鳴門のおすすめ温泉旅館ランキングTOP5!鳴門周辺の日帰り温泉情報も【2018年版】

鳴門

徳島県鳴門市は、大自然を感じながら良質な温泉や新鮮な海産物が味わえる魅力的な観光地。ここではそんな鳴門市の温泉旅館や温泉施設をご紹介します。

徳島県・鳴門市の魅力

徳島県 大鳴門橋 鳴門

徳島県東部にある鳴門市は、徳島空港から車で約30分、大阪市内から車で約2時間と便利なため関西圏で人気。鳴門海峡の渦潮・大鳴門橋・大塚美術館など人気の観光スポットも多く、すだち・わかめ・なると金時・竹ちくわなど、美食も盛りだくさんです。

鳴門の温泉地について

鳴門温泉には温泉街はなく、鳴門海峡に面したエリアに温泉旅館が点在しています。泉質は「ナトリウム炭酸水素塩泉・ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉」で、肩こり・神経痛・疲労回復・冷え性などに効能があります。

海の眺望が魅力の大浴場や露天風呂を備えた施設が多く、供される料理も近海で獲れる海産物が中心。特に鳴門海峡の鯛は美味しいといわれています。

鳴門周辺のおすすめ観光スポット

一番人気:世界三大潮流のひとつ「鳴門海峡の渦潮」

徳島県 大鳴門橋 鳴門 海 朝焼け 夕焼け

一番人気は何といっても渦潮! 徳島県と淡路島の間にある鳴門海峡は、世界三大潮流といわれ、世界最大級の渦潮が発生するポイントです。うずしお観潮船や大鳴門橋の遊歩道「渦の道」で迫力満点の渦潮が観察できます。渦潮の発生は潮の満ち引きに関係するので、事前に潮見表をチェックしたり、地元観光協会に確認するのが鉄則です。

名画の殿堂:世界中の名画が1,000点以上「大塚国際美術館で美術鑑賞」

大塚製薬が運営する日本最大級の美術館。古代ローマや中世ヨーロッパの作品を中心に1,000点以上を展示。ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の「天井画」・モネの「大睡蓮」の他、フェルメールやピカソなど、世界中の傑作をラインナップ。鳴門市は、大塚製薬の発祥の地でもあります。

「大塚国際美術館」の施設情報

施設名 大塚国際美術館
住所 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
電話番号 088-687-3737
URL http://o-museum.or.jp/

鳴門のおすすめ温泉旅館&宿ランキングTOP5

第1位:まるで地中海のリゾートホテル「ルネサンスリゾートナルト」

「ルネッサンスリゾートナルト」は、オーシャンビューの洋室を中心に200室の客室を備え、プール・テニスコート・チャペルもある総合リゾートホテル。泉質は「ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉」で肩こり・疲労回復に効果があります。露天風呂・大浴場で、鳴門海峡の景色とともに温泉を楽しめます。

内観は地中海のリゾートのようなおしゃれな空間で、ちょっと贅沢な旅行をしたい方に最適です。

「ルネッサンスリゾートナルト」の施設情報

施設名 ルネッサンスリゾートナルト
住所 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛16-45
電話番号 088‐687‐2580
URL http://renaissance-naruto.com/

第2位:2人の記念日にぴったり「鳴門パークヒルズ ホテルリッジ」

「鳴門パークヒルズ ホテルリッジ」は全10室と小規模で、滞在時間を静かに過ごしたい方におすすめ。リゾート地の別荘のような落ち着いたデザインの外見や客室は、気分をのんびりさせてくれます。泉質は、地下1,500mから掘削した自家源泉の「単純泉」で、疲労回復の効能があり、源泉かけ流しを大浴場で楽しめます。

鳴門海峡に近い高台にあり、お部屋からも鳴門海峡が望めます。カップルやご夫婦など、2人の記念日に利用したいホテルです。

「鳴門パークヒルズ ホテルリッジ」の施設情報

施設名 鳴門パークヒルズ ホテルリッジ
住所 徳島県鳴門市瀬戸町大島田字中山1-1
電話番号 088-688-1212
URL http://hotel-ridge.co.jp/ridge/

第3位:鳴門観光の拠点に「鳴門潮崎温泉 ベイリゾートホテル鳴門海月」

「鳴門潮崎温泉 ベイリゾートホテル鳴門海月」は、鳴門公園の近くにあり、目の前に大鳴門橋が迫る絶景のリゾート。泉質は「ナトリウム炭酸水素塩泉」で、効能は神経痛・筋肉痛など。大浴場には天然記念物の北投石とバドガスタイン鉱石を埋め込み、温泉の効果を高めています。大塚美術館など、観光の拠点に最適です。

「ベイリゾートホテル鳴門海月」の施設情報

施設名 鳴門潮崎温泉 ベイリゾートホテル鳴門海月
住所 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65-8
電話番号 050-3160-7333
URL https://narutokaigetsu.jp/

