徳島観光の人気おすすめスポットランキングTOP10!お土産や名物についても【最新版】

徳島

徳島県は四国の東部に位置し、東は紀伊水道、西は1000メートル級の四国山地。県全体の8割を山間部が占めています。

徳島県のシンボルといえば、「剣山」。日本百名山にも選ばれており、四国2位の標高を誇ります。剣山の北部には徳島県を代表する別名「四国三郎」と呼ばれている吉野川が流れ、その上流には景勝地「大歩危・小歩危」があります。

そんな自然に満ち溢れた徳島県の観光スポットを、まるっとご紹介します。

徳島県の歴史

徳島県は昔は阿波国と呼ばれ、土壌は肥沃で粟の生産地でした。

戦国時代には、京都まで勢力を誇った三好氏が治め、豊臣秀吉が徳島県を含む四国を平定。その後、蜂須賀氏が今の徳島県を明治維新まで治めています。

徳島県の名物とお土産

「すだち」は徳島県の名物であり、すだちの花は県花です。主に徳島市、神山町、佐那河内村、阿南市で生産されています。さまざまな料理の調味料として重宝な「すだち」は、独特の酸味と爽やかな風味で素材の味を引き立てます。

鳴門で生まれたさつまいも「鳴門金時」も県の特産品です。黄金色で美しく、栗のようなホクホクとした食感と糖度の高さが特徴、お菓子料理の材料にも多く用いられます。鳴門金時を原料とした芋焼酎も、やさしい甘みで、お土産としても人気です。

徳島県のおすすめお土産はこちら

徳島観光の人気おすすめスポットランキングTOP10

海と山に覆われ、自然が豊かな徳島県。旅情をそそる観光スポットをご紹介します。

TOP1:吉野川の激流が作った景観美「大歩危・小歩危」

「大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)」は長い年月をかけ、吉野川の激流に削られた8キロメートルにおよぶ渓谷。大歩危・小歩危は断崖を表す古語である「ほき(ほけ)」からきており、「大股で歩いては危ない」、「小股で歩いても危ない」から大歩危・小歩危と名付けられたといわれています。

春は桜、秋は紅葉が楽しめ、川下りスポットとしても知られています。スリル満点のラフティングを楽しめ人気の観光地です。

大歩危・小歩危の施設情報

施設名 大歩危・小歩危
住所 徳島県三好市山城町重実〜上名
電話番号 0120-404-344(三好市観光案内所)
URL https://www.awanavi.jp/feature/oboke.html

TOP2:原始林が広がる修行の山「剣山」

徳島県のシンボルである「剣山」は標高1955メートル。四国では「石鎚山」に次いで第2位の標高を誇っています。登山口までは登山リフトがあり、比較的気軽に登山を楽しめます。古くから続く信仰の山で、登山道の途中には修行の場が設けられています。原始林が広がり高山植物も咲き、美しい景観を楽しめる人気の山です。

剣山の施設情報

施設名 剣山
住所 徳島県三好市東祖谷菅生見ノ越
電話番号 0883-62-3111(つるぎ町役場)
URL http://www.town.tokushima-tsurugi.lg.jp/docs/3456.html#08

TOP3:平家の落ち武者が逃れた「かずら橋」

「かずら橋」は周辺に自生する「シロクチカズラ」で編んだ原始的な橋です。徳島県三好市西祖谷山村善徳に架けられている橋と、同市東祖谷菅生に架けられている橋があります。西祖谷山村善徳に架けられている「かずらや橋」は長さ45メートル、幅2メートル、高さ14メートルで、渡るとゆらゆら揺れてスリル満点です。

源平合戦のひとつ、屋島の戦いで破れた平家が落ちのび、追っ手が来たとき切り落とせるように作ったとされています。

かずら橋

施設名 かずら橋
住所 徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2
電話番号 0120-404-344(三好市観光案内所)
URL http://miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&uid=SS000048

TOP4:“眉”に見立てた美しいシルエット「眉山」

徳島市のシンボルである「眉山」は、どの方向から見ても眉の形をしています。万葉集でも詠まれた名所で、春は桜、夏は入道雲が良く映え、秋は広葉樹林が色づき、冬は時折り雪化粧する山です。山頂からは四国山地をはじめ、紀伊半島の山々を望む、夜景のスポットとしても人気です。

眉山ロープウェイの施設情報

施設名 眉山ロープウェイ
住所 徳島県徳島市新町橋2-20
電話番号 088-652-3617
URL https://www.city.tokushima.tokushima.jp/kankou/keikan/bizan.html

TOP5:スリル満点の断崖「祖谷渓の小便小僧」

深く切り込んだV字谷の「祖谷渓」(いやだに)を見下ろす「小便小僧」。谷底を流れる祖谷川までは遥か200メートルの断崖絶壁で、子どもたちがここに立って度胸試しをたことにちなんで作られたそう。スリル満点! 足がすくみます。

祖谷渓の小便小僧像の施設情報

施設名 祖谷渓の小便小僧像
住所 徳島県三好市池田町松尾〜三好市西祖谷山村
電話番号 0883-72-7620(三好市観光課)
URL http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&area=2&uid=SS000044

TOP6:轟音とともに生まれる壮大な「鳴門の渦潮」

「鳴門の渦潮」は徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市の間、鳴門海峡で発生する渦潮です。一番大きな潮流の時速は20キロメートル、大きさは約20メートルにもなる世界最大級の渦潮です。渦潮は干潮時と満潮時に、轟音とともに発生する、人知を超えた壮大な自然現象です。

うずしお観潮船の施設情報

施設名 うずしお観潮船
住所 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦大毛264−1
電話番号 088-687-0101
URL https://www.uzusio.com/know/

TOP7:ウミガメの産卵地「大浜海岸」

海部郡美浜町・日和佐浦の「大浜海岸」は、「日本の渚百選」や「四国のみずべ八十八カ所」に選ばれた美しい砂浜です。ウミガメが産卵する砂浜としても有名で、毎年5月中旬から8月中旬にかけてウミガメが訪れ、産卵する様子は感動の光景です。国の天然記念物にも指定されています。

大浜海岸の施設情報

施設名 大浜海岸
住所 徳島県海部郡美波町日和佐浦
電話番号 0884-77-3617(美波町役場産業振興課)
URL http://www.town.minami.tokushima.jp/kanko/spots/01oohama.html

TOP8:世界の名画を陶板で再現「大塚国際美術館」

「大塚国際美術館」は世界に類を見ない陶板名画美術館です。展示スペースの広さは30000平方メートルあり、鑑賞ルートは約4キロメートルになります。世界の名だたる名画1000点以上がオリジナルサイズで陶器の板に再現され展示されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、モネ、ピカソといった画家の作品の複製もあり、日本にいながら世界の名画を見たような気分を味わえる人気のアートスポットです。

大塚国際美術館の施設情報

施設名 大塚国際美術館
住所 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65−1
電話番号 088-687-3737
URL http://o-museum.or.jp

TOP9:富を象徴する土の壁「うだつの町並み」

「うだつ」とは、隣家との境界に設けられた土で造った防火壁で、江戸時代は富の象徴でもありました。美馬市脇町南町は、県の特産である「藍」の生産地で、吉野川を活用して藍を流通して財を成したと伝えられ、うだつを備えた家屋が多く残っています。

その姿を今に伝えているのが「うだつの町並み」で、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

うだつの町並みの施設情報

施設名 うだつの町並み
住所 徳島県美馬市脇町南町
電話番号 0883-53-8599(美馬市観光文化資料館)
URL http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/miru/0002.html

TOP10:まるで異世界の光景「阿波の土柱」

「阿波の土柱」は阿波市にある土の柱が林立する景勝地です。国の天然記念物に指定され、「とくしま88景」にも選定されています。土の柱は、砂礫層が浸食によってできたものですが、吉野川のように何本も林立している光景は世界的にも珍しく、大きいものは高さ10メートルもあります。大小さまざまな土の柱がある姿は、異次元の世界に来たかのような錯覚を起こします。

阿波の土柱の施設情報

施設名 阿波の土柱
住所 徳島県阿波市阿波町北山540

海に山の自然に溢れた徳島の観光スポットに訪れてみよう

徳島県 大鳴門橋 鳴門

徳島県は自然が人々の生活に密着している地で、多くの人気観光スポットがあります。夏の風物詩「阿波おどり」や、名物の「すだち」など魅力は尽きません。最近では徳島ラーメンを前面に押し出して観光客を惹きつけています。新たな魅力を発信し続ける徳島県に行って見てはどうででしょう?

徳島県のおすすめ温泉情報をもっと見る