福島市のおすすめ温泉旅館ランキングTOP7!日帰りや混浴温泉も

pixta 21727051 S - 福島市のおすすめ温泉旅館ランキングTOP7!日帰りや混浴温泉も

福島県の北部に位置する県庁所在地、福島市。雄大な山々に囲まれた盆地にあり、桃の栽培がさかんです。そんな福島市には、飯坂温泉と土湯温泉と、歴史深い2種類の温泉郷があります。今回はその2つの温泉郷から選んだ、福島市のおすすめ温泉旅館をご紹介します。日帰りや混浴など、多彩なシチュエーションで訪れてくださいね。

福島市の代表的な温泉地と観光スポット


福島市には飯坂温泉と土湯温泉と、2種類の温泉郷があります。さて、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。

飯坂温泉の魅力

飯坂温泉は県北地域で一番の観光客数を誇る人気スポット。その歴史は3000年前、縄文時代にまでさかのぼります。そこからヤマトタケル、松尾芭蕉やヘレン・ケラーなど、多くの偉人が訪れました。泉質はお肌にやさしい単純温泉質で、温泉で肌荒れし易い人におすすめです。飯坂温泉の周辺を通る県道5号線はフルーツラインと呼ばれ、観光果樹園が数多く並んでいます。

土湯温泉の魅力

一方の土湯温泉は、聖徳太子が奉られている聖徳太子堂が土湯の名所として残るほど歴史深い温泉郷です。温泉の主な泉質は単純硫黄泉で、ほんのり硫黄の香りが漂います。ほかにも単純温泉、炭酸水素塩泉があり、日帰り施設も13ヶ所の旅館と2ヶ所の公衆浴場があるのでサクッと立ち寄れる便利さが魅力です。土湯温泉は“こけし”が有名で、土湯伝承館などこけし工房の見学ができます。

福島市のおすすめ温泉旅館TOP7をご紹介!

歴史深い飯坂温泉と土湯温泉が揃う、福島市。そのなかでとくにおすすめしたい温泉旅館を選んでみました。ぜひご参考ください。

おすすめ温泉宿ランキングTOP1「はるみや旅館」

H.Ayakoさん(@ayahime36)がシェアした投稿


源泉100%掛け流しの客室露天風呂や、24時間いつでも入浴できる貸切露天風呂がある「はるみや旅館」。温泉の泉質は無色透明の単純温泉で、お肌に優しい弱アルカリ性です。土湯温泉街から約2km先にある4つの井戸から湧き出た温泉を混合し運ばれる温泉を、内風呂、渓流露天風呂、展望露天風呂でたっぷり満喫できます。お食事は福島の素材をもちいた『田舎料理』。刺し身に海の幸でなく“会津産の馬刺し”を出すなど、福島の食文化を心ゆくまで味わえます。福島牛のすき焼きorじゃぶしゃぶも絶品ですよ。

施設名 はるみや旅館
住所 福島県福島市土湯温泉町杉ノ下72
電話番号 024-595-2134
URL http://www.harumiya.com/

おすすめ温泉宿ランキングTOP2「向瀧旅館」


荒川の源流沿いにある源泉を、100%掛け流しでたっぷりひいた「向瀧旅館」。露天風呂、内風呂、サウナなど、24時間いつでも入れる7つのお風呂がなんともいえない心地よさを演出します。なかでも眺望の良い大浴場露天風呂は大好評。刺激が少なくマイルドな弱アルカリ性の泉質で、神経痛や関節痛をやわらげ、赤ちゃんやお肌の弱い方でも安心して入浴できます。お食事は甘くてモチモチした「会津産こしひかり」や、県北の限られた農家でしか生産されない幻の鶏「伊達鶏」が賞味できます。

施設名 向瀧旅館
住所 福島県福島市土湯温泉町字杉の下63
電話番号 024-595-2121
URL http://www.mukaitaki.co.jp/index.html

おすすめ温泉宿ランキングTOP3「飯坂ホテル聚楽」


お風呂より100メートル以内に湧き出る「延寿(えんじゅ)「花月(かげつ)」「坐忘(ざぼう)」という3種類の源泉をひき、硫酸塩泉と単純温泉の2種類の泉質が一度にたのしめるホテルです。内湯は温度別に3種類と、熱いお湯が苦手な方に嬉しい仕様に。露天風呂も寝転び、立ち見、もみほぐし(男性)/絹の湯(女性)の3種類あり、いろいろな姿勢で温泉を楽しめます。さらに、たくさんのシャンプーが試せるシャンプーバイキングなるものも。なんだか得した気分になれる、おすすめホテルです。

施設名 飯坂ホテル聚楽
住所 福島県福島市飯坂町西滝ノ町27
電話番号 024-542-2201
URL http://www.hotel-juraku.co.jp/iizaka/

おすすめ温泉宿ランキングTOP4「おきな旅館」


源泉100%が魅力のおきな旅館。無料の貸切檜風呂があり、ゆったりと過ごせます。しかし魅力はそれだけではありません。なんとこちらの旅館には、とてもかわいらしい猫が4匹いるんです。10キロ以内のペットであれば一緒に泊まれるので、大切なペットと温泉の癒しを同時にたのしみたいという方は見逃さないで。100%掛け流しの温泉は、硫化水素泉の「名湯天王寺温泉」。古くより皮膚病でお医者さんに行って治らない人は“天王寺温泉に行け”と言われるほど効果があり、2日連続の入浴がおすすめだとされています。貸切風呂も無料です!

施設名 おきな旅館
住所 福島県福島市飯坂町字北原26
電話番号 024-542-3068
URL http://www.okina-inn.com/index.php

おすすめ温泉宿ランキングTOP5「渓苑 花の瀬」

hiroさん(@snow3509flake)がシェアした投稿


温泉から、お部屋から、ラウンジからと、旅館のアチコチから望める「摺上渓谷」が絶景の温泉旅館です。温泉は弱アルカリ性単純泉で、リウマチ性疾患・慢性消化器疾患に効果的。のんびりくつろげる大浴場に、露天風呂、ジェットバスや泡風呂、サウナも完備していて、バラエティに富んだ入浴がたのしめます。お料理は季節の素材を使ったもので、季節ごとの美しさや素晴らしさを目と舌を通して味わえます。館内のコンセプトがエレガントなので、リュクスな気分を味わいたい方はぜひ。最寄駅から離れていますが、無料送迎を頼むことも可能です。

施設名 渓苑 花の瀬
住所 福島県福島市穴原温泉新湯7
電話番号 024-542-0800
URL http://www.tsuki-hana.com/hana/index.html

おすすめ温泉宿ランキングTOP6「山根屋旅館」

@saaaesaeeeがシェアした投稿


大正10年創業、100%源泉掛け流し温泉が自慢の老舗旅館です。土湯温泉で一番大きな大浴場が備わり、風情ある露天風呂、貸し切りもできる「上の湯」など、聖徳太子の時代から“どんな難病もたちまち治る薬湯”として知られる上の湯の源泉をたのしめます。森の恵みを五感であじわう“自然浴”を推奨しており、湯治目的のお客様も多いのだとか。荒川に面した客室はすべて和室で、落ち着いた時間をまったり過ごすことができます。

施設名 山根屋
住所 福島県福島市土湯温泉町油畑3
電話番号 024-595-2116
URL http://www.yamaneya-ryokan.jp/

おすすめ温泉宿ランキングTOP7「喜久屋旅館」

mymmさん(@mymm2167)がシェアした投稿


最寄ICから車で10分、最寄駅から徒歩10分と、アクセスがいい場所にある旅館です。温泉は源泉掛け流しで、露天風呂は30分間の貸切無料。24時間いつでも入れます。お料理では地元の食材を楽しめます。おあつらえむきに卓球場もあり、温泉旅行らしい楽しみかたができるお宿です。飯坂温泉にある8つの外湯のなかでいちばん有名な「鯖湖湯(さばこ湯)」まで徒歩10分程度でいけるので、湯めぐりに出掛けるのもおすすめです。

施設名 喜久屋旅館
住所 福島県福島市飯坂町字西堀切16
電話番号 024-542-3121
URL http://www.chuokai-fukushima.or.jp/iizaka-spa/kikuya/

日帰り可能!おすすめ共同浴場3選

福島市には日帰り入浴可能な共同浴場がたくさん。そのなかでぜひ訪れて欲しい温泉をピックアップしてみました。

おすすめ共同浴場1「飯坂温泉 鯖湖湯」

ryomaさん(@7door)がシェアした投稿


3000年の歴史を持つ飯坂温泉。その中でも最も古い温泉がこちらの「鯖湖湯」です。松尾芭蕉も訪れたとされる共同浴場で、日本の奥ゆかしい温泉文化にひたってみては。

施設名 鯖湖湯
住所 福島県福島市飯坂町湯沢32-イ
電話番号 024-542-5223
URL https://iizaka.com/spa/

おすすめ共同浴場2「導専の湯」


最寄駅「飯坂温泉駅」から徒歩4分の場所にある共同浴場です。住宅地の中にあるため地元の住民もよく利用されており、いつもにぎやか。熱い温泉の中で、地元の方との会話も弾みそうです。

施設名 導専の湯
住所 福島県福島市飯坂町湯野導専16
電話番号 024-542-5223
URL http://www.fckk.co.jp/onsen/?page_id=7

おすすめ共同浴場3「切湯」


この温泉があるのは“湯野切湯”という地域。切湯にあるから切湯……と呼ぶのではなく、この浴場が発祥となって、この土地全体が切湯と呼ばれるようになりました。泉温は56.0℃と高め。熱々の湯で疲れを癒やして。

施設名 切湯
住所 福島県福島市飯坂町湯野切湯ノ上5
電話番号 024-542-5223
URL http://onsen.fckk.jp/?page_id=12

2人の仲が深まる!カップル・夫婦で混浴ができる温泉施設3選

完全プライベートな空間がたのしめる混浴は、カップルや夫婦でしっとり入浴するのにぴったり。2人の仲をもっと深めて、素敵な想い出を作ってください。

混浴ができる温泉施設1「松島屋旅館」


貸切風呂はなんとお座敷。もちろん、畳は安心の耐水・抗菌性です。お湯は源泉掛け流し。お食事はお部屋で食べられるので、人目を気にすることもありません。

施設名 松島屋旅館
住所 福島県福島市飯坂町湯野切湯ノ上
電話番号 024-542-3155
URL http://www.matsushimaya.co.jp/

混浴ができる温泉施設2「季粋の宿 新松葉」


家族風呂と2つの露天風呂が、混浴で貸し切ることができます。古き良き大理石風呂の材料は、なんと天然のもの。懐石料理の種類はダチョウ、サツマイモ、サボテンなど、どれも懐石料理として珍しいものばかりです。

施設名 季粋の宿 新松葉
住所 福島市飯坂町湯野字切湯の上2
電話番号 024-542-2134
URL http://www.chuokai-fukushima.or.jp/iizaka-spa/sinmatsuba/annai.html

混浴ができる温泉施設3「秘湯 不動湯温泉」

HSnatureさん(@hs.milky)がシェアした投稿


こちらだけ土湯温泉の、それも奥に入ったところにある温泉です。日帰りのみの温泉で、混浴で貸し切ることができます。時代を感じさせる休憩所は安らぐのにぴったりです。

施設名 秘湯 不動湯温泉
住所 福島県福島市土湯温泉町字大笹25笹25福島県福島市土湯温泉町字大笹25
電話番号 024-595-2002
URL http://www.naf.co.jp/fudouyu/

福島市の温泉で、大自然を感じよう!


温泉に加えて、果物の栽培もさかんな福島市。大自然の魅力を感じるには、うってつけの場所です。都市での生活に疲れたら、福島市の自然で癒されませんか? きっと素敵な想い出がつくれるはずです。

福島県のおすすめ温泉情報はこちら