第4位:創業1868年、老舗の料理旅館「水の」

創業1868年の「水の」は、皇室方や元首相・吉田茂、与謝野鉄幹・晶子夫妻など、著名人に愛された老舗旅館。泉質は「ラジウム泉」で、効能は血行促進・肩こり・打ち身など。大浴場から望む、鳴門海峡や淡路島の景観も宿の自慢。

お食事は、名物の鯛料理を中心に、ボリューム満点。温泉と料理でもてなす昔ながらの料理旅館。一泊すればその歴史を感じます。

「水の」の施設情報

施設名 水の
住所 徳島県鳴門市岡崎海岸101
電話番号 088-685-4131
URL http://ryokan-mizuno.co.jp/

番外編:天然温泉を源泉かけ流しで「ホテルサンルート徳島」

徳島市にある「ホテルサンルート徳島」。全国にあるホテルグループで、天然温泉の大浴場など高いレベルのホスピタリティで人気。

徳島駅から徒歩1分と利便で、ビジネスや観光の拠点に最適です。泉質は「高張性中性冷鉱泉」。神経痛・筋肉痛・関節痛などに効果があり、源泉かけ流しを堪能できます。

「ホテルサンルート徳島」の施設情報

施設名 ホテルサンルート徳島
住所 徳島県徳島市元町1-5-1
電話番号 088-653-8111
URL http://www.sunroute-tokushima.com/

鳴門周辺で日帰り温泉が楽しめる人気の施設3選

その1:市内中心部にあり立ち寄りに便利「徳島天然温泉あらたえの湯」

徳島県を代表する景勝地・吉野川の近くにある温泉施設。施設名「あらたえ」とは、麻織物の古称。その昔、阿波忌部氏の祖神・天日鷲命(あめのひわしのみこと)の孫たちが、この地に渡り、穀(かじ)・麻の苗を植えた伝説に由来します。

温泉は、地下800mから湧き出た天然温泉の源泉かけ流し。泉質は「 ナトリウム-塩化物・炭酸水素温泉(高張性、中性、低温泉)」、pH7.4。効能はきりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進などさまざまな症状に効果があると評判です。

また、県内でも珍しいロウリュサービスのサウナや岩盤浴を設置。徳島市内の中心部にあり、休憩するのにもってこいの施設です。入浴料は大人(16歳以上)600円、中人(10〜15歳)500円、小人(3〜9歳)350円、岩盤浴は別途かかります。利用時間は8時〜翌2時、定休日は第2水曜日です。

「徳島天然温泉あらたえの湯」の施設情報

施設名 徳島天然温泉あらたえの湯
住所 徳島県徳島市南田宮1-2-8
電話番号 088‐633‐0261
URL http://aratae.jp/

その2:観光の後にホッとひと息「天然温泉えびすの湯」

徳島市南西部、日峯大神子広域公園の近くにある「天然温泉えびすの湯」。施設の近くにはサイクリングロードが整備されており、ジョギングやサイクリングなど汗を流した後に、気軽に立ち寄れる温泉施設として地元の方に人気。

泉質は「ナトリウム・マグネシウム塩化物温泉」(高張生・中性・低温泉)。神経痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、病後回復期、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、月経障害などに効果があります。お風呂は洞窟風呂・五右衛門風呂の他、サウナ・岩盤浴を完備し、長時間のんびり過ごせます。

入浴料は大人700円、小人350円、岩盤浴は別途かかります。利用時間は8時〜24時、定休日は第2木曜日です。

「天然温泉えびすの湯」の施設情報

施設名 天然温泉えびすの湯
住所 徳島市論田町新開66-96
電話番号 088‐662‐1126
URL http://www.ebisunoyu.com/

その3:自慢の天然温泉で1日ぼんやり「天然の湯 あいあい温泉」

徳島市北部にある温泉施設「天然の湯 あいあい温泉」。泉質は、全国的でも珍しい「高張性中性冷鉱泉(ナトリウム・マグネシウム塩化物泉)」で、徳島随一の天然温泉と評判。効能は神経痛・筋肉痛・関節痛など。広い内湯や露天風呂の他、レストランやボディケアもあり、一日ゆったり過ごせる施設です。

入浴料は大人550円、小人350円、営業時間は8時〜深夜0時。10時までに入館すれば大人・小人とも100円割引、日曜日は7時から営業開始。定休日は第3水曜日(祝日の場合は翌日)です。

「天然の湯 あいあい温泉」のい施設情報

施設名 天然の湯 あいあい温泉
住所 徳島市川内町平石若宮185-1
電話番号 088-665-7788
URL http://www.aiaionsen.co.jp/

鳴門で海の幸と温泉を目一杯に楽しもう

【©Shutterstock.com/tomcat1601】

鳴門は、温泉・観光・美食と三拍子揃った観光名所。ご家族・カップルなどニーズに応じてさまざまなプランが考えられ、お遍路旅のの拠点としても長く親しまれてきました。ぜひ楽しい旅のプランを考えてみてください。

徳島県と四国の温泉・観光情報はこちら