【東京浅草】温泉銭湯「蛇骨湯」惜しまれながら閉店|江戸時代からの歴史に幕-2019年5月31日

D70sS5GV4AAai1l 728x410 - 【東京浅草】温泉銭湯「蛇骨湯」惜しまれながら閉店|江戸時代からの歴史に幕-2019年5月31日

東京都台東区浅草にある温泉銭湯「蛇骨湯(じゃこつゆ)」が、2019年5月31日に閉店しました。

「蛇骨湯」は江戸時代から続く歴史があり、地元の方々が代々通っていました。2009年に改装工事を行い、モダンに生まれ変わったばかり。観光や宿泊などで浅草を訪れる国内外の旅行客も多く訪れており、閉店を惜しむ声が広まっています。

シャワーのお湯も温泉!「蛇骨湯」の特徴

リニューアルした「蛇骨湯」は、温冷2つの露天風呂などを備え、銭湯とは思えないほどリラックスできる空間。東京にいながら、温泉で火照った体を夜風に当てる心地よさを味わえました。また、「健康増進型銭湯」として、地域のお年寄りを対象とした健康に関するイベントなども開催。みんなで温泉に入ることでコミュニケーションも生まれ、生きがいともなっていました。

「蛇骨湯」の特徴は、温泉へのこだわり。すべての浴槽だけでなく、シャワーにも温泉水を使用。源泉温度18℃の冷鉱泉で、水風呂以外は適温に加温されているものの、水で薄めることはしていません。茶褐色の手触りの良いお湯で全身を洗うととてもサッパリします。

蛇骨湯のお湯も黒湯!黒湯についてもっと詳しく

ファンからは閉店を惜しむ声

筆者が閉店前日に訪れたところ、閉店を惜しむ地元の人や銭湯ファンがたくさん来ており、番台の人に「また明日も来るからね」「なくなってしまうなんて、寂しいですね」などと話しかけていました。普段よりは混んでいたものの、仕事終わりのサラリーマンから外国人観光客まで、色々なお客さんが来ていたのはいつも通り。

最後の日まで、多くの人から愛される温泉銭湯でした。

「蛇骨湯」の詳細情報

施設名 「蛇骨湯(じゃこつゆ)」
住所 東京都台東区浅草1-11-11
電話番号 03-3841-8645
営業時間 13時00分〜24時00分
(最終受付23時00分・23時30分から清掃)
定休日 火曜日
利用料金 大人460円・小人180円・幼児80円
サウナ利用の場合別途200円
アメニティ シャンプー・ボディソープ有(無料)
貸タオル・タオル販売あり(有料)
URL https://jakotsuyu.co.jp/

「蛇骨湯」は、2019年5月31日(金)に閉館しました。

東京の温泉・銭湯情報はこちら