東根温泉のおすすめ日帰り温泉&公衆浴場8選【2017年版】

pixta 7987919 M 728x485 - 東根温泉のおすすめ日帰り温泉&公衆浴場8選【2017年版】

東根温泉は山形県東根市にある温泉地です。明治43年、大旱魃のため灌漑用水を得ようと試みたところ湧き出たのが東根温泉と伝えられています。また、特産物であるさくらんぼから『さくらんぼ東根温泉』とも呼ばれています。今回は豊かな田園風景が印象的な東根温泉にあります、日帰り温泉・公衆浴場をご紹介します!

東根温泉のおすすめ日帰り温泉東根温泉のおすすめ日帰り温泉1.ミネラル豊富なお湯が特徴「たびやかた嵐の湯」

「たびやかた嵐の湯」には、大浴場・露天風呂・嵐の湯・奥の院・うたせ湯と5つのお風呂があります。その中でも絶対入りたいのが嵐の湯です。

床一面に敷き詰められた15種類の薬石を、温水だけで熱を加えられることにより薬石から大量なミネラルが発散される、サウナでも岩盤浴でもない不思議な嵐の湯。皮膚のトラブルや花粉症、髪の毛を元気にさせるなど、さまざまな効能があります。健康旅館日本一とも言われていて、マッサージやエステなどの施術や効果的な入浴方法で健康に導いてくれること間違いなしです!

たびやかた嵐の湯の施設情報

温泉名 たびやかた嵐の湯
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
泉温 65~70.0℃
適応症 慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、きりきず、やけど、虚弱児童、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性、痔疾、病後回復、疲労回復、健康増進
料金 820円~
アメニティ シャンプー&リンス/シャワーキャップ/剃刀/ドライヤー/バスタオル/男性整髪料など
住所 山形県東根市温泉町1丁目9-22
電話番号 0237-42-0054
営業時間 5時00分〜18時30分
定休日 無休
駐車場 あり
URL http://arashiyu.com/

東根温泉のおすすめ日帰り温泉2.ゼロ泊二食のプランもあり「のゝか本郷館」

「のゝか本郷館」は、大浴場・露天風呂・貸切樽風呂の3種類の温泉があり、貸切樽風呂はご家族やご夫婦に最適です。地元金山杉を多く使用した浴室の優しい木の香に、心も身体も癒されます。また、用途に合わせた様々なプランがあるのが特徴的です。

日帰り・夜帰りでも、9つものプランがあります。宿泊はできないけど、温泉に入ってご飯も食べたい!という方にはぴったりです。

のゝか本郷館の施設情報

温泉名 のゝか本郷館
泉質 含硫黄-ナトリウム塩化物・硫酸塩温泉
泉温 55~70.0℃
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性婦人病、糖尿病(硫化水素型)
料金 大人600円 (中学生以上)小人400円 (1歳以上小学6年生まで)
アメニティ ハンドタオル・歯ブラシ・バスタオル・シャンプー・リンス・ボディソープ・ドライヤー・シャワーキャップ・綿棒
住所 山形県東根市温泉町2-1-1
電話番号 0237-42-1711
営業時間 13時30分〜15時00分/18時30分〜20時00分
定休日 無休
駐車場 あり(70台)
URL http://www.nonoka.jp/

東根温泉のおすすめ日帰り温泉3.温泉たまごも作れる「日帰り温泉 こまつの湯」

「石亭小松」の別館ということで隣接されている「日帰り温泉 こまつの湯」。2004年にオープンした「日帰り温泉 こまつの湯」は施設内も綺麗で、軽食コーナーやマッサージルームも用意されています。

入口には温泉たまご専用の釜が用意されており、入浴中に温泉たまごを作ることができます。温泉ならではのちょっとした楽しみを目当てに訪れてみてはいかがでしょうか。

日帰り温泉 こまつの湯の施設情報

温泉名 日帰り温泉 こまつの湯
泉質 ナトリウム塩化物泉
泉温 60~66.0℃
適応症 美肌の湯,冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進、 軽症高血圧、胃腸機能の低下、関節リウマチ、腰痛症、神経痛、筋肉痛
料金 大人400円 子供250円
アメニティ シャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤー
住所 山形県東根市温泉町2丁目11-1
電話番号 0237-42-1551
営業時間 6時00分〜22時00分(最終受付21:30)
定休日 無休
駐車場 あり(110台)
URL http://komatsunoyu.com/

東根温泉のおすすめ日帰り温泉4.温泉地ならではの臭いを強く感じたいなら「松乃湯旅館」

A post shared by uteen (@uteen114) on

「松乃湯旅館」は加水加温をしていない源泉100%のため、温泉地ならではの臭いを強く感じられます。浴室に入りまず目に入るカラフルな男女の浴室を仕切るガラスの壁はついつい写真を撮りたくなってしまうはず。

お湯の温度調節は備え付けの蛇口から自分で調節することができるので、熱いお湯が苦手な人も安心です。湯船に浮かぶグレーの細長い湯花が、温泉成分の濃さを表しています!

松乃湯旅館の施設情報

温泉名 松乃湯旅館
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
泉温
適応症 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛、神経痛、五十肩、打撲、捻挫、冷え性、抹消循環障害、胃もたれ、うつ、軽症高血圧、糖尿病、痔、自律神経不安定症、睡眠障害、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、皮膚乾燥症ほか
料金 300円
アメニティ シャンプー・リンス・石鹸・ボディーソープ
住所 山形県東根市温泉町1丁目9−2
電話番号 0237-42-0013
営業時間 10時00分~20時00分
定休日
駐車場 あり
URL

東根温泉のおすすめ日帰り温泉5.湯治の旅館として愛される「旅館 松浦屋」

A post shared by antyy1217 (@antyy1217) on

「旅館 松浦屋」は地元の方々から湯治の旅館として愛されている旅館です。「旅館 松浦屋」の癒しの原点でもある温泉の柔らかいお湯と心和むあたたかい色合いを基調とした館内から、あたたかくゆったりと過ごすことのできる出来る家庭的な旅館です。

一人一人のお客さまを、家庭の延長という気持ちで料理なども考えて吟味し調理しているという「旅館 松浦屋」の季節のお料理。館内の食堂でぜひご賞味ください。

旅館 松浦屋の施設情報

温泉名 旅館 松浦屋
泉質 ナトリウム塩化物泉
泉温 55~70.0℃
適応症 きりきず、やけど、慢性皮膚症、虚弱児童、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復期、疲労回復期、疲労回復、健康増進
料金 1800円
アメニティ
住所 山形県東根市温泉1丁目9-13
電話番号 0237-42-0499
営業時間 10時00分~16時00分
定休日 無休
駐車場 あり(8台)
URL http://matsuura-ya.jp/

東根温泉のおすすめ日帰り温泉6.民家のような外観「いしの湯」

A post shared by Hiroaki Iino (@enooooo) on

ここでいいのか?と一度疑ってしまう民家のような外観が特徴の「いしの湯」。東根温泉でダントツで渋いと噂の共同浴場です。手前が母屋となっており、奥の方にある扉に「いしの湯」と書かれているので、迷ったら扉を確認してみてください。

シャワーなしで1~2人が入れる大きさの内風呂のみですが、昔懐かしい雰囲気は好みがわかれそうですが、好きな人にはたまらない温泉です。(洗髪は禁止となっておりますのでご注意ください)

いしの湯の施設情報

温泉名 いしの湯
泉質 ナトリウム塩化物温泉
泉温 65.7℃
適応症 きりきず、やけど、慢性皮膚症、虚弱児童、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復期、疲労回復期、疲労回復、健康増進
料金 大人250円 小人150円
アメニティ
住所 山形県東根市温泉町1丁目22-5
電話番号 0237-43-2201
営業時間 8時00分〜20時00分
定休日 1日、16日
駐車場 あり
URL

東根温泉のおすすめ日帰り温泉7.さくらんぼの書かれた看板が目印「オオタ湯」

A post shared by どーざ (@ra_izsk_o_n) on

木目の外観と、さくらんぼの書かれた看板が印象的の東根駅から一番近い共同浴場「オオタ湯」。朝の6時から夜10時まで営業しているのが日帰り温泉を探している方にとっては嬉しいですよね!

「オオタ湯」は銭湯のような雰囲気で休憩所も併設されているので、湯船に浸かっている時もあがった後も、地元の方と交流がしたい方にはとてもおすすめの温泉です。(2008年に温泉街の中心地から移転してきたので、再度訪問しようとしている方はご注意ください。)

オオタ湯の施設情報

温泉名 オオタ湯
泉質 含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
泉温 43.0℃
適応症 皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、捻挫・挫き、消化器病、痔、冷え性、切り傷、火傷、婦人病
料金 大人350円 小人150円
アメニティ リンスインシャンプー・ボディシャンプー・ドライヤー
住所 山形県東根市東根甲4461
電話番号 0237-43-6788
営業時間 6時00分〜22時00分
定休日 第1月曜日
駐車場 あり(無料)
URL

東根温泉のおすすめ日帰り温泉8.少し熱めのお湯が特徴「巽の湯」

A post shared by 山形CLIP (@yamagataclip) on

「巽の湯」は看板が大きく交差点の角にあるため、初めてでも見つけやすい場所にあります。広い浴槽から、お湯が溢れ出ているのが印象的です。炭酸水素のお湯でヌルヌルとした少し熱めの湯加減は、ゆっくり浸かるよりも、パッと入りたい方におすすめです。入浴した時間が短くても、気付くと大量の汗が流れています。シャンプーリンスや石鹸がないため、銭湯グッズを忘れずに持っていきましょう!

巽の湯の施設情報

温泉名 巽の湯
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉
泉温 44.0℃
適応症 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫、筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、糖尿病、軽い高コレステロール血症、痔の痛み、自律神経不安定症、睡眠障害、うつ、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、皮膚乾燥症ほか
料金 大人300円 小人150円
アメニティ
住所 山形県東根市温泉町3丁目2-13
電話番号 0237-42-0809
営業時間 8時00分〜19時30分
定休日 毎週月曜日
駐車場 あり(無料)
URL

東根温泉の関連記事はこちら