山梨のお土産10選!幻の銘菓「月の雫」や定番の「信玄餅」も

pixta 20669635 M 728x486 - 山梨のお土産10選!幻の銘菓「月の雫」や定番の「信玄餅」も

都心からも近い山梨県は、日帰りで訪れる方も多い人気観光スポットです。今回は山梨県へのお出かけを考えられている方に、ぜひ知っておいて欲しい定番のお土産をご紹介します。

山梨のお土産10選!

代表的な山梨のお土産を10種ほど選んでご紹介します。誰からも喜ばれる銘品ばかりです。

その1:ぶどうを贅沢に使った幻の和菓子! 「月の雫」

江戸時代末期から伝わる山梨の銘菓で、生産量日本一のぶどうを贅沢に使い、砂糖蜜をまぶしたお菓子です。生ぶどうを使用するため、ぶどうが収穫される9月から2か月程度の期間限定で販売される幻の商品。見つけた際にはぜひお土産として購入してみてください!

「風月堂」の施設情報

取扱店 風月堂
住所 山梨県甲府市中央1-1-23
電話番号 055-233-4554
URL http://fugetsudo-kofu.jp/

その2:定番山梨土産! 黒蜜ときな粉のハーモニー「信玄餅」

山梨の代表的な銘菓で、お土産として購入される方が多いのが「桔梗屋信玄餅」です。小さな容器に3切れのきな粉をまぶしたお餅が入っており、黒蜜をかけて食べるのが定番ですが、ほかにもさまざまな食べ方を楽しまれている方がいるようです。

2〜20個入りまで販売されているので、ニーズにあわせたサイズを購入できるのも嬉しいポイント。最近では信玄餅をアレンジしたアイスやプリンなども販売されており、そちらもあわせて楽しみたいですね。

「桔梗屋」の施設情報

取扱店 桔梗屋
住所 山梨県笛吹市一宮町坪井1928
電話番号 0553-47-3700
URL http://kikyouya.co.jp/

その3:まるで本物? 控えめな甘さで人気の「信玄桃」

桔梗屋の信玄餅と並ぶ定番商品が「信玄桃」です。桃を形取った焼菓子のなかにはピーチゼリー入りの白餡が含まれており、ほんのりとした甘さがあじわえます。見た目のインパクトも絶大なので、少し変わったお土産が欲しいという方にもおすすめです。

「桔梗屋」の施設情報

取扱店 桔梗屋
住所 山梨県笛吹市一宮町坪井1928
電話番号 0553-47-3700
URL http://kikyouya.co.jp/

その4:絶妙な食感で全国的に人気の「イタリアンロール」

南アルプス市に本社がある清月の人気商品が、このイタリアンロールです。しっとりとした皮、フワフワとした食感のスポンジにバターと生クリームが混ざりあった絶妙な食感が楽しめます。

全国各地から取り寄せ注文が相次ぐ人気のロールケーキ、ぜひお土産として検討してみてください。

「清月」の施設情報

取扱店 清月
住所 山梨県南アルプス市桃園591
電話番号 055-280-1222
URL http://www.saygets.co.jp/

その5:インパクト抜群の人気洋菓子「フジヤマバウム」

山梨県が誇る世界遺産、富士山の形を模したバウムクーヘンです。雪のように見える白い部分はホワイトチョコレートで作られており、生地とあわせてしっとりとした食感の甘さがたまらない一品。味はもちろんながら、お土産としてのインパクトも抜群です。

「清月」の施設情報

取扱店 清月
住所 山梨県南アルプス市桃園591
電話番号 055-280-1222
URL http://www.saygets.co.jp/

その6:生産量日本一のぶどうを使った「勝沼ワイナリーのワイン」

ぶどうの産地として有名な勝沼にある最大規模のワイナリーです。取り扱っているワインは約40種類。とくに国産プレミアムワイン「ソラリス」や、ここでしか売られていない「ワイナリーオリジナルワイン」は必見!

ワイナリーでは見学や試飲もできるので、お酒に興味がある方なら楽しめること間違いなし! お気に入りのワイン探しに足を運んでみてはいかがでしょう。

「マンズワイン勝沼ワイナリー」の施設情報

取扱店 マンズワイン勝沼ワイナリー
住所 山梨県甲州市勝沼町山400
電話番号 0553-44-2285
URL https://mannswines.com/winery//

その7:職人手作りの老舗の味! 「澤田屋 くろ玉」

昭和初期に誕生した山梨県の伝統的な和菓子で、青えんどう豆を煮たあんこ玉を羊羹に包んだこの商品は、両者が織りなす二つの甘さがいまなお人気の商品です。

現在も職人が一つひとつ手作りで生み出している伝統の味を、ぜひご堪能ください。

「澤田屋」の施設情報

取扱店 澤田屋
住所 山梨県甲府市向町375
電話番号 055-235-5545
URL http://www.kurodama.co.jp/

その8:明治生まれの山梨伝統の味! 「笹子餅」

かつて箱根と並ぶ難所と言われていた「笹子峠」の茶屋で出されていた「力餅」がモデルになっている商品で、その歴史は古く明治38年には駅売りが始まったと言われています。

一口サイズで食べやすいヨモギのお餅は、長らく中央線の車内販売の主力商品でした。現在も中央線の車内や駅、高速道路のインターチェンジをはじめ、県内各地で絶賛発売中です。

「株式会社みどりや」の施設情報

取扱店 株式会社みどりや
住所 山梨県大月市笹子町黒野田1332
電話番号 0554-25-2121
URL http://www.ekiben.or.jp/midoriya/type/etc/2009/11/001226.html

その9:海がない山梨ならではの「あわびの煮貝」

400年ほど前、海に面していない山梨県に魚介類を運ぶため、苦労を重ねて完成させたのが煮貝です。駿河湾で取れたあわびを煮て、しょうゆで付けたという先人の知恵が産み出した味を、ご家庭でご賞味あれ!

「煮貝の元祖みな与」の施設情報

取扱店 煮貝の元祖みな与
住所 山梨県甲府市中央3-11-20
電話番号 055-235-3515
URL https://minayo.co.jp/

その10:かたさは日本一! 「厚焼木乃実煎餅」

日本で唯一の3枚重ね焼きの方法で焼いた山椒風味の甘いおせんべいで、その歯ざわりは非常に硬く、カリッとした食感が楽しめます。

せんべい自体が厚いので、はじめて食べる方はかなりかたいという印象をもつと思いますが、噛んでいくうちに広がる甘さがクセになることでしょう。ほかでは味わえない食感を試してみてください。

「栄月製菓」の施設情報

取扱店 栄月製菓
住所 山梨県大月市大月3-4-2
電話番号 0554-22-6223
URL

山梨のお土産は魅力的なお土産がたくさん!


山梨では名産品であるぶどうなどの果物を生かした和菓子やワイン、洋菓子など、多くのお土産が販売されています。山梨を訪れた際には、ぜひお気に入りのお土産を探してみてください。

関連記事はこちら