は、村山市に所在する温泉です。露天風呂は山形の川「最上川」を見下ろすことのできる眺めで、四角形の綺麗に整えられた浴槽。湯量も豊富でじっくりと浸かって疲労も回復できますよ!日帰り利用で露天風呂、SPAプール、岩盤浴、家族風呂の利用が可能。家族風呂は車椅子の方でも利用しやすく広い脱衣場や車椅子のまま入れるトイレも完備されています!ナトリウム・カルシウム塩化物泉の泉質は疲労回復、筋肉痛、婦人病に効果が期待できます。

「クアハウス碁点」の詳細情報

施設名 クアハウス碁点
住所 山形県村山市碁点1034-7
電話番号 0237-56-3351
日帰り営業時間 6時00分〜21時00分
料金 大人:400円、小人:200円
URL http://kur-goten.jp/

銀山温泉周辺のおすすめ観光スポット

温泉と一緒に観光を楽しむ方のために周辺観光を紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

その1:銀山温泉に到着したらまず最初に試したい「和楽足湯」

銀山温泉街にある共同足湯になります。「銀山温泉に泊まるのに」と思われるかもしれません。ですが、大正ロマンと言われる街並みを足湯に入りながら楽しんで欲しいのです。無料で利用できますので、宿に着いたらまずは足湯で銀山温泉の風情を楽しんでみてくださいね!

「足湯 和楽足湯」の詳細情報

施設名 足湯 和楽足湯
住所 山形県尾花沢市銀山新畑地内
電話番号
URL

その2:銀山川周辺の散策コース「白銀公園」

こちらも銀山温泉街から徒歩圏内の観光スポット。延澤銀山の銀坑洞と銀山川の周りを含めた自然公園が、白銀公園となっています。周辺を散策する50分の徒歩コースも整備されているので、ハイキングにも最適。特に夏は、白銀の滝は涼しさと癒しをもたらしてくれますよ!

「白銀公園」の詳細情報

施設名 白銀公園
住所 山形県尾花沢市銀山新畑地内
電話番号
URL http://yamagatakanko.com/spotdetail/?data_id=4182

その3: “おしんこけし”で有名! 「伊豆こけし工房」

朝ドラの「おしん」で一躍有名になった銀山温泉。おしんに出てくるこけしのモデルをつくったのが、こちらの「伊豆こけし工房」さんです。「おしん」は世界各国でも放送されたためか、いまも海外から問い合わせがあるのだそう。「誕生こけし」と言って生まれた赤ちゃんと同じ身長、体重でこけしをつくってくれるサービスは大人気! 日本の伝統工芸「こけし」の魅力に、触れてみませんか?

「伊豆こけし工房」の詳細情報

施設名 伊豆こけし工房
住所 山形県尾花沢市銀山温泉
電話番号 0237-28-2161
URL http://www.izu-kokesi.gr.jp/

その4:花笠音頭を産んだ20世紀の人造湖「徳良湖」

山形の夏祭りといえば「花笠踊り」。花笠音頭に合わせて、花笠を回す踊りは有名です。実は花笠音頭が出来上がったのは徳良湖がつくられた時。徳良湖は人工の湖で、作業の時に工夫たちが歌った土突き歌が起源です。春は徳良湖の上に鯉のぼり、時期によって白鳥も現れます。徳良湖周辺にはキャンプ場や食事のできるレストランもあります。

「徳良湖」の詳細情報

施設名 徳良湖
住所 山形県尾花沢市大字二藤袋
電話番号
URL http://www.city.obanazawa.yamagata.jp/1899.html

その5︰『奥の細道』の資料を保存する「芭蕉・清風歴史資料館」

尾花沢市はかの有名な松尾芭蕉が、奥の細道の道中に10泊した街。それらの軌跡をまとめた資料や、鈴木清風の家屋の再現が「芭蕉・清風歴史資料館」に展示されています。鈴木清風は江戸時代の紅花商人。清風も俳人であります。松尾芭蕉は鈴木清風の家を訪ねて10日もの間滞在。2人の出会いやか関わりを知る資料館になっています。

「芭蕉・清風歴史資料館」の詳細情報

施設名 芭蕉・清風歴史資料館
住所 山形県尾花沢市中町5-36
電話番号 0237-22-0104
営業時間 9時00分〜16時30分
定休日 水曜日
入場料 大人:200円、小人︰100円
URL http://www.city.obanazawa.yamagata.jp/2251.html

大正ロマン溢れる銀山温泉を楽しもう

レトロな木造建築の温泉宿がひっそり建ち並ぶ銀山温泉で、素敵な観光スポットへ寄り道。日頃の忙しさを忘れ、タイムスリップしたかのような空間を楽しんでみてくださいね。

銀山温泉の日帰りに関する記事はこちらもチェック